【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

ガバメントゴールドポンドマネーが世界を動かす?

ガバメントゴールドポンドマネーが世界を動かす?



これからの時代がどうなっていくか?これは、

 

お金の世界がどうなるかをしらなけれは、真実が見えてこないと言えます。

 

つまり、

 

お金の世界は、もともとは、金本位制度、つまり、金をクレジット・ライン(担保)として銀行券を発行していました。これが、もともと通貨の基本になります。

 

現在は、信用創造ですので、銀行券は、現金がクレジット・ラインとなって、通貨を発行しています。

 

政府は、国債を発行して、国債を売却することで、現金を手に入れてます。

 

さて、PPPの世界を理解すると、

 

短期国債の割引債を政府が発行して名義人をブリッジして、国債を世界金融システムのゴールドファンドに売り渡すことで、資金を生み出しています。

 

実は、PPPは、政府国債をブリッジ取引で、世界のゴールドファンドに売却することで

得た資金ということになります。

 

つまり、PPPに関する短期国債(割引債)は、ゴールドファンドの資金と交換されたということになり、逆にPPPで使われた国債は、ゴールドの裏付けのある資金より通貨が発行されたということになります。



ここが重要なポイントです。



政府国債の割引債⇒世界ファンドであるゴールドファンドに購入される、ということは、政府国債は、ゴールドの裏付けをもって資金を得たということになり、ゴールドの裏付けをもったのが、政府国債の価値ということになります。

 

これは、PPPの世界では、そういうことになります。

 

つまり、PPPの世界では、大量に発生する政府国債(割引債)は、ゴールドポンド(国債)としての価値があると言えます。

 

政府国債⇒ゴールドポンド⇒ゴールドの裏付けを持った」新しい通貨システムということに気づくかと思います。

 

つまり、そうなれば今までの銀行システムは、一気に変わり、なくなるといえます。

 

政府が短期国債を発行して、ゴールドファンドに売りつけて資金を作り、ゴールドファンドは、政府の債券は、ゴールドの裏付けもったゴールドポンド(金の裏付け債券)としてゴールドポンドを流通させます。

つまり、これから起こることは、銀行券=BanK Note(借金=クレジット)の世界と、ゴールドポンド(ゴールドに裏付けされたポンド(債券))が市場に流通して、ゴールドポンドが、通貨として流通する時代が到来するということになります。

 

よって、クレジットによる銀行券(Bank Note)を発行する時代から、PPPをつかって政府国債を発行して、世界ゴールドファンドに裏付けされたゴールドポンドが、新しい通貨システムとして流通する時代になると言えます。

 

この意味が理解できて初めて、世界がPPPを中心にして、新しい通貨システムによって世界が生まれ変わることになります。

 

政府国債⇒PPP⇒ゴールドファンドに売却⇒ゴールドポンドが新しい通貨システムとなるといえます。



世界通貨システムの仕組みを理解するには、PPPを世界ゴールドファンド、そして、政府国債の割引債の仕組みなどを理解できないとこのことは説明出来ません。

 

つまり、ゴールドポンド(金の裏付けをもった政府国債)が通貨になるという仕組みを理解することが重要です。

 

意味がわかりますか?

 

これは、ここ100年の金融市場のなかでも大改革がスタートするという意味になります。

 

お金の発行する際の概念について、新しい世界が出来てきたといえます。

お金とは、何かと交換することができたということが、価値を生み出します。よって、一番初め発行するときに何を価値に交換したのかが重要になります。



このことは、奥が深いです。

 

この意味は、政府救済システムが始まるということになります。つまり、政府国債が通貨の役目として、ゴールドの裏付けをもった政府通貨である(ガバメントゴールドポンドマネー)の流通という意味になります。

 

 

ーーーーーーーー

 

天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」、JV(事業共同体)によりローン(借金)のない世界へ

「日本政策戦略フォーラム会場」 参加者募集中!

