【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

歴史的資産を管理している組織からみた世界の銀行システムを考察する。

歴史的資産を管理している組織からみた世界の銀行システムを考察する。

 

歴史的資産における銀行システムということを考えたときに、国連ルールと見比べて考えてみれば、今後の銀行システムのシステムの仕組みというのが、理解できます。

 

つまり、歴史的資産における100%担保された銀行システムは、アフロユーラシアセントラルバンクが発行するMeteデジタル通貨ということになれば、これは、世界の基軸通貨ということになります。100%ゴールドクレジットで作られ、米国財務省国債を通貨にしたものです。ルールとしては、基軸通貨であるMeteと世界各国の現地通貨という考え方で今後のデジタル通貨改革の設計がされています。

 

つまり、基軸通貨のMeteは、世界の現地通貨(今みなさんが言っている中央銀行が発行する通貨)のみ、基軸通貨であるMeteと現地通貨とのスワップを自由にできるときめています。つまり、Meteに対して世界のすべての通貨は、固定レートになるということは、Meteという新しいデジタル通貨が、今の米ドルにように、国債決済通貨としての基軸通貨システムを構築することになります。旧来からある中央銀行によって発行される基軸通貨である米ドルなどは、国際的基軸通貨としての価値をなくしてしまう可能性があります。あくまでも、国内で流通する現地通貨としての価値を保全するということになります。それに、影響して、日本円の価値やユーロなどの国際決済通貨の価値がなくなり、自国内の流通通貨として、流通はするが、国際決済通貨としての価値をなくしてしまう可能性はあります。

 

つまり、裏付けに、歴史的資産という世界最大のゴールド担保を持っている通貨と、そうでない通貨では、国際決済通貨としての価値を保持できるか、保持できないかということにかかってきます。

 

今の段階でそれを見れば、そんなことがあるのか?とおもいますが、歴史的資産によって、担保を100%されていない通貨は、法定通貨であっても、暗号資産にように、通貨としての100%資金の価値と、担保力が一致しないということになります。つまり、一気に別の通貨と交換したいとなれば、スワップできなくなる可能性があるということになります。

 

中央銀行であったとしても、今後デジタル化することで、中央銀行は、現地通貨の発行と、デジタル通貨によって口座管理をするようになれば、資金保管のために銀行になり、たくさん存在する一般的な商用銀行は、商社的な商売をする投資銀行としてのビジネスで利益を出していく以外方法がなくなります。

 

現に法律改正があり、一般的な銀行は投資銀行としての業務おこなうことをというルール改正がされて、旧来の中央銀行とくっついて、親分子分のような関係でなくなっていくと言えます。つまり、銀行システムの末端で活動する商用銀行は投資銀行になり、投資家から金を集め、投資ファンドや商社のような商売で金儲けをすることになり、今まであった中央銀行としての国際決済業務はなくなり、現地通貨の発行する銀行と、預金者保護をするための口座を提供する一般銀行業務の拡大するのが、デジタル通貨時代の銀行仕組みになります。また、国際決済業務は、唯一の歴史的資産によって、100%生み出されたゴールドクレジットにより、米国財務省国債を通貨にしたMeteデジタル通貨によって、世界の国際決済業務を行うという仕組みに変革していく銀行システムの変更プランを実現化してくことになります。

 

つまり、歴史的資産を管理しているのは、国連組織によって、監視されて保有企業によって、クレジットを発行しています。つまり、ゴールドクレジットによる担保力をもった通貨というのが、国際決済通貨として流通するというのが、歴史的に決まっていますので、その事を考えても、今後の銀行システムの大変化に対応するには、銀行システムにおける末端での業務を行っている商用銀行(地銀、信用金庫、ネット銀行)などは、特に、資金力を強化して、今後の銀行システムの大変革の時代に対応しなければ、従来道理のビジネスモデルでは、100%対応ができないと言えます。つまり、筆者は何を言いたいのか?といえば、世界の銀行システムの頂点である担保力を保有している歴史的資産を管理している組織が描いている世界戦略を見れば、すぐに理解できますが、末端で普通の銀行業務を行っている銀行は、もうデジタル化時代には、口座管理と資金の貸出業務の業務がなくなるので、今後、商社や投資ファンドのようなビジネスができる投資銀行となり、利益を稼いでくださいということを言っています。

 

つまり、筆者が常に説明している企業育成資金といわれる資金提供の案件(償還金)に参加して、皇室にある歴史的資産からの配当金を銀行経営者が受けとり、今後の時代変革に対応できるように資金調達をすべきでしょう。

 

筆者の予想では、デジタル通貨の仕組みが完全に世界を網羅したときには、旧来の歴史的資産から生み出した資金データーは消去される可能性があります。つまり、早い目に、申請をして、お金を受け取引にきてください。デジタル通貨改革は、過去の制度とは別物ですから、過去の制度をいつまでも続けるとは考えられません。それが、筆者の予測です。



                      

 

***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。