【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

世界 給付金システムについて詳細を解説する 世界で最も重要でエキサイト な案件である。

今世界はグレート リセットに向けて 着々と準備を進めているというのが現状になります。

 

このことは 国連 設立時に寄付された財源 SRP を活用し 世界 給付金システムを構築するというのが最も大きな目標の1つです。

 

SRP の資産というものは 本来はヨーロッパやアジア 王族 グループから寄付された財源であり これは日本の天皇家のものも 結構 含まれているとも言われています。

 

さて この SRP の資産を使った金融モデルというものは過去はいろいろとありました. フィリピンの中央銀行が関係した地雷 協定 から始まり そしてスイスの UBS などが関与したグリーンヒルトン 協定などもあります それ以外にも 世界銀行が関与していたり まだ 色々 バラバラ この資金に関して 条約とありましたので 第一次世界対戦のベルサイユ条約から始まり いくつかの条約の中で この SRP の資産というものが活用されていきました。

 

現在は この資産に関しては全て 米国財務省に登録しており 米国財務省が SRP の資産に対して国際為替手形を発行し その国際為替手形を米国国務省に登録をし UCC 3の担保設定によって 欧州のプライマリーバンクで資金を発行しそれを 世界の開発援助 プログラムに資金提供しています。

 

この業務を行っているのが メテ財団 ということになります。

 

つまり 筆者が所属するメテ財団 というのは 国連 銀行 システムを用いた世界 給付金システムを実現するための新しい組織であるということを認識してください。

つまり 国連加盟国に対して100億ユーロの寄付金を出しますということで 本 ブログでは情報を出しておりますが なぜそのようなことを行うのでしょうか。

 

新しく作った国連 銀行 システムですから皆さん なかなか認識はありません。 旧来から関係していた組織ではなく全く新しく作ったというのは 旧来のしがらみとの関係が全く 切り離して行っている案件だからです。

 

つまり 我々が行っている財団の名称は新しいので 多くの方は全く理解はしてくれておりませんが かつての 世界銀行 IMF から 始まり 世界の名だたる金融機関などが関与してきた SRP の資産を扱う世界の銀行 システムの頂点であると言えます。

 

とは言っても メジャーではないので まだ 皆さんは 理解できず そんなものはあるのか 、などとよく聞かれますが それを知ってもらうにはどうすれば良いかというのは結論として、 これはアメリカ合衆国政府と共に行っている国連を世界連邦に押し上げるための ニューワールドオーダー新世界秩序と言われているプログラムの一環であると言えます。

 

つまり  世界連邦をまとめるにはそれぞれの国が貧困問題の解決 産業を育成することによって環境整備を行っていくということが重要なポイントになっています 。

また 教育や社会福祉 そしてその他医療に関してまでも 幅広い分野に対してサポートをしていくという決定事項があります。

 

それを行うには国連加盟国の国家 政府がこの仕組みを理解し この資金を投入するための銀行口座を開設してもらわなければいけません。

 

つまり 給付金制度を作り上げるには 給付金を振り込む 先がなければ このような仕組みはできませんので 加盟すれば100億ユーロの寄付金を出しますということで 専用の口座を開設するということになります。

 

その口座に関しては メテ財団 グループが管理しているアフロ ユーラシア セントラル バンク これはユナイテッドネーションバンキングシステムと言われている国連 銀行 システムの中の 国際送金 システムであるインター バンキングシステムと仕組みは繋がっておりますので 世界のどこの銀行にも送金できる仕組みとなっております。

 

このような 銀行口座を開設をし そしてそこに資金を投入する そしてその資金をベースに 各国の中央銀行に資金を一部 投入をしそれを 特別会計としてのファンド と持ち スタンバイ LC のプログラムによって継続的な開発援助 プログラムの名目で資金提供を受ける仕組みになりますので これが世界 給付金システムのベースとなるわけです。

 

それを案内するという業務を当方が行っているわけです。

 

この案件に関心を持ってる方から色々問い合わせは来るのですが 支援をするということも重要ですが それよりも 世界 給付金システムを構築することが重要でありプロジェクトに関しては その次の話だと言えます。

 

つまり 国連加盟国に対して2030年に世界連邦としての仕組みを作り上げたいんですからそれまでに国連加盟国 すべての国家 政府に加盟してもらい給付金を振り込むための口座を作ってほしいというのが我々の考えです。

 

それは加盟国の国家元首 である 大統領 もしくは首相が我々の財団と契約を結べば 我々の財団が責任を持って資金を投入するためのウォレット 銀行口座を開設します。

 