 

企業育成資金に関する勉強会の参加者募集の案内

 

定員 32名

〒101-0032 東京都千代田区岩本町3丁目11−7 滝上ビル3F西側

 

https://goo.gl/maps/hDeNCaSUZh95bMpt8 案内地図

 

日時 2022年11月28日(月曜日)

午後7時から午後9時(2時間)(開場 午後6時50分)時間厳守でお越しください。

参加費用 無料

筆記用具、名刺 持参

 

主催 日本政策戦略フォーラム  日本私募プログラム研究会 代表(本ブログ筆者)

 

◎PPP(民間財源)を活用してPPP(官民パートナーシップ)事業を行い地方創生、公共事業投資、海外支援を行うスキームについてのフォーラム 2つのPPPを活用する日本の政策戦略フォーラムを開催します。

※【アクセス】秋葉原駅4番出口から徒歩2分!秋葉原駅からすぐの神田川沿い、分かりやすく便利な立地!

申込フォーム ↓↓↓↓

 

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

 

 

 

 

「日本政策戦略フォーラム」

 

「官民パートナーシップ=PPPを使った地方創生プログラム」

 

日本政策戦略フォーラムとしては、日本の地方再生プログラムにおいてPPP(官民パートナーシップを使って再建を行うプログラムについて提案します。日本には、企業育成資金(PPP)による民間財源を取得する方法があり、民間財源であるPPPと官民パートナーシップ(PPP)の2つのPPPを使って、日本の地方創生プログラムの提案を行います。

 

米国でも実際に民間財源であるPPPと政府系企業とのJV(ジョイントベンチャー)における財源確保をして、公共投資をする仕組みが昔からあり、日本でも同様に民間財源であるPPPを活用して、官民パートナーシップ(PPP)としてのJVとして事業を展開することで、通常実現が難しい公共事業や地方創生プロジェクトを実現させます。そのことについての勉強会と政策戦略フォーラムを開催します。

 

日本の地方創生、PPPによる公共プロジェクト、また、海外支援事業などに関心がある方にとって、有効的な手段になりますので

 

、当会では、日本政策戦略フォーラムを開催します。参加費用は、無料です。

企業育成資金に関する勉強会の参加者募集の案内

定員 32名
〒101-0032 東京都千代田区岩本町3丁目11−7 滝上ビル3F西側

https://goo.gl/maps/hDeNCaSUZh95bMpt8 案内地図

日時 2022年11月28日(月曜日)
午後7時から午後9時(2時間)(開場 午後6時50分)時間厳守でお越しください。
参加費用 無料
筆記用具、名刺 持参

主催 日本政策戦略フォーラム  日本私募プログラム研究会 代表(本ブログ筆者)

◎PPP(民間財源)を活用してPPP(官民パートナーシップ)事業を行い地方創生、公共事業投資、海外支援を行うスキームについてのフォーラム 2つのPPPを活用する日本の政策戦略フォーラムを開催します。
※【アクセス】秋葉原駅4番出口から徒歩2分!秋葉原駅からすぐの神田川沿い、分かりやすく便利な立地!
申込フォーム ↓↓↓↓

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6


 

「日本政策戦略フォーラム」

「官民パートナーシップ=PPPを使った地方創生プログラム」

日本政策戦略フォーラムとしては、日本の地方再生プログラムにおいてPPP(官民パートナーシップを使って再建を行うプログラムについて提案します。日本には、企業育成資金(PPP)による民間財源を取得する方法があり、民間財源であるPPPと官民パートナーシップ(PPP)の2つのPPPを使って、日本の地方創生プログラムの提案を行います。

米国でも実際に民間財源であるPPPと政府系企業とのJV(ジョイントベンチャー)における財源確保をして、公共投資をする仕組みが昔からあり、日本でも同様に民間財源であるPPPを活用して、官民パートナーシップ(PPP)としてのJVとして事業を展開することで、通常実現が難しい公共事業や地方創生プロジェクトを実現させます。そのことについての勉強会と政策戦略フォーラムを開催します。

日本の地方創生、PPPによる公共プロジェクト、また、海外支援事業などに関心がある方にとって、有効的な手段になりますので、当会では、日本政策戦略フォーラムを開催します。参加費用は、無料です。

 

Flag Counter