【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

PPPに関して言えば、日本の場合は、個人取引である

PPPに関して言えば、日本の場合は、個人取引である

 

PPPの定義というのは、割引の金融商品を大量に個人間でダイレクト取引をするということが基本的な条件になっています。割引金融商品P2P取引ということが定義となります。

 

日本にはいくつかのPPPの商材があります。割引株、割引ゴールドの取引です。金融商品ですから、証券市場で決まった価格で取引されていますが、なんらかの理由で割引で販売するケースがあります。

 

これは、大量に金融商品をもっているところが、何らかの理由で割引で販売をして名義変更をしたいという場合があります。しかも、一般的な市場での売買を行う前に処理しなけばいけない問題点を抱えている場合があります。そのような特殊な事情があるので、割引での取引を行われるといえます。よって、ある意味、割引金融商品の取引というのは、魅力的な利回りを提供することがありますが、一般的な取引ではないやり方での取引を個別に行うことをします。

 

このような取引は認可制ですので、監督している省庁の許可をとって行いますが、取引についての作業については民間が行うということになっています。よく、この手の取引を行う場合には、資金者は資金証明と個人のコンプライアンスのチェックをおこなって、合格になれば取引ができるということを言われると思いますが、これは、監督省庁が認可した人物のみが、取引ができるということで、実際の取引に関しては、民間による作業になります。

 

筆者はこの説明方法に、建物を建設するときの建築確認と同じであると説明します。建物を発注する人、建物を建設する建設会社は、民間でありますが、建物をそこに建ててもよいかの審査は、役所が行います。それと同じで、個別の金融取引をしたいという個人、また、割引の金融商材を販売するプラットフォームは、民間ですが、取引をする際に、認可を出すのは、監督官庁の仕事といえます。

よって、買い主の個人のコンプライアンスのチェックというものは、役所の建築確認とおなじで、この取引を行っても問題ない人物かの人物チェックをしているのです。

 

取引条件にうちに、資金さえ準備できれば誰でも参加できるのかといえば、そうでなく、多額の資金の利益をえる機会をえるために、この資金が反社会体制などに流れないように監督する必要性があります。

 

これについて、厳密に言えば、米国連邦法における「米国国土安全保障法や米国愛国者法」という法律が関係しています。反社会体制やテロの財源に使われないようにする。また、マネーロンダリングの規制監督を行うというルールがあります。この手の取引に関しては、米国連邦法の基本的概念の上で成り立っていることを知ることが重要になります。

 

最近の情報では、ゴールドの取引で100Kg単位でのローリングの取引についての案件があるということです。いまゴールドは、1g=8000円ほどしていますから、8億円ほどの取引金額でPPPに参加できることになります。日本国籍であること、資金が動かせる資金であり、国内の銀行(普通預金)に個人名義で預金されれていることが条件ということになります。

 

日本の場合は、基本的には、この手の取引については、すべて個人の名義を使います。海外におけるPPPに関しえ言えば、個人でなくて、法人名義でも問題はありませんが、日本は絶対二個人である必要があるというルールが決まっています。

 

法人になれば、会計報告や開示する必要性があり、取引の実態を非公開にすることが難しいということから、個人のみと限定していると言えます。

 

*******************

個別相談受付中(麻布十番駅近く事務所)

電話無料相談

随時 受付中

企業育成資金とPPP全般について

**************

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティングセミナー|TEL 03-6820-0086



 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。