【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

国連 銀行 システムによる世界 給付金システムとゴールドバックにおける通貨 システムはこれから世界の支流となる。

【MSA総合研究所】実話!巨額資金の謎*秘密結社的『八咫烏』| 企業育成資金(償還金)はまだ受けるな! 業界のすべてがわかるブログ|TEL 03-6820-0086(直通:AM10-PM8)

 

 

 

現在 メテ財団 グループが行っている国連加盟国に対して1カ国 1回だけ 100億ユーロの寄付という案件があります その案件について説明をしております。

 

これは 世界 給付金システムを構築するための案件であるということを 本 ブログでは説明しております。

 

世界 給付金システムというものはどういうことかと言うとメテ財団が取り扱っている資産というものは SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオ と言われる 1944年 ブレトンウッズ会議の際に国連が設立され 世界銀行 IMF などの 戦後復興をさせるための銀行が開設されました その時 アジア 相続 グループから寄付された財源があります その財源が SRP と呼ばれ その資産を使った国連 銀行 システムを構築しているのが 現在その業務を引き受けて行っているのが メテ 財団 ということになります。

 

メテ財団が行っている業務というのはこれは 国連 銀行 システムを構築する仕事ということになります Meteという名称は 英語で言えば分配するという意味になりますので 分配をするための財団 という意味になります。

 

これは世界給付金システムを国連を中心として作り上げるために構築されたプログラムであると言えます。

 

国連自身は直接銀行ではありませんので そのためにメテ財団が国連に変わり 国連 銀行 システムとし SRP の財源を用いて世界に資金を分配する作業 つまり 世界 給付金システムを構築する業務を行っております。

 

その仕組みを構築するには 頂点として 国連 銀行が存在し 国連加盟国が全て 加盟していただければ 国連 銀行に当たる メテ財団の資金分配システムより 加盟国の各国の ウォレットに資金を投入していきます。

 

つまり 現在何を行っているかというのは 世界 給付金システムを行うために加盟国を募集しその加盟国に資金を投入するための銀行口座を開設してもらっているというのが現状になります。

 

その銀行口座 というものは 通常の銀行ではなくメテ財団 グループが管理している中央銀行 システムである アフロ ユーラシア セントラルバンクという 唯一の銀行 システムに加盟国 専用のウォレット すなわち 口座を開設いただき そこに資金を100億ユーロ 提供することになります。 そして提供された資金に関しては インターネットバンキングにおいて世界のどこの銀行でも資金が振り込める仕組みになっております。

 

つまり 現在行っていることは世界給付金システムを構築するために各国に銀行口座を開設してもらうということで 加盟国を募集しているということになります。

 

その銀行口座 というものは 通常の銀行 ではありません 。これはメテ財団が独自の中央銀行を持っています それが アフロ ユーラシア セントラル バンク と言いますが そのアフロ ユーラシア セントラル バンクの中に 各国の専用のウォレット つまり 銀行口座を開設してもらいます。

 

そしてそのアフロ ユーラシア セントラル バンクの銀行口座を経由し資金は世界の国々 加盟国に資金が投入される仕組みになっています。

 

よく質問の中でアフロ ユーラシア セントラルバンクというのは インターネットで調べても出てこないなどと言われますが これはメテ財団が 6時の金融システムによって作っている セントラル バンクの仕組み だと言えます。

この仕組みは 銀行 ネットワークにおけるインター バンキングシステムと接続しており 世界のどこの銀行とも銀行 ネットワークを使い 支払いはできますので 取り扱いに関しては 特に問題はありません。

 

これが現在における国連 銀行 システムの形ということになります。

 

ですから メテ 財団 グループとしては100億ユーロを提供するから世界 給付金システムの仲間入りしませんか という誘いをしているというのが 今の現状となります。

 

この100億ユーロに関しては返済不要の資金となります。

 

またこの100億ユーロを使って次のスタンバイ LC のプログラムも参加できます。

 

つまり 現在 SRP の資産を使った開発援助 プログラムというものは大まかに分けて 国連加盟国がメテ財団に加盟することによって世界給付金システムから資金提供を受ける プログラムがスタートできます。

 

それはアフロ ユーラシア セントラル バンクに口座を開設し そこに資金が投入されます その次に行うのは スタンバイ LC のプログラム となり スタンバイ LC のプログラムは 各国の中央銀行などに資金の一部を 特別会計とし ファンドを作り その資金によって スタンバイ LC のプログラムに参加します。

 

そうすることにより 13ヶ月 ブロックをし 3倍 LC を発行すればスタンバイ LC の発行金額と同等 金額が1年間で12分割され資金が提供されます。

 

まさにこれは毎月 資金が入ってくる 給付金システムになるわけです。

 

このような 給付金システムを構築をすることが 国連 銀行 システムとしての目標であり これが国連を中心とした世界 給付金システムの仕組みと言えます。

 

2030年 国連は 世界連邦として 格上げをするという計画もあり 今世の中は大きく それに向けて変わりつつあるとも言われています。

 

グレート リセットという言葉がスイスのダボス会議で話題に上がったということが有名な話ではありますが グレート リセットというのは 信用創造における世界から金が裏付けになる 通過システム ゴールドバッグにおけるマネタリー システムがスタートするという意味が込められています。

 

つまり 現在は 各国の法定通貨や 仮想通貨など通貨と呼ばれるものが いろいろ出てきており その裏付けが本当にあるのか その資金が本当に大丈夫なのか というのが混乱しているとも言えます。

 

ですから 今後 考えられること というのは 通貨の裏付けはゴールドであると決めてしまえば色々な名称の通貨であったとしても どれだけのゴールドの担保力がその通貨を保全しているのかということで その通貨の価値が決まるわけです。

 

現物担保による通貨の価値を決めるというものは一番フェアではないかと考えられているわけです。

 

 金をベースにした通貨発行システムというのが 今後 世界の主流になるというのが一般的で現実問題 SRP が提供してきた資金というのは歴史的には非常に長いのですが これらは全てゴールドバックにおける資金が提供されてきたと言えます。

 

実は SRP が提供する資金というのが 元祖 ゴールドバックにおける資金ということになり 逆に言えば 世界の通貨 市場が SRP が行っている仕組みに追従する形で ゴールドバックの通過システムを導入するということを言い始めているだけです。

 

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

Flag Counter