実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

この都市伝説はもう終了した。

企業育成資金の話をすれば戦後復興財源として巨額な資金を預かっている資金者という人物が企業経営者に資金を提供するという噂が広まっています。

 

確かに戦後の復興時期から最近までこのような制度は継続されていたということですが、現在における資金者における資金提供という制度は完全に終了しています。

 

すなわち現在における企業育成資金の案件は送金と PPP の案件ということになります。

すなわち過去は何人かの資金者と言われる資金管理人に資金を預けて企業経営者に資金を配る役目を果たす人はいましたが、現在においてはその様な役目の人はいません。

 

ただ企業育成資金の資金本部は日本に1ヶ所存在しており、そこが FRB のライセンスを持った PPP トレーダーによって運用された資金をベースに企業育成資金という資金提供の案件を行っています。

 

ですから、戦後復興と企業育成資金そうして資金者と言われる人物という伝説は、今は終了していると思ってください。

 

今は、世界的に行われている PPP のプラットフォームを用いた資金提供というふうになります。

ですから非公開で募集はされていますがこれは世界的な金融を用いた資金提供案件になります。

 

かつての資金者と言われる方々の周囲で活動されている方はいますが、現実的な話を言えばその話を追求しても共倒れになるだけだと思います。

 

サンフランシスコ講和条約を締結し日本が国土復帰をして現在で70年の歳月が過ぎました。

 

すなわち、日本は戦後復興期というものが完全に終了したということになり、現在における日本の資金提供の案件はこれは世界的に行われている PPP の案件になったと言えます。

 

日本の資金本部は非常に特徴的なサービスを提供することができます。

 

本部が日本にあるということで受け取り銀行も日本の銀行で資金を受け取れるということで送金の問題がないということ。

 

そしてこれは昔からの名残ですが、この資金を受けた人は自動的に免税免責免訴の処理がなされるということを知ってください。

 

これは非常に素晴らしい仕組みだと思います。

 

我々、企業育成機構はそのような企業育成資金を提供するための支援団体ということで認識してください。

 

すなわちこのブログの読者にはすべての答えが存在しているということになります。

あとはあなたの直感力に任せます。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より