実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

選ばれし者と選ばれなき者

選ばれし者と選ばれなき者

これは、都市伝説にある都心伝説のはなしでありますが、企業育成資金が都市伝説として話題ですが、そこに関係する都市伝説も存在する。

これは、この案件に関われる人と、関われない人というのがあります。大きな資金ですから、この資金の大きさに怖がる人も少なくないのですが、

もっと言うならば、これは、天皇家によって選ばれた人物のみが受けることができる制度になります。すなわち、選ばれしものと選ばれなきものが存在するといえます。

三種の神器」というものがありますが、これは、一般の方(一般の御霊)の持ち主が触れると、命がなくなるという噂があります。

この案件に関わる人の中でも、似たような噂があります。選ばれなき者がこの資金に関わろうとすると、病死する人がいると言われます。つまり、癌で亡くなる人がいると言われています。これは、都市伝説か、割合、高齢者がこの案件に関係するので、そのようなことが偶然なるのかわかりませんが、この案件というのは、人を選ぶという噂があります。

大きな資金というのは、人のいろんな念を受けますので、人生を一発で大きく変える制度というと、やはり、見えない力の存在が、そんな簡単に結果を出させないということで教育のために足を引っ張るのかも知れません。

やはり、最後は、99%の努力と1%の神頼みが重要かもしれません。神に選ばれしものになるためには、祈りが必要かと・・・

みなさん、どう思われますか?信じるも信じないもあなた次第です。

ただ、國體護持を依頼できる人物は、長寿になる傾向があります。すなわち、選ばれし者です。「生かすも殺すも神次第」ということでしょうか?その答えを探ってみてください。