実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

銀行における金融システムの真実を知らない限りこの制度については全く理解できない。

企業育成資金について話をしています。

企業育成資金の資金源について色々な噂はありますが

本当に冗談みたいな話です。

ネットを検索するとフリーメーソンイルミナティそしてテンプル騎士団その他いろいろわけの分からない資金について話を書いていたりしますがあまりにバカバカしくて見てられません。

 

真剣にそれを信じて話してる人を見るとあまりに可哀想で仕方ありません。

 

これは PPP と言われる Private placement program における資金であります。

 

国際貿易における港での取引に際して行われる短期貸付の金利によって得ることができる収益がベースとなって銀行に出資している人が PPPにおける資金者となり資金者は銀行から提示される私募債を購入をしてそこから配当を得るというのがPPP による貿易取引です。

 

これはバンクに対して資金を1年以内で貸し付けるという行為によってバンクから配当を得ることが貿易における港での取引の短期貸付を多数行うことで高利回りで収益が得られるというビジネスモデルになっています。

 

ですから国際貿易の取引の発展が PPP における取引額としての収益に関係しますのでこのことは一般的に公募するのではなく私募として募集しています。

よって簡単に言えば試験に合格した仲間内にしかこの案件には参加できないというのがこのルールになります。

 

これは完全に銀行が行なっている貿易決済における出資利益という風になります。

 

よってこの話が都市伝説のようなフリーメイソンイルミナティそしてテンプル騎士団など意味不明な組織とは一切関係ありません。

 

これは普通に貿易取引における銀行が行なっているサービスになります。

ただ世界の大手銀行のみが参加できる案件になっていますので日本では正直馴染みのない制度です。

 

日本では銀行株を購入することはできますが銀行の資金の貸付に直接出資をすることができません。

これは非公開で私募として募集しているPPP の申請をしその条件に適応できた投資者のみがこの案件で資金調達が可能ということになります。

 

すなわち日本の企業育成資金というものはこのような仕組みを使って資金調達をしたものをそれを東証一部の資本金100億円以上 銀行の代表取締役に対して資金提供を行っています。

 

これは完全に銀行における金融システムでそのシステムを使って利益を得る形で財源を作っています。

 

そのことを理解すれば真実はどこにあるかなどはよほど頭が悪くてもすぐに理解できるでしょう。

 

企業育成機構 MSA 総合研究所より