【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

最近は 永田町界隈でもメジャーになってきた

 

【MSA総合研究所】実話!巨額資金の謎*秘密結社的『八咫烏』| 企業育成資金(償還金)はまだ受けるな! 業界のすべてがわかるブログ|TEL 03-6820-0086(直通:AM10-PM8)

 

 

昨日とある方から連絡があり 、メテ財団の案件が最近は 永田町界隈でも話題を呼んでいるよ という話を伺いました。

 

確かにこれは 国家 政府に対する影響を与える ビッグプロジェクトでありますし 2030年に国連を世界連邦に格上げをし世界 給付金システムを作るという 壮大な計画を行っているので 永田町界隈は関心を持っていただけるのは十分に理解できます。

 

これは私どものメテ財団 グループが行っている案件ではありますが やはりアメリカ合衆国財務省が管理している資産でもありますし また同時に国連 設立時にアジア 王族 グループから寄付された財源でもありますので 国連 アメリカ合衆国 そして世界連邦へ向けての動き つまり これは ニューワールドオーダー新世界秩序の世界と言えます。

 

そのような話をすれば 都市伝説 業界から言うと あなたは信じますか の世界ですが現実に 信じますか の仕事が行われています。

 

実はどこの誰が何を行っているかわからないのが 都市伝説ですが我々の場合はきちんと 法人が登記されており しかもアメリカ合衆国財務省 資産として登録しかも 米国国務省によっても全て 担保設定で登録されているオフィシャルな世界の話ですから 都市伝説ではございません。

 

つまり、この給付金システムというものは世界連邦に向けての世界 給付金システムを実現するための仕組みであり この仕組みを理解することによって世界はベーシックインカムへの世界へ突入することができます。

 

今色々な政治団体MMT 理論などを言って 通貨システム改革すれば ベーシックインカムが可能だというような主張されていますが そんな必要 全くございません 。すでに SRP はそれを実現するだけの財源を持っているわけですから そのことについて知らないので 何らかの 姑息な作戦を考え 通貨をいくらでも発行できるなどと話をしておりますが そんな必要は何もありません 。

 

すでに SRP はこれを実現するための財源と仕組みを全て持っています。

 

つまり もうすでに世界は完全に SRP における世界 給付金システムにおけるベーシックインカムの世界へ突入する時代へ向かっているということになり ます。

 

MMT 理論などのそういう風な手法は全く必要なく通貨システムを変えることなく 現状の流れで完全に仕組みが実現できると言えます。

 

日本も、この仕組みにうまく移行することができれば日本は政府の借金問題も問題ではなくなり そして国民は安定した生活が可能になり新しい通貨制度 新しい資本主義が現実 リアルに可能になるわけです。

 

これは政治の呼びかけ だけではなく リアリティに存在する ゴールドアセットにおける SRP の資産 すなわち 日本では天皇の金塊 そして世界ではアジア ヨーロッパの王族 グループからの寄付 財源 SRP によるものです。

 

そのようなことが理解できれば皆様はこの世界が今後どのような方向に向かっていくか理解できます 。

 

現在 財団が行っていること というのはこの世界 給付システムを構築するためにアフロ ユーラシア セントラル バンクの中に 各国の口座を開設するということを目標にしているわけです 銀行口座がなければ資金も提供することはできません。

 

これは通常の銀行として行うのではなく 国連 銀行 システム つまり ユナイテッドネーションバンキングシステムと言われる仕組みをメテ財団 グループが行っているということになります。

 

つまり 世界の国連加盟国 約200カ国の国家元首がこの仕組みに加盟をしていただき 口座を開設していただければ 世界 給付金システムは完成するわけです。

 

そうすることによって 各国の国民は安定した生活を営むことができ 常に外貨準備高 で不足することはなく 各国は世界が、開かれた 自由貿易が可能となります。

 

このようなことが理解ができれば私どもが行っている メテ財団 グループが 行う 世界 給付金システム 、すなわち国連 銀行 システムである 仕組みが世界を救済する仕組みになるということが理解できると思います。

 

現在 永田町界隈でも話題になっているということを聞き 日本の国を動かすリーダー もこの仕組みをきちんと理解することによって新しい資本主義 新しい経済システムというものが構築できるということが理解できるでしょう。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

Flag Counter