【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

本当の意味でのM資金の定義について、説明します。100%存在します。

 

本当の意味でのM資金の定義について、説明します。100%存在します。



日本では、M資金といえば、それは、詐欺ですか?という洗脳的な話になりますが、国連の規定を見れば、これは、ベルサイユ条約、ブレトンウッズ会議、IMF世界銀行、国連における条約、憲章に関する資産ということが明記されており、簡単に言えば、この歴史的資産と言われる資産は、流動性の高い資産ということで、M1(エムワン)資産としてのゴールドを担保にして、米国国務省NY UCC(統一商法)により担保権を設定して、資金者名義で、クレジットを発行して、そのゴールドクレジットを配布するということが決まっています。

 

歴史的資産の配当金については、元所有者20%、現在の保有者10%、プロジェクト資金として70%に資金を分配するという規定があり、これは、国連加盟国の国家元首が契約を結ぶことで、この配当金を動かすことができます。

このプログラムのことを歴史的資産の償還プログラムと言います。

つまり、このような仕組みによって、生み出された資金が、日本の国家元首のサインのもとで、元所有者としての配当金が大量にありますで、その資金を分配しているのが、企業育成資金、基幹産業育成資金、償還金、償還制度、長期管理権委譲渡資金、など、いろいろな名称で呼ばれていますが、基本は同じ制度になります、

 

国連ではこの制度のことを、歴史的資産の償還プログラムという名称で呼ばれています。この仕組は、2017年以降と2017年以前では、仕組みが違っています。2017年以降は、デジタル通貨として世界に配布するという仕組みを行っており、これは、筆者の公式メンバーとして、日本アジア代表を行っているMete財団が、Meteというデジタル通貨を発行して、国連加盟国に対する政府支援モデルを行っています。

 

2017年以前については、歴史的資産については、世界的な銀行家が関与して、ゴールドクレジットの運用をおこなっており、その利子をマザーアカウントに入れて、それを分配する制度を行っていました。今、日本で行っている制度については、2008年、2012年に300人個人委員会、400人委員会で監査された歴史的資産からの配当金を現地通貨を用いて、配当しているのが、現在における筆者が説明している企業育成資金の仕組みになります。

 

ただ、この資金を使い切れば、日本円での歴史的資産の配布はされることなく、デジタル通貨による配布になります。それを担うのが、Mete通貨ということになります。

 

つまり、筆者が公式メンバーで国際本部としての業務を行っているのは、Mete通貨の配布作業であり、歴史的資産における新制度、デジタル通貨の配布を行っています。

 

さて、日本で東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権者個人が受け取ることができる歴史的資産の償還プログラムによって、皇室の配当分の資金については、皇室には、本来配当金がありますが、それを全額、国民や政府のために支援をする作業を行っているのが、日本の皇室の資金本部の作業ということになります。

 

筆者は何を言いたいのかといえば、M資金の定義について詳しく説明できる人があまりにないことで、正しい説明をしています。M資金というのは、流動性の高いゴールド資産は、M1(エムワン資産)ということで、この資産のことを総称して、Mという名称で呼ぶことがありますので、M1という流動性の高い資産から生まれた資金といことで、M資金と言えますが、国連規定では、M資金という表現はありませんが、M1資産というのが正しい表記になります。



                      

 

***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。