【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

養護されていたのは、過去の日本、これからは、積極的に世界と接するべき理由

養護されていたのは、過去の日本、これからは、積極的に世界と接するべき理由

 

日本人に対してはっきりと言えることは、歴史的資産という金塊による恩恵というのは、昭和の時代は、天皇家が元所有者として利子としての配当金があったので、日本は、歴史的な経済発展を遂げることができました。ただ、この制度も変わっており、歴史的資産の償還プリグラムは、かつての組織、つまり、ロスチャイルドユダヤ金融という仕組みにおいてのゴールド運用の仕組みから、ロイヤルを支援する仕組みから現在は、管理者は、軍部に代わり、政府支援と仕組みが変わってきました。

 

つまり、日本は、今まで通り、何もしなくても安全保障面で、擁護される国では、なくなったと言えます。

 

歴史的資産の元所有者としての割合が大きいということで、戦後日本は、戦勝国から擁護されて経済発展してきたと言えます。ただ、今の組織は、歴史的資産の管理組織は、かつての組織とは関係なくなり、過去の条約で結ばれた法的決定を遵守するだけで、人の関係は、大きく入れ替わって来ていると言えます。

 

日本は今までのような対応では、日本の歴史的資産からの富の分配はなくなると言えます。積極的に日本は安全保障の分野で活躍する姿勢が今後求められるでしょう。ただ、日本人に求められるのは、語学力と国際感覚をもって、世界の人達と接していけるグローバル人材の育成をしなければ、日本も歴史的資産による配当から擁護される時代は終わりましたので、どうやって、国際社会の中で生きていけるか?利益を得ることができるかを考えて生きていく必要があります。

 

歴史的資産、それは地球最大のゴールド担保力というのですが、これは、世界の通貨を担保する仕組みですから、国際社会で認められる人材がいなければ、結論、日本は利益を得ることができないと言えます。

 

つまり、これは、歴史的資産の管理者が過去の組織とは違ってしまったことが、時代の流れによって、日本が擁護されなくなった原因でもあります。日本人は、だれかがいつか何かをやってくれる主義が強いと思いますが、もう世界は日本に対して何も行なってくれません。図々しく、世界の仲間に入っていく努力が必要になります。これだけは言えます。



***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。