【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

企業育成資金の案件を話しするのは、「この案件について特別視しすぎないことが重要である。」

企業育成資金の案件を話しするのは、「この案件について特別視しすぎないことが重要である。」

 

企業育成資金は、東証プライム資本金100億円以上、銀行、使用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者が対象になる資金提供案件になります。

日本全国には、対象者は500人以上いることは、分かっています。そのために、この案件は、特別視しすぎないことが重要だと思います。

 

あまりに、特別な案件だということで、伝えすぎると、逆に、そんな案件は、怖くて参加できません。と言われます。

 

日本全国に、500名以上の対象者がいて、すべての対象者に資金を提供する事ができる案件です。ただ、日本国に貢献するという意識をもっている経営者であれば、特に問題なく資金をうけることができます。 と伝えることが重要です。

特別視しすぎないようにしてください。現実問題、条件を満たしえいる人が、500人いて、すべての人に平均3兆円資金提供をしても、総額で、3兆円×500人=1500兆円です。皇室資産である簿外資金は、どれだけの財源があるのでしょうか?京を単位を超えて、垓の単位の数字が存在していると言われていますので、もし対象者がすべて資金を受けたいと、500人詰めかけても、財源は枯渇することはありませんので、個人で見れば、大きな資金になりますが、簿外資金の世界で、数兆円という数字は、特別視する金額ではないと知ってください。

 

よって、企業育成資金を案内する仲介者の方は、これは、条件を満たした人がすべて受けることができる資金となります。ただ、1社に対して1名の代表権のある社員(個人)が資金を受けることができる制度になりますので、例えば、代表権のある社員が、2名や、3名いる企業で、みんな同時に資金を受けたいと申請しても、一人だけ受理されるだけで、受理された人以外は、却下されます。よって、企業育成資金が、代表権のある社員 1名だけに与えられた資金提供の制度ということが言えます。

 

また、心配されることは、「もし、企業育成資金で、数兆円もの多額の資金を受け取ったら、なにか拘束されることがあるのではなだろうか?」と不安になることはあるかと思いますが、資金の使用用途については、資金提供後に報告義務はありません。同時に、資金の使い方についても、自由裁量として、資金を受けた経営者の考えで資金を使うことができます。当然、理想的には、社会や会社に貢献することですから、財団法人などを設立して、福祉、教育、社会貢献事業などに資金提供をすることを計画されたり、例えば、社内の福利厚生として、終身雇用制度を考えて、年金組合に資金提供をして、生涯、その企業のために働くことができる制度を作ることで、社員に対する安心を与えることで、企業と社員の関係を強化することができます。

 

日本企業は、本来、終身雇用をするということで、企業と社員の信頼関係を作ってきました。しかし、今の日本企業は、社員の終身雇用という制度について、経営難や年金組合の財源不足を理由に、その場しのぎの雇用制度となったことで、社員の頭脳流出が大きな問題になっています。つまり、社員の叡智は、宝であるという企業価値を決める重要なことは、会社が社員を守るという資金面での援助ができることが、重要だと考えます。

 

それらのことを考えれば、企業育成資金の使い道というのは、大企業では数万人の雇用をしている企業も多くあり、同時に、その家族も含めれば、数十万人の人が企業にぶら下がっていることなど考えれば、この社会的責任を考えたときに、この企業育成資金の利用価値は、非常に大きな価値をなしていると言えます。

 

企業育成資金は、大企業経営者の個人に対して資金を提供することが目的にしていますが、資金の使用用途については、社会を救済するために、資金を分配することができることが理想的です。つまり、国民を代表して資金を受けることで、資金を、社会ために分配することで、国家の安全保障、治安維持にも貢献することに繋がります。

 

このような目的で、条件を満たし企業代表者様が、皆資金を受けることができる制度として、企業育成資金を配っています。

よって、特別視しないで、条件を満たした企業代表者すべての皆様に申請があれば順次資金を提供する案件となっています。

 

という理解をしてください。特別視しすぎないこと、この資金を受けることができる条件を満たした経営者は、すべて資金を提供することができるということを伝えることが重要です。





***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。