実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

国家秩序を守る。そして、直感を信じ行動できる人物が国家を守ることができる国士として活躍する時代が到来する。

国家秩序を守る。そして、直感を信じ行動できる人物が国家を守ることができる国士として活躍する時代が到来する。

この案件は、一発で人生を変えることができる案件といえます。すなわち、日本の平和維持活動用の財源から、条件を満たした個人に対して、数兆円レベルの資金が提供されます。確かに、大企業経営者である職位の方ではありますが、今の会社経営者の多くは、サラリーマン経営者になりますので、一生企業の面倒を見る義務もありませんので、この資金を個人的に受け取るということは、完全に個人の使用目的のためにすべて使えるということになります。

ただ、頂いた資金の80%は、社会貢献に使ってほしいという希望があります。つまり、1兆円の資金が資金者よりいただければ、8000億円は、社会のために使って、経済発展のために貢献していただきたいという希望があります。

20%に関しては、完全個人的な目的で不動産、車、飛行機でもなんでも好きなものを購入していただいても結構ですというのが、本案件の特徴です。この比率については、あくまでも希望でありますので、資金がでたあとに、監査されることも、報告義務もありません。

地域貢献ができることが重要であると言えます。
また、この資金を資金者から受け取った個人は、国家に貢献できる人物としての精神が必要になります。愛国心と國體護持です。実は、それがブレない精神としてなければ、国家の建設は不可能といえます。今の時代は、個人主義になり、他人関係ないという精神が根付いてしまいました。その結果、他人関係ないばかり考える個人が集団化していますので、正直、国家としてのまとまりがなくなり、個人主義の追求が、国家としての秩序崩壊に繋がりかねないという状況まで陥っている危機感があります。

国家というのは、国家の指針が必要であり、国家には、象徴的な心の支えが必要になります。常に誰かが見守っていてくれるという安心感、つまり、日本は神国だという話、旧来から言われる國體護持の精神というのは、日本人がいざというときに一枚岩するための精神教育といえます。
戦後、日本人がまとまることが非常に危険だとする考え方があり、一眼となって努力するということを、教えることをしなかったといえます。これは國體護持という精神がある意味、テロ国家としての危険性があるということで、戦前からあるような古い精神を崩壊させ。完全に骨抜き精神を根付かせたと言えます。

つまり、国家のために戦うという精神です。戦うといっても戦争では有りません。国家を発展させる、国家を守る。国民を守る。ということが、国家として重要な精神であり、これが、國體護持の精神に繋がります。

この資金について説明されると、多くの対象企業経営者が、国家のために、貢献するということを言う考えが沸かず、私には荷が重すぎる。という話になり、逃げ出す始末です。

国家を背負う人物として、国を代表するということを、実現しょうと思う経営者が現在は非常に減ってしまった、無くなったと言っても過言では有りません。つまり、この意味するところは、國體護持の精神の崩壊ということは、国家のまとまり、国家としての存続危機の問題が出てきています。

国家とは、一丸になって、国家を守る精神が重要です。

ある意味、今問題になっているオリンピック汚職問題は、最大の国家秩序の破壊に繋がっていると言えます。これは、国家をまとめるために重要なイベントであります。オリンピックというのは、スポーツの祭典ということ言われますが、ただのスポーツの祭典ではありません。外国と競って勝つということが国民に見せる重要な精神教育になるのです。目の前で外国人と日本人がスポーツというルールの中で、戦う姿というのが、日本人であるという意識を高めさせ、競争心を掻き立て、国家の発展に貢献できます。

つまり、そのような場所で、国のリーダー的人物たちが複数人での汚職問題が起きているというのは、正直、社会秩序崩壊をリーダーから率先して行っていることになります。これは、徹底的に世直しが必要な時代になっています。
日米安保は、社会秩序の維持⇒平和維持活動ということになりますので、そのような問題も関係していると言えます。つまり、今日本の社会秩序が欠如してきているということは、それを世直しする必要があるとも言えます。それに気付いて、精神論、日本人の魂を入れる教育ということが重要になります。國體護持です。

これは、ファシズムではありません。國體護持という愛国心と、国民一丸となって、国家の建設をするという精神が重要になります。

つまり、それを支援する財源とは、日本の平和維持活動を支援する資金です。⇒企業育成資金 ということになります。

この精神を根付かせる教育をすることが非常に重要になります。日本人は、非常に恵まれています。精神教育をされても、金がなければ何もできませんが、日本には天皇家が任命した「資金者」から平和維持活動をするための財源を提供されます。つまり。財源も十分あります。

国家建設をこなう国士となる個人が國體護持の精神により一丸となって日本の再構築をするという精神状態になったときに、日本は一気に変わることができます。

それを案内するのが、魂の世界にある八咫烏の世界ということになります。霊体によって案内されることで、人は自動的に導かれます。

計算するより、予感を重視していくることが、神(見えない力)のサポートを受けることが可能です。神から愛される人はどんな人でしょうか?これは、予感(神の声)を重視してすぐに行動できる人です。
つまり人間ごとで考えていて行動しない人は、神に愛されないということになります。予感があり、そして、その予感(直感)を信じて行動できる人には、次の直感を神が与えます。つまり、運命を自動的に良くする仕組みというのは、神から与えれた情報を悩まず、行動できる人ということになります。これを正確に行える人物が、選ばれし人物として国家を背負う事ができる人物へとなっていくことになります。

 

次回セミナーは、9月23日(金曜日)午後2時から (東京)