【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

大きな資金が動く仕事は、嘘を見抜くことが、仕事の99%の作業になる。性悪説の世界だということでビジネストークを判断することが重要である。

大きな資金が動く仕事は、嘘を見抜くことが、仕事の99%の作業になる。性悪説の世界だということでビジネストークを判断することが重要である。



企業育成資金の本部でも話題になるのですが、ブローカーが、「◯◯社長が資金を欲しがっている」ということを情報を回しているということを噂で聞くが、その話が本当であるかどうかを精査しなければ・・・

 

という話がよくあります。

 

企業育成資金は、基本的には、仲介者ネットワークによって、申請者を案内するモデルになっていますが、資金本部では、あちら、コチラで話している仲介者から連絡が真実かどうかを調べています。

 

つまり、仲介者が話している情報については調査しているということになります。話のほとんどが、伝言ゲームの変化によって会話が代わっていることが多いのですが、

 

1番目の人「◯◯社長とつながるので、ここは資金がでますか?」

 

2番次の人「元付けの〇〇さんは、〇〇社長と仲が良いです。資金が出るか聞いています?」

 

3番めの人「〇〇社長は、資金がほしいということで、連絡が入っています」

 

4番目の人「資金者さんは、いくら資金を出してくれますか?資金が多いところに〇〇社長が申請すると話しています」

 

5番目の人「他では、◯兆円といっていますが、もっと多く出してくれませんか?〇〇社長は、資金を多く出る人にすぐに会いたいと話しています。」



というように、はじめは普通の問い合わせから、だんだん、期待値が大きい分、話が勝手に成長していくのが、この仲介者のトークの変化です。

 

で、最終的に、〇〇社長がほしいなど言っていない話が、仲介者の一人の可能性についての問い合わせから、いつの間にか、本当にほしい、すぐにほしいというトークになり、

 

実際に、その話を誰が言い出し方わからない状況になり、話だけが多くなって、巷のブローカーが、噂しているが、本当であるのか?その話が、精査しなければ・・・ということになります。



実際には、99%は、真実は、一つの小さい問い合わせが、大きく話が膨らんだだけであり、ひどい場合には、あえて、ブローカーネットワークに嘘の情報を流して、デマが広がる事を楽しみに話しをしている悪質デマ発信ブローカーが存在しているのも、人の世界の醜さということになります。

 

ですから、全く知らない人から来た情報は、性悪説で物事判断して、「人は、本来悪いことをするものだ」という前提で、物事を見て、聞いて判断をして、注意して行動する必要があります。

 

ある意味、日本人の概念の多くは「性善説」ですが、この世界、大きな資金が動く仕事に関わる世界は、「性悪説」が先行します。よって、性善説で物事を考えてくれば、無駄な浪費と時間を使わされます。つまり、おかしいと1つでも思うことがあれば、それは、絶対に、すべてががおかしいということだと判断して良いと言えます。

 

この世界は性悪説が先行する世界です。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。