【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

企業育成資金を申請するに当たり、読者の皆様は全員、この案件が実行できる情報を持っていることになります。

企業育成資金を申請するに当たり、読者の皆様は全員、この案件が実行できる情報を持っていることになります。

最近は、企業育成資金の案件を決めるためにどうするか?ということを書いています。

1,現在は、事前提出書類はなし。
2,資金者代行を経由して資金者と直接面談することで、契約の準備をする。
3,資金者と面談しない限り、資金の段取りをしない。
4,資金者と打ち合わせ後、資金者と本契約を結ぶ際に、必要書類の提出をするので、事前に絶対に書類提出はしない。間違っても、仲介者に先に書類を出さない。

このことが重要です。
過去は、四点セット(名刺、会社案内、通帳コピー、パスポートコピー)の事前提出が必要でしたが、現在は全く必要がありません。

一部のメディアでは、確約書がブローカー経由で出回ったものか何か知りませんが、それを見て、「確約書がある」ということを非難していますが、それ、なんの価値あるのか?と言いたくなるのですが、そういう事もあったので、「完全に仲介者に先に書類など提出なし」

今は、資金者代行が直接会って確認をして、本人確認ができれば、その後、資金者に電話連絡をして、資金者面談を行います。よって、書類が重要でなく、まずは、申請者と資金者が会うことです。資金者が合えば、資金の手配と、本契約の準備をしますので、すぐに準備をして、資金提供を行うことになっています。

非常にシンプルです。よって、仲介者の皆さんは、事前書類など必要ないと説明してください。

普通に、資金者と会うだけです。ですから、絶対に極秘で対応できることが重要です。仲介者が多く介在している案件は、拒否されますので、絶対に余計なことを言ってはいけません。

仲介者のすべての目的は、資金者代行に連絡を入れて、資金者との面談を設定することだけです。これ以外、資金を出す方法が有りません。

本ブログでは、相当長い間、企業育成資金について説明してきましたが、究極を言えば、申請条件を満たした経営者がでてくれば、当会に連絡をいただければ資金者代行ということになりますので、資金者との面談を設定することが目的です。それで、資金投入が可能になります。非常に簡単です。

特に最近は、事前書類一切ない、必要なのはメモ帳にでもいいですから、口座情報と連絡先の携帯電話番号だけ教えていただければ、究極資金の手配はできます。それと、資金者との面談です。

面談は東京都都心部で面談を行います。

面談場所はセキュリティー上の問題がありますので、、事前に告知はしませんが、確実に安全が保証された状況で面談、本契約が行われます。

つまり、安全が保証される立場であるということで理解できるとおもいますが、守られた環境で面談を行うことになります。

それが理解できれば、この案件は、本当は国家による安全が保証された案件になりますので、それに対して邪魔する行動に出る人は、当局からの取り締り対象になります。

それで、意味がわかると思いますが、そんな安全な環境下で契約を結ぶということになります。

この案件は、国家を救済する案件になります。また、いろいろこの制度について筆者は説明してきましたが、難しいことが理解できなくても、国際金融のことが理解できなくても、知っておくことは、1つ、本ブログ読者は、100%対象者と話ができれば、資金者との面談が設定できることを知ってください。

つまり、対象企業の代表権者が希望をすれば、当方に事前連絡をいただければ、事前調査と確認をして、指定場所に面談に来ていただければ、それで、本人の意思確認ができれば、資金者面談を手配します。

それで、申請者御本人が、資金者と面談をすれば、資金投入の準備と本契約が行われ、その環境は守られた環境下で行われるということになります。

資金者と会う方法は難しいということを言う人がいますが、今は、ダイレクトマーケティングの時代、インターネット場の情報で、簡単にそこにアクセスできるわけです。

このブログの読者は皆様は、資金本部へのアクセス方法を全員知っていることになります。

それがすべての答えになります。筆者としては、結果が全てと考えています。世間では、いろいろ言われる案件ですが、確かに関係ない人には、この件は、都市伝説でありますが、関係がある対象者には、都市伝説として終わらせるのは意味がないことになります。

すなわち、我々がこの制度を成約件数を増やすことが使命ですから、日々この件で努力しているのです。

周囲の存在しないという人たちの声自体が、完全に100%でたらめな話です。

存在は、100%する案件であり、当ブログが指南役です。ただ、関係ない人には、関係ない制度ですから、存在しないと声を上げている人たちは、もともと対象外ですから、相手にする意味が有りません。申請できる立場の人のためにある情報です。

それは、完全に保証できる話であります。安心して本案件について検討してみてください。これが、国家救済に繋がいます。

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。