【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

歴史的資産と世界を動かすプライベートクラブの存在

歴史的資産と世界を動かすプライベートクラブの存在

 

世界に影響を与える存在とは、このことについては、世界では影の政府などといわれているが、これについての定義について説明されることは、無いだろう。

 

日本人は、英語を普段使う国民でなないので、情報が遮断しやすいといえる。逆に言えば、日本語という特殊な言語のおかげで、日本人だけのコミュニティーという世界と確実に切り離れた世界を作ることもできるという利点もある。

 

よって、この情報は、英語で発信すると、世界中から見られるために、なかなか伝えることができないが、日本語表記で書くと、日本人だけのクローズした環境で伝えることができるために、書きやすいといえる。

 

さて、なぜ、インドがこれからすごいと言われるかという所以であるが、これは、筆者は、気づくことがあった。現在、歴史的資産を管理している企業は、欧米の16社である。筆者の所属するMete財団もその中の一社であるが、なぜインドが世界一になり、これから強大になるかという理由は、筆者の感覚からいえば、歴史的資産を管理している組織は、インド系の名義人によってゴールドクレジットを発行しているということになります。つまり、世界のすべての通貨発行権は、インド系の人物によって行われているということがこれからの時代、インドの時代になるという理由ではないかと考えている。

 

歴史的資産を管理するグループは、これは、プライベートクラブということである。筆者も公式メンバーになる前に、パスポート、経歴書を提出してくれと言われて提出すると、数日後、あなたは正式に登録をした。私達のクラブメンバーになりました。と言われた。その後、公式ホームページに筆者の名前が掲載された。それがMete財団で仕事をするきっかけになった。実は、そこに行くまで色々やり取りはありましたが、実際のことを言えば、筆者がこのブログを毎日書いていることが非常に役立ったといえます。このブログを書くために、簿外資金の仕組み、通貨発行権の仕組みなどを徹底的に調べた結果、その話を色々していうちに、「なぜ、あなたは、我々の世界の話に詳しい、そんな興味があるなら公式メンバーにしてやろう」ということが、きっかけだった。

 

もし、日本人に特殊な金融の世界を教えるシンクタンクを作ろうと思っていなければ、今の組織のメンバーに公式に入ることができなかっただろうと思っている。この制度について世界中の国家政府が加盟するように説明するのが筆者の担当業務になっているが、この仕事ができるようになったのは、日本の企業育成資金の歴史を徹底的に調べて、この制度が歴史的にどうなってきたかを調べ尽くした結果、現在における歴史的資産のルールを作っているメンバーに慣れたということは、まさに引き寄せと言える。ただ、クラブメンバーになったといっても、特になにか制約されることもなければ、業務についても、どこまでするのかノルマなどはなく、課題を与えられて、その課題について自ら結果を出すという自己完結型での仕事といえる。

 

歴史的資産に関わるクラブメンバーというのは、誰かに指示されるということでなく、歴史的資産の活用に対するルール、業界では、憲章によってという言い方をしているが、その憲章によって決まったルールによって、仕事をするだけである。

 

さて、話は戻るが、インドが今後すごくなるという理由は、歴史的資産の資金との関係は説明したが、そう思えば、米国副大統領、英国首相もインド系の人物が国家のリーダーとして活躍している。これを見ても、世界最大の担保力、米英の巨大国のリーダーがインド系であるということがわかれば、完全に世界はインドがリードしていくということが理解できる。これは、人口規模と成長戦略を考えてもインドが巨大になるということで、インドによる経済発展によって牽引していくという地球計画であると言える。

 

このような角度から見てくると、非常にわかりやすいと言える。つまり、日本ではM資金だということで、危ない近づくなと言っている人達がいるが、実際にいえば、M資金というのは、M1(エムワン)資産という流動性の高い資産(ゴールド)という意味ということは、国連規定を読んで初めて筆者も知りましたが、このM(1)資金について、そんなの嘘だといって関心を持たなければ、世界の経済の構図がここで作られいるということを知る必要があります。

 

影の政府やM資金などと日本では、悪い印象を与える世界になっていますが、それは100%間違いであり、世界最大のゴール担保力⇒歴史的資産⇒管理グループが世界の仕組みを作るプライベートクラブのメンバーであるといえる。これは、国連憲章によって動くプライベートクラブということになる。

