【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオ)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

日本は世界の救世主になるかもしくは 世界最悪の事態を招くかこれからの時代について語る

MSA 総合研究所です。

本日のブログは2025年 より 本当に日本経済が相当やばい状況になるという話を続編で書きたいと思います。

この原因というのは前回のブログでも話ししていますが 2020年のコロナの流行により金融機関が中心となって行った0ゼロゼロ融資が日本の中小企業を破綻させるということが言えます。

つまり コロナによって急激な資金調達の必要性が出たことで 金融機関に借り入れをした中小企業が非常に多かったことが言えます。

融資を受けてから 業績が回復すればいいのですが融資を受けてからも 業績がさほど回復することもなく 5年間の支払い猶予が終わった後に毎月返済していかなければならないのですが そうなるととても支払いが成り立たないということで事業を残念する企業が増えると予想できます。

 

日本の中小企業の数といえば 企業全体の97%と言われており 従業員数で言えば 約7割が中小企業で働いていると言われています。

 

つまり 大企業の3割の市場 すなわち 上場企業などは 株から上昇することによって資金調達が行いやすい という状況もありますが これは政府が行っている金融政策による優遇は十分 受けられると考えられます。

困るのは中小企業ということになります。

つまり コロナの緊急事態における融資を活用したことによって 負債が増えて支払い猶予が終われば返済できなくなり事業 残念し 倒産させたり または事業継承が無理だということで中小企業の経営者も高齢化しておりますので 事業から撤退していくということが増え 日本の中小企業に勤務する 7割の方々に対して大きな影響が出てくると言えます。

 

つまり 日本で問題になっている低所得者層と呼ばれる人々はこの時代を乗り切るのは正直言ってかなり厳しいものになります。

大企業にとっても 下請けに出している中小企業が 業績悪化で事業継承が難しいという状況になればサプライチェーンが成り立たないというような状況も起こりうる可能性があります。

 

つまりこのような状況が一部ではささやかれていますが 現実なものになるのはもうすぐです。

 

これはどういうことかといえば 銀行 システムというものはいつかは借りたお金は必ず返さなければいけないという仕組み だからです。

 

つまり 信用創造の世界と言われるのは銀行 システムは借りたお金はいつか返さなければいけないという条件で資金を市場に流しているからです。

例えば 無担保 無利子で融資をすると言ったとしても 万が一 返せなくなれば 中小企業の場合はほとんどの経営者も個人保証まで追求されますので 結局 企業が破綻し 個人もブラックリスト入りです。

 

つまりこの銀行 システムというものの限界点というものが実はそろそろ 見えてくるというのが これから起こる時代です。

 

つまり この問題を解決するためにどうすれば良いのかというのはこれは 何度も説明しているように 日本国内向けの ODA である企業育成資金を投入することです。

筆者はこの日本国内向けの ODA という表現が非常に良いと思って これから日本国内向けの ODA という表現を使いますが 日本の企業育成資金の財源となっているものは これは SRP と呼ばれる ヨーロッパやアジアの王族 グループから寄付された財源によって運用される 資金 ということになります これがかつては 世界銀行 IMF の設立する際に使われた資産でもあります。

 

日本の戦後復興期から高度成長期を実現する際に日本は世界銀行などから融資を受けておりますが これも 世界銀行は SRP の資産があるから日本に融資ができたわけです。

借りただけだったら返すの大変じゃないですか という意見はあるのですが 当時は30年間償還プログラムと言われており 金利が高い 外国債 特に イギリスのポンド債に投資をしその利回りで償還するということをしていました。

 

現在における PPP プログラムというのはこれは SRP の資産を国際為替手形を発行し 国際為替手形を持って UCC 統一商法による第一抵当権を設定し レバレッジをかけて クレジットを発行させることによって資金を作っています。

 

時代によって金融の仕組みは少し変わってきておりますが 基本は全て SRP の資産があるから実現できている技で今後世界の金融システムというのか 通貨を発行する仕組みというのはほとんどが ゴールドをベースとした資金の作り方 すなわちゴールドの裏付けによる国際為替手形を用いて資金を発行するという時代に変わっていきます。

 

この仕組みが グレート リセットの仕組みであり グレート リセットが行われれば基本的には 信用創造の世界というのは 今後はゴールドバックにおける資金の発行の仕組みという風に変わっていきます。

 

このことを理解すれば日本の国内向けの ODA である企業育成資金の重要性というのは理解できるかと思います。

 

すなわちこの仕組みを活用することによってグレート リセット以降の世界に必要な資金を生み出していくということになります。

 

こういう意味が理解できなければ マネタリー システム 自身が 今後 大きく変わる 転換期に向けて 私たちはどのような対応していくのかということを知らなければ 打つ手がありません。

 

ですから 何が重要かというのはこの企業育成資金 と呼ばれる日本国内向けの ODA を活用し 日本国内に返済不要である 資金を大量に投入しておかなければ グレート リセットの時代に回収される大量の資金によって経済は大打撃を受けます。

 

問題解決の方法というのは非常に簡単ですただ単に 筆者が常に説明をしている企業育成資金に東証 プライム 資本金100億円以上 銀行及び信用金庫の預金高 1,500億円以上の企業の代表権のある方が企業育成資金に申請をすればいいだけです。

 

これは世界的基準で決めている話ですから どこの誰でも申請ができるという条件ではありません。

 

このグレート リセットの時代をクリアするにはどうすればいいか という 攻略法について説明をしているのです。

 

経済といっても これはただの数字です 数字を動かすには理論が必要です 理論が必要ということはそれを回答するための方程式がわからなければ 回答を導き出せません。

 

すなわち お金の世界も全て法則によって決められていますから今 筆者が説明している内容に従って手続きを進めれば問題なくグレート リセットの時代はクリアできます。

 

この深い意味が理解できなければ日本の経済は2025年以降 終わりであり 日本が中心となって世界を救済するということをしなければ必ず 世界は大きな事件に巻き込まれます。

 

これは歴史的に皆さんよくわかっています 戦争というものというのは 経済が不安定になり 社会不安になれば戦争は起こります。

 

本来 信用創造を用いて行う銀行 システムという世界は必ず崩壊があります。

それをクリアするには 今 説明している資金の投入の仕方を理解をしてそれに準じて手続きを進めれば この問題は解決します そういう風に 経済というのか貨幣を流通させるためのプログラムがそうなっているからです。

 

真剣に日本人はこのことを理解をし 条件を満たしている人は早急に対応するべきです。

 

これは国家を破綻するどころか世界から日本が攻められる可能性があるということに気づいてその問題解決はできるのはこの資金を一番 動かすことができる 日本だということを忘れてはなりません。

つまり 日本は世界を救うか世界を壊す か どちらかですですから あなたたちにとって日本を壊す 仕組みを追求していき 筆者の説明している内容を無視し続けるのかもしくは筆者の言っていることを理解をし行動すれば これは日本は必ず救われます。

 

道は一つしかありません もし 皆様が救われたいと思うならばこの話を信じて 手続きを進めるだけです。

 

【公式】MSA総合研究所|資金本部|企業育成資金の申請受付(東証プライム、銀行、信用金庫の代表権者)(基幹産業育成資金・償還金・長期管理権委譲渡資金)|国内外PPP(Private Placement Program)の研究・シンクタンク|TEL 03-6820-0086|

 

Flag Counter