【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

企業育成資金や割引ゴールドの取引などは、ルールに従えば、100%合法取引です。

企業育成資金や割引ゴールドの取引などは、ルールに従えば、100%合法取引です。

 

企業育成資金も、割引ゴールドのローリング取引についても、PPPに関連した案件になります。PPPというのは、割引の金融商品の個人間売買についてのルールによって、取引されるビジネスモデルということになります。

 

金融商品の場合、証券市場などの取引所で売買されるのが一般的ですが、PPPの場合は、大量に個人間で売買をするので、その際には、証券市場などを介することなく、個人間での売買をして商売を成立させます。そのような取引の場合、監督省庁の認可が必要になります。

 

企業育成資金に関しても、短期国債の割引債をつかったブリッジ取引を行いますので、これは、金融商品の割引商品の取引よって得た収益を分配するということで、政府と民間に資金を分けることをしますので、これも基本的には、割引金融商品の個人間取引ということになります。

 

現在、割引ゴールドのローリング取引に対しても、買取保証をつけての売買になりますので、認可を得て、取引されます。これも、派生金融商品、准金融商品という位置づけになりますので、監督省庁の認可を取得して取引することになります。

 

これらのことを踏まえて、この取引について、参入することが違法であることは、絶対にありません。確かに割引金融商品の個人間売買については、コンプライアンスの審査を得て、取引をするというルールはありますが、そのルールに従い、取引をすれば、全く違法でもなく、合法的に取引される仕組みということになります。監督官庁から認可を得て、取引されるわけで、同時に、この手の取引を行うことは、税収や国債から得る収益が政府にも得る機会がありますので、国家にとっても当然貢献度が高いわけです。

 

本来、国家からみても、この案件に参加されるお客様に関しては、歓迎されることです。

 

ただ、このような大切な案件について、壊し屋、事件屋、それに加担する報道記者などが、このことがいかにも悪いことをしているような話を話したり、メディアで報道したりしていますが、全くの印象操作であります。主催者が悪いのでなく、それを邪魔する勢力が起こしている破壊行動であると言えます。

 

ただ、壊し屋、事件屋の横行、そして、それに加担するメディア報道などによって、本来、国家にとって貢献する案件ではありますが、間違った理解がされるようになっています。

 

いまでも、壊し屋、事件屋、それに加担するメディア報道などがあることで、社会からは、冷たい意見を言われることがありますが、この案件に参加したいと考えている方、自信をもってください。正真正銘100%案件は、常に継続して行われています。割引ゴールドに関しては、在庫がある限りですが、資金力が有る方にとっては非常にいい投資案件になるかと思います。

 

企業育成資金に関して言えば、東証プライム資本金100億円、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者(個人)を対象に企業の場合、資本金の100倍、銀行信用金庫の場合、3倍以上の資金提供が可能になります。これも、個人の与信枠を使って取引される金融商品の取引ということになります。よってPPPの一種です。

 

皆さん、この制度について本当であるかどうか悩まれ、危ない制度ではないかと心配されいる方も多くいると聞かれますが、法的にルールを守って取引されれば、問題なく100%合法であり、同時に、国家への貢献度が高い案件ということになります。同時に、参加者も大きな収益を得る機会があります。この案件のよいところは、案内する仲介者も収益を得ることができるビジネスモデルが存在するからです。

 

正真正銘100%正規資金本部へ直接申請ができます。電話相談無料、申請料無料、コンプライアンス調査無料。

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。