【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

グレート リセットの時代に理解しなければいけない SRP が提供するマネタリシステム

MSA 総合研究所です。

一般的に理解が難しいと言われる資金の仕組みというのは全て国連を設立した際に作られた 仕組みということになります。

これは ブレトンウッズ会議が1944年に行われましたがその時に参加したのが45カ国ですが 実際のことを言えば ヨーロッパやアジアの王族、貴族 グループからの支援があったから成り立ったと言えます。

ここの事実をまずは理解しなければいけません。

実はこの事実というのは ブレトンウッズ体制における世界の金融システムを作る上で 非常に重要であるのですが ここの事実を知らずして 今の世界がどうなっているかというのを語ろうとすれば かなり とんちんかんな話になってしまいます。

 

つまり国連を設立する際に同時に作った銀行 システムである の が IMF世界銀行ということになります。

その時の資産を提供したのが SRP  ソブリン ロイヤル ポートフォリオ と呼ばれる欧州や アジアの王族 貴族グループから寄付された財源があったから成り立ったと言えます。

この財源については表にされることはなく フロントで戦後復興財源を提供していたのが 世界銀行IMF ということです。

つまり 日本はなぜ戦国 後期に急激な発展を遂げられたかというのはこれは SRP における資産のうち 日本から出されたもの というのが 約30%あったと言われています。

つまり アジア 復興開発 財源などと 昔 呼ばれていましたが日本を経由して資金を投入する仕組みというのを行ったのはこれはなぜかといえば SRP の資産が日本産のものが相当多いということで 日本を経由して アジアの復興開発の資金を提供するという仕組みを作りました。

ですから 戦後復興期には この資金が投入された際には 一部の資金はアジアの国々に対する ODA として支援を日本が行ったということになります。

つまり これは日本が戦争におけるアジア各国に対する戦後賠償を行うという意味でこの仕組みになったということです。

このような仕組みがあったことが理解できなければ SRP が行っている 復興開発 財源の意味合いが理解できません。

 

現在は IMF 世界銀行が管理するのではなく SRP が独自の仕組みを持って管理しております。

つまり SRP 自身が 独自の仕組みによって 民間企業 支援を行っていた事実はありますが このことが世間一般には極秘で行われていた PPP プライベートプレイスメントプログラムの一種になります。

現在は SRP が行っている PPP これは日本の企業育成資金を含みますが 別物としては 世界銀行 IMF などが関係する先物取引 から行われる PPP のプログラムの2種類があるということです。

筆者が説明しているのは基本的には SRP が関係する PPP プライベートプレイスメントプログラムということになります。

SRP 自身は 1984年から独自のプログラムを実施しており 約2万5000社の 企業 代表者に資金を提供してきたということです これは全世界での出来事です。

それを行ったのが世界インフラ開発庁ということになります。

これはアメリカ合衆国に本部があります。

 

現在は筆者が所属するメテ財団 グループとして SRP の資産を管理していることになります。

 

つまり 世界インフラ開発庁が行っている仕組み 及び めっちゃ 財団 グループが行ってる仕組みというのは 同一プラットフォームで行われています。

これはアメリ財務省が発行する国際為替手形を用いて 米国 ニューヨーク国務省において UCC 3 統一商法における第1 抵当権を設定し 10年間の運用プログラムにより レバレッジをかけて資金を作っています。

この辺の話はいつも しておりますので 皆さんは理解していると思いますが 重要なポイントというのはこの SRP の資産をどのようにして資金を提供するのかという規定について理解すれば 筆者が常に説明している内容について 非常に深く理解できます。

日本の代表する経済人のトップクラスの人々もこの仕組みについては 知る人はおりませんし

 

世界の国々 のトップの方々もまずは仕組みについて知ってる人はいません。

 

学校では学ぶことはありませんが 基本的にグレート リセットの時代は 次はどうなるかということで ゴールドバックの時代がやってくるということは 噂では聞いていますが それをどのようにして行うのかということを説明できる人はまずいません。

 

つまり これからの時代というのは 信用創造 の時代は終わり金を担保にする 通貨発行の仕組みということで 今 説明している SRP の資産を活用した通貨発行の仕組みで世界経済は作られていくということを理解しなければいけません。

 

実はこの仕組みというのは ブレトンウッズ体制における通貨の発行の仕組みというのが2種類あったということを知らなければいけません。

1つは銀行が発行するクレジットというものもありますし 同時にこの SRP の財源を用いた資金の発行 システムというものがあります。

予定 現在は2つの資金の発行システムが混在している中で SRP が発行する資金の仕組みというのは一部の資本家のみを対象にしておりますので 条件を満たさない人たちにとっては全く関係のない話になりますが このことが 借金にならない資金になるということが重要なポイントです。

 

今後の世界というのは SRP の用いた ゴールドバックにおける資金の作り方というのが世界経済を作っていくと言えます。

 

つまり 現在 SRP の資産を用いた ODA 政府開発援助の案内を全世界に対して行っておりますが この仕組みについて 各政府の代表者はほとんど理解はできておりませんが このことを理解することによって世界のマネタリーチェンジは大きく変わります。

つまりこのことが グレート リセットの時代に向けての一番重要なポイントになります。

 

【公式】MSA総合研究所|資金本部|企業育成資金の申請受付(東証プライム、銀行、信用金庫の代表権者)(基幹産業育成資金・償還金・長期管理権委譲渡資金)|国内外PPP(Private Placement Program)の研究・シンクタンク|TEL 03-6820-0086|

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。