【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

世界 給付金システムを構築するための案件

【MSA総合研究所】実話!巨額資金の謎*秘密結社的『八咫烏』| 企業育成資金(償還金)はまだ受けるな! 業界のすべてがわかるブログ|TEL 03-6820-0086(直通:AM10-PM8)

 

現在 メテ 財団が行っている業務で国連加盟国に対して100億ユーロの寄付という案件がありますがその本当の目的は何ですか という説明をします。

 

これは 国連を中心とした世界 給付金制度を作り上げるためです。

2030年に向けて 国連は 世界連邦への格上げを考えており その際に国連 銀行 システムを構築するのが メテ財団の仕事となります。

 

メテ財団は国連 銀行 システムの中央銀行として世界の全ての国家 政府に対し 資金を提供することで世界給付金制度を作り上げ 例えば 各国のベーシックインカムをするための財源の手助け などを行い 貧困問題の解決を行うというのが主たる目標です。

 

後は世界に 中央銀行や政府 国際 などで生まれた大量の借金問題がありますのでその問題を解決するためにメテ財団が資金を出すことによって債務の肩代わりを行うということも一つのプロジェクトに含まれています。

 

つまり 世界中にある借金や債権というのは 1600兆ドル以上あるような話も聞きますがメテ財団が最大に発行できる通貨量というのが これが ゴールド 資産だけで見れば 1800兆ユーロまで発行できることになります。

 

つまり これはなぜ行っているのかというのは SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオ と言われている国連 設立時にアジアや ヨーロッパの王族 グループから寄付された財源を用い 世界の借金問題 中央銀行と政府 国債などの借金問題を解決するためにできた制度であると言えます。

 

また各国政府が財源不足で苦しんでいる中で国民生活も苦しくなっているため それを支えるために国連 銀行 システムを構築している メテ 財団が世界 給付金システムを構築し それが 国連 銀行 システムとしての機能になります つまり国連が2030年世界連邦としての格上げがされた時に 世界連邦を支える中央銀行 システムとして各国 加盟国を支援することにより 世界 給付金システムが完成するわけです。

 

つまり これが 皆さんが待望している国家 政府におけるベーシックインカムの仕組みとなります。

 

我々は仮想通貨ではありません 。

これはリアルに 法定通貨 ユーロを発行する権利を持っています。

ゴールドバックにおける資金というものは基本的にユーロドル 英国ポンドというものと 固定レートで計算されますのでそのような国際決済通貨を発行することができます。

 

現在 メテ 財団では米国財務省 資産 SRP を用いて ユーロを発行してます これは 仮想通貨ではなく 法定通貨です。

 

ですから 世間一般では リップルなどがそのような役目を果たす などと話している場合や もしくは 違う 仮想通貨が世界を変えるなどと言っていますが これは 法定通貨ではありません。 仮想通貨をベースにした話ですから 現実 法定通貨に影響を及ぼすことはできません。

 

ですから 世界で唯一 法定通貨を用いてこの仕組みが行えるのは我々 メテ財団 グループ となります。 これが 国連 銀行 システムということになり 世界 給付金システムを構築していると言えます。

 

世間一般ではいろいろ ネサラ、ゲサラなどと言われていますが 本当のことを皆さん 分かっていませんが、 ゲサラに関係するようなこと というのは 、もともと 米国財務省が関係しているなどと言われていましたが、 最近は全然関係なく ブリックスがそのような仕組みを作ったなどと意味不明なことをツイートしている人がものすごく増えています。

 

実際のこと言えば ネサラ、ゲサラというのは 米国財務省が関係はしていますが これは国連におけるルールを改正したということになります。

 

 米国財務省が監査している資産というのが 国連 設立時にヨーロッパやアジアの王族 グループが寄付した財源である SRP になるわけです。

 

SRP の財源を用いて通貨リセットを行い ゴールドバックにおける通貨を流通させる 。つまり これがグレート リセットということになるのですが、 グレード リセット の 本来の目的は 通過 機器を起こすという目的ではなく世界の中央銀行と国家 政府の間で作られた国債問題を解決するということが本当の目的です。

 

国連 銀行 システムが引き受ける 財源 というものは これは中央銀行と国家 政府で作った国債の問題です。

 

つまり国の借金の問題をどのようにして解決するかというのは普通に考えれば貿易などで外貨を稼ぐかもしくは国民の税金から回収するかしか方法はないのですがそれを解決する方法として 国連 銀行 システムを構築している我々のメテ財団から資金を提供するわけです。

 

つまり これは ODA 開発援助という名称で話はしていますが 本当の目的は国家の借金問題を解決するために 財源を提供するというのが 裏ではそういう目的はきちんと持っています。

 

そういう点で 各国に加盟国を募集しているというのは 国連 銀行 システムを新しく構築するので皆さん 銀行口座を開設してください 。

その口座は我々が提供するので 申し込んでくださいというのが メテ 財団が行っている 案内業務です。

 

これが提供するアフロ ユーラシア セントラル バンクに 銀行口座を開設してもらえればそこにメテ財団から資金を投入することによって継続的な給付金を各国に入金できるわけです。

 

給付金と言い方が分かりやすいのですが プログラム的に言えば スタンバイ LC のプログラムに参加していただければ資金が提供できるということになり これは 裏を返せば 給付金制度です。

 

これが世界給付金制度を作り上げるための国連 銀行 システムであり そこに参加していただける国家 政府を募集しているというだけで全ての国連 加盟国が参加しなければこちらから見れば ただ 損をしているだけだと言えます。

 

国連加盟国に対する案内している業務というのは非常に シンプルです この案件に参加していただければはじめ 着手金で100億ユーロを無償で寄付します。ということで 口座開設をすればプレゼントするという意味合いとあまり変わりません。

 

この口座の開設先は アフロ ユーラシア セントラルバンクということになりメテ財団 グループが行っている国連 銀行 システム となります。

 

アフロ ユーラシア セントラル バンクについては 銀行 情報を調べても見つからないということを言われますが これはインター バンキング 国際送金 システムに繋がっていますので 世界のどこの銀行にでも振り込みは可能です。

 

よって何度も言いますが これは 世界 給付金システムを構築するために新しく加盟国に銀行口座を開設してください という話であり 銀行口座を開設した国家 政府は100億ユーロをまず 寄付します。 そこからスタートしましょう という案内です。

 

このような解釈をしていただければ この案件は非常に理解できます。 それと 仲介者がこの寄付金に関して関与をして何かしたいということを計画する人はいますが これは NG です。

 

資金に関しては 紹介料としては 我々の事務手数料から一部 キャッシュバックはできるようにはしますが この案件で外国人の仲介者の方が直接関与してその国に影響を及ぼすことは100% 禁止です。

 

このようなルールで行っているということを理解した上で このことに話をしていただいても結構ですがブローカー ネットワークになるような話だったら初めから やめてください。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

Flag Counter