【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

日本全国の金融機関の代表が一気に資金を受け取るといってもすべて資金提供できます。

日本全国の金融機関の代表が一気に資金を受け取るといってもすべて資金提供できます。



日本の預金高の合計ということで、気になる記事があった。

 

日本銀行が21日に発表した2020年7-9月期の資金循環統計によると、家計が保有する金融資産残高は9月末時点で1901兆円と前年比で2.7%増加し、過去最高を更新した。 家計の金融資産の54.4%を占める現金・預金が1034兆円と過去最高を更新し、同4.9%増となったことが増加の主因。」

 

単純に預金高が1000兆円にあるとして、企業育成資金は、その3倍資金提供できるとなれば、1000兆円×3倍=3000兆円ということになる。

 

例えば、東証プライム企業で資本金100億円以上の企業数は、実際には、300数十社ということですから、平均して、たとえば、5兆円の資金を提供したとしても、

300社×5兆円=1500兆円 つまり企業と金融機関をあわせても、4500兆円ほどの資金を出すのが限界であると計算上シュミレーションできます。

 

京の単位の簿外資金が皇室の資金本部によって管理されているということですから、日本全国にあるすべての対象者が全員同時に資金を受けたとしても、4500兆円だとシュミレーションしましたので、それだけの資金を動かしてもまだ、使い切ることができないといえます。

 

つまり、企業育成資金は、すべての対象企業の代表権のある社員(個人)がみんな資金を受けますということを言っても、資金本部では、財源は枯渇することなく、いつでも、資金提供することができますということができます。また、資金は、申請も可能ですから、いくら資金を請求されても、京の単位の資金を動かすのはほぼ不可能といえます。

 

実際には、企業育成資金の財源は、1%も資金を使うことなく、ほとんど動かすことなく簿外資金として保管されているだけで、常に申請者が出てくるのを待っている状況であると言えます。

 

こんな制度があり、非常に簡単に資金を受けることができるのは、世界を探しても日本の特権と言える案件です。米国でもPPPに関する案件はありますが、非常に採用がされるのは難しく、日本の資金本部は条件を満たした企業代表者であれば、ほとんど無条件に資金を提供しています。

 

ただ、提供できない例は、過去にいろんなブローカーと相談しすぎて、業界で知られている人物については、資金本部は、取引停止をしている場合もありますので、間違っても、多方向と相談しないということが、資金を受けるポイントになります。

 

資金本部については、過去に申請者が、どんなブローカーと接点があったのか?また、過去に失敗しても申請したことがあるのか?など、過去に企業育成資金に申し込もうとした経緯があるかを調べています。何を言いたいのかといえば、間違った人と相談すると、取引停止になるということです。よって、資金本部の仲介者に属することが重要です。

 

仲介者としての活動は、それぞれの人が自由におこなっていますので規制はできませんが資金本部として認めていない人物がいくらこの案件をつなぎたいとしても、本部は、取引は行いません。それが重要です。だれから紹介されたか?どんな付き合いかということが重視されるのが、企業育成資金で注意しなければいけない点になります。

 

つまり、話は内容がそれましたが、日本全国の対象企業、東証プライム企業、銀行、信用金庫の代表権のある社員が全員同時に申請しても、企業育成資金の財源は枯渇することがなく提供できるという話をしています。そんな金を出してくれる案件など地球上どこを探しても、企業育成資金の資金本部が行っている案件以外存在しません。

 

そんないい制度があるのに、日本国の経済が停滞しているというのは、情けない話です。その状況はちょっとした情報伝達で、一気に変わることができます。それは、保証できます。

 

***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。