100億ユーロを投入してその資金をインターネットにおけるネットバンキングにより支払いできる仕組みを構築していますのでそれで資金をうまく決済していただければ結構です。

 

最近はこの時期について 結構インターネットでも私も書いております。

また様々の方を経由して情報が広がっているということもありますですから皆さんは 理解はしてきているのですが間違った方向性で話されては困ります。

 

ですから必ず国家 政府などに話をする方は 直接 私から レクチャーを受けてください。

 

もし間違ったら方向性で活動されてるようでしたら完全に我々としては排除せざる得ません。

 

つまり 明確な目的と目標とそしてこれから作り上げる 世界の給付金システムというものがありますのでそれを実現することが全ての目標です 給付金をどのようにして儲けるかなどという話はこれは二の次です。

 

つまり この件に関わろうと考えている人はまずは 案内をすることによって我々の事務 経費としてのコストありますからそういうところで資金が動いた後に請求することはできます。

 

一部 そのような 謝礼 も支払うことはできますが これは我々と協力体制を組んで行った人のみです。

勝手に話をされてる方には全く 我々は協力はしません。

 

最近は東京を中心に この前も 永田町界隈でも結構話題になってきているという話もあります 。

 

当然 国家 政府に関係しているわけですし 各国の国家現象にアプローチしているわけですから これは 世界最大の ODA

 

日本の外務省や アメリカ合衆国が行っている USA ID や MCC などよりもずっと 規模が大きい プロジェクトです。

 

国際支援業務などを行っている方にとっては非常に魅力的な案件ではございますが まずは我々は目指さなければいけないのは 今 目の前の現金だけの話 というわけではなく世界 給付金システムを作り上げるというのが これが我々の目標であって国家プロジェクトは スタンバイ LC のプログラムで継続的に行うわけです。

 

そこに入り込めればいいだけの話です だから今 100億ユーロからどうって手をつけて金儲けしようかなんて考えてる人は初めから近づかないでください。

 

ということで 我々が行っているプロジェクト というのは 2030年 国連が世界連邦にけて ランクアップできるように国連 銀行 システムを構築しているメテ財団 グループが 世界 給付金システムを実現するための口座開設及び継続的資金提供ができる仕組みを各国に提供するプロジェクトを行っているということになります。

 

これが世界的ベーシックインカムを作り上げることも可能となる モデルなんです。

 

つまり 世界の貧困問題の解決などと 今 言われていますが我々が行っているモデルというのが これが世界を大きく 底上げすることができることであり、 各国の国家 政府が抱えている問題というのは 中央銀行と政府の国債という問題があります。

 

この問題も借金問題は国民の税金から回収するとなれば 国民生活は苦しくなるだけですから はっきり言って現実的ではありません。

 

そういうためにあるのが我々の仕組み SRP からの資金提供の仕組みです SRP からの資金提供 というのはこの問題 各国の政府が抱えてい る債務の問題に対してサポートをする。

 

簡単に言えば誰かが債務を引き受けなければ借金問題は解決しません。

 

その問題を解決するために我々の組織 SRP すなわち国連 銀行 システムというものが存在しているわけです。

 

ですから 目標は2つ 大きくあります。

 

これは 各国が抱えている債務の問題 これを解決するためというのともう一つは貧困問題の解決ということで 最低限の生活が保証できる環境 また教育や そして 社会保障 医療に関してまで 平等に受けられる世界を構築するということが基本になり それぞれの国家のインフラ レベルの向上や仕事をする場を提供するということで 産業に対する支援や研究開発などに支援をするなどと 幅広い 資金の活用方法はあります。

 

ただ夢話のような話を作っていてもしょうがないので、 まずは 各国の国家 政府の国家元首がこの仕組みを理解をし給付金を受けるための銀行口座を開設するために我々の財団と契約を結んでもらうことが重要です。

 

そうすればその後に お金の準備はこちらがしますので 後の問題はそれぞれの国が発展するためのプロジェクトを考えれば良いだけです。

 

そのようなことを今我々としては行っているということになります 。

 

メテ財団のアンバサダーの連絡先 これ私の連絡先ですけども メテ財団のホームページのコンタクトのところに 私の携帯電話番号を書いてます。そこから連絡いただいても結構です。

 

もしくはこのブログに書いている 連絡先からでも直通になります 。必ずこの案件で活動される方は事前に私と連絡を取ってください。

 

よろしくお願いいたします。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

 

 

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。