【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

今 国連 と SRP の資産が目指す世界 給付金システムの構築について説明する.

現在 メテ財団が行っている案件で世界給付金システムの構築というものがあります。

世界 給付金システムの構築というのはこれは 頂点になるのが SRP と言われる ソブリン ロイヤル ポートフォリオ 国連 設立時にアジア 王族 グループから寄付されたゴールドの財源があります その財源を用いて世界の全ての国に給付金を提供する プラットフォームを作ろうとしています。

これは国連における銀行 システムということになります。

現在 メテ財団 グループでは国連 設立時に寄付された SRP の財源を用い 世界 給付金システムを構築するために各国に加盟国を補修しています。

資金はすべてメテ財団がマネージメントは しますが SRP の資産から資金提供 ということになり この資金は1341万トンのゴールドに裏付けされその資産に関しては 米国財務省に登録されている資産として資金が作り出されています。

このようなゴールドを用いて資金の作る方法というのは 米国国務省UCC の担保設定の登録を行い ヨーロッパのプライマリーバンクによって ユーロを発行し その資金を世界の国家 政府に対して分配するということを行っています。

 

つまり この分配システムを実現するには 加盟国に資金を投入するための口座を開設してもらわなければいけないので 現在 加盟国を募集し そして 口座を開設してもらっています。

 

世界 給付金システムの加盟国になれば もれなく100億ユーロを SRP から 寄付するということになります。

 

その作業としては専用のウォレット口座を開設しますので そこに資金を投入します。

 

それが メテ財団が管理する中央銀行 システムである アフロ ユーラシア セントラル バンクのウォレットに 各国の専用口座を開設します。

 

このアフロ ユーラシア セントラル バンクの専用 ウォレットは世界の銀行 送金システムであるインター バンキングシステムと接続しておりますので 世界のどこの国の銀行に送金をすることができます。

 

つまり SRP からの資金を提供するための各国の専用 ウォレットを開設してもらうということが目的で それに対して加盟国を募集しているということになります。

 

これを完成させるということは 国連を中心とした SRP の財源を用いた世界 給付金システムを完成させることです。

 

2030年 国連は 世界連邦としての格上げを考えており その際には国連を中心とした世界 給付金システムによる貧困問題 撲滅 や生活水準向上させるためのインフラ そして 産業を生み出す 支援事業が活発的に行われることになります。

 

SRP の資産に関しては 1944年の ブレトンウッズ会議 の際に 世界銀行 IMF を設立し 戦後復興における 荒廃した都市を復興させるのと同時に 世界の貧困問題を解決させるということが大きな目標でした。

 

それがまだ完成していないということもあり SRP自身が 独自のシステムを用い 積極的に国連とともに 世界 給付金システムを構築することになりました。

 

これは2050年までに世界の貧困問題などの大きな問題を解決してしまうというのが 今行われているプロジェクトです。

 

今、何を行っているのかと言うと 世界 給付金システムを構築させるための作業を行っています 。

 

これを2030年までに完成を させ、 2030年の時点で国連は 世界連邦としての格上げを行い 安全保障 面や経済 そして 法律 その他、社会システムを統一化させることにより安定した国際情勢 及び自由貿易協定が確立できるような社会を構築します。

 

実際に言うと そのようなプランというのは 2010年前後から考えられプラン 自身はもう10年以上前から計画が練られていたことになります。

 

筆者もそのような 国連 関係の書類を今 数百ページあるものを 英文を読み漁っておりますが ずいぶんと行うべきことについて理解をしてきました。

 

今 筆者が話している内容というのは筆者が考えた話ではありません 。

 

これは全て国連の計画の中に書いている SRP の資産の活用方法ということでの話をしています。

 

 SRP の資産をどのようにして表に出すか ということが大きな課題でもありました。

 

これは1341万トンのゴールドに裏付けられ、 そして何を隠そう 中央銀行連邦準備制度 が持っている ゴールドというのは 17万1000トンと言われており SRP のゴールドは圧倒的な量であり 世界経済を動かす 権力があると言えます。

 

つまり 国連 設立時にアジア 王族 グループによって 寄付されたゴールドの財源というものは この SRP の管理チームによって 今後 国連を中心とした世界連邦への格上げ そして世界給付金システムを各国 加盟国と構築することによって世界の貧困問題 やそして生活水準の向上 全て国家に対する安全また平等 を目指し法の上の平等を実現するということが これからの大きな課題になり 2050年までにそのことを成し遂げるというビッグプロジェクトとして遂行されています。

 

このことで 各国政府と話を進めようと考えている方は、必ず直接 筆者と連絡取ってください 筆者はメテ財団 グループの公式 アンバサダーです。

間違った情報 伝えたり 嘘の情報を伝えたりすると IPC 国際警察機構からその人はブラックリストとして完全に世界の金融業界から排除されます。

ですから、 正しい内容での活動をすることが重要です。これは本ブログを通じて情報は 開示しておりますが詳細について打ち合わせは電話会議 もしくはウェブ会議で行いますのでご連絡ください。

連絡先の電話番号はメテ 財団式ホームページのコンタクトのページに日本代表のところに携帯電話番号書いてます。 そこから電話くれても結構ですし。

MSA 総合研究所の連絡先でもダイレクトに繋がります。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

 

 

Flag Counter