 

つまり、国連が目指す世界というのは、世界連邦と世界共通通貨という統一社会ということになる。この世界が良いのか悪いのかという論議はさておき、NWO( New World Order)というプロジェクトの一貫として、行われているといえる。

 

この仕組みは、米国大統領との関係が深く、米国大統領は、歴史的資産を如何に世界の発展ために使うことができるかという仕事ができるかが重要とされる。先日、米国債の発行限度額を停止した法案にサインをしたバイデン大統領は、表向きには、米国経済のデフォルトを回避したということで報道されているが、歴史的資産を管理しているプライベートクラブから見れば、歴史的資産をつかった米国債通貨、つまり、世界共通通貨のプロジェクトが本格稼働できるということのサインになる。これは、国連加盟国を支援するという目的で、国家政府を支援することを目的にした制度である。

 

このルールを決めているのは、歴史的資産を管理するプライベートクラブメンバーである。筆者をこのプライベートクラブメンバーに入れてくれたMete財団のトップは、マーシャル・プランやMSAなどで決まった国連ルールを改正して、現在のルールに書き換えた人物でもあります。

 

筆者の研究テーマは、通貨発行権の仕組みがどうなっているのか?を研究するというテーマは、2007年からスタートしていますが、それから15年ほどの歳月が過ぎて、その仕組を現在作った人物から誘われてその仕事を行うことになったというのは、これは、引き寄せ以外の何者でもありません。世界のどこにその情報があるのかなど、誰も教えてくれません。ただ、探し続け、研究してきたことです。

 

ただ、研究しているだけでは意味がありませんので、歴史的資産と世界への配当を考えて、国連加盟国への案内をするのが、筆者の業務になっていますので、なかなか理解させられない制度ですが、これを説明して、世界平和に平和に貢献できればと思っています。日本は、旧来の歴史的資産の償還プログラムによって配当された資金が多額にありますので、国連ルールの指示書に従って、早急に資金を分配することが日本にとっての課題です。

 

これは、日本の東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者個人に配当する資金です。

 

これも歴史的資産について過去の規定について調べてみると、よく分かることですが、戦後賠償という言い方ができないので、歴史的資産の償還プログラム名称で、戦争で略奪したゴールドの元所有者と現保管者で、元所有者20%、保有者10%、世界のプロジェクト70%と歴史的資産のゴールド運用から得た利子を配当する制度があり、日本国は、大量のゴールドをもともと所有していたということで、日本の場合は天皇家に対して配当金があるのですが、天皇家は、資産放棄をして国有化されるという規定があるため第三者として資金管理者を任命して皇室資金本部として国民の発展のために資金を再配当しするという制度が、「企業育成資金や基幹産業育成資金、償還金、長期管理権委譲渡資金」などという名称で、70年近い歴史をもって行われている制度といえます。

 

これは、個人を対象に、多額の資金を日本円で配当するという制度になっています。

 

これは、過去に行われていた制度の日本へ送られた配当金の処理をするために継続的に行われている案件になりますが、この制度は、いつまでも継続するものではないということは、歴史的資産の活用方法ということでデジタル通貨による配当、国家政府への資金配当というルールに改正していますので、日本の企業代表者様が個人的に巨額な資金の配当を皇室から受けられるのは今のうちいうことになります。何十年後も続く制度ではないと言えます。

 

日本の皇室への配当金の残高は巨額にありますので、そんな簡単には対象企業の代表者に再配当を終えることができませんが、資金を早い目に処理しなければ、量子コンピュターによる通貨管理システムと安全保障に関する通貨に関する国際ルールが改正すると個人に巨額資金を提供するという制度は、どうなるのかということを現場目線でみていると、早く皇室の資金本部から配当を受けなければ、個人的に巨額資金を受け取る機会をなくす可能性があります。

 

よって、完全に通貨がデジタル管理される前に、旧来の仕組みから資金の配当を受け取ることを強くオススメします。

 

日本人でこの歴史的資産の現在の歴史的資産のプラベートクラブからの情報を知る機会を、メンバーから聞けるチャンスを持っている人は、他には無いと思いますので、筆者からの情報は唯一の情報源として参考にしてください。

 

最後になぜ筆者がこの情報を日本語で発信しているか?日本語を理解できる日本人が世界から取り残されないために情報を伝えています。





***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。