【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

SRPが目指すことは、まさにJKFの夢の実現(メテ財団)

現在、SRPの資産を用いて、設立されたメテ財団で業務を行っていますが、SRPのについての歴史について調べれば、非常に歴史も長くまさに、人類の銀行システムの基礎を作ってきた組織であるということが理解できます。

 

つまり、通貨の世界は、時代を超えて、3000年の歴史があり、世界の銀行システムを構築してきたことになります。SRPは、18世紀以降は、表舞台で直接銀行業務を行うことはなくなっており、中央銀行システムに対してゴールドの担保を貸出す、元締めとして業務を行っており、実際には、各国中央銀行に対しては、ロスチャイルド家などの銀行家がSRPのゴールド資産をサブリースする形で各国中央銀行へのゴールド裏付けの貸出を行いその金利を稼いできたという歴史が有り、SRPとのビジネスの関係で大きく成長したということです。

 

SRPは、古くは、紀元前960年頃のソロモン王まで遡り、イスラム王国の最盛期といえる時代に集めた資産をもって、その末裔たちが、東へ東へ移動して、インドネシアにたどり着き、インドネシアで3000年近く拠点を作ってきたということです。

 

250ページに及ぶ英文で書かれたSRPに付いての説明文を読んでいて、「いや、これ実はすごいことを書いているぞ」と好奇心を持って、読破しました。いろいろ伝説的な王や、国家のリーダーがアジア、中東、欧州で生まれていますが、その歴史的人物のさまざまな資産についても、SRPが関係しているということを知り、やはり、ゴールドアセットが、1341万トンも米国財務省に登録している。世界に8000箇所の地下金庫、地下壕に保管されているということを記載していた歴史の凄さには関心します。

 

ある意味、漫画のような話ですが、これが世界の銀行システムにおける中央銀行の中の本当の中央銀行システムとしてのゴールドアセットであるということがよく理解できました。

 

SRPについては、世界の128の王族グループによる親戚関係による資産管理システムを構築しているということで、1928年以降、世界計画より、国連、IMF,世界銀行、BIS、などの世界連合による通貨システム構築のプロジェクトが推進されたと言えます。

 

ただ、SRPについて言えば、大きな転換期になったが、1963年のグリーンヒルトン協定の締結後、に始まった不可解な出来事が、本来SRPが求めている世界とは違う方向性に向かっていったということを解説文では説明しています。

 

これは、1955年 バンドン会議におけるアジア、アフリカの経済支援を行う協定における決定事項を実現するために、当時のSRPの資金管理者M1であるスカルノ大統領と米国大統領JFKとの話し合いでSRPは14万トンのゴールドを提供をして米国政府通貨の発行を支援するはずでした。しかし、歴的な悲劇である事件が起こり、米国政府通貨を発行する大統領令は、実現されることなく、その後、世界は、信用創造の時代へ転換していきます。SRPとしては、このことをハイジャックされた銀行システムということを説明していますが、そのような混乱が有り、金本位制度から信用創造への時代へ転換していきました。つまり、新興勢力による信用創造、つまり、債務による経済を作る仕組みが推進されました。現在、約3000兆ドル以上の残債があり、世界経済は、その債務問題をどのように解決すれば良いのかという解決方法がないままになっていると説明していました。その問題を解決するために、SRPとしては、各国国家政府が抱えている債務問題を解決するということを決定し、加盟国に対しては、まずは、100億ユーロの寄付を行い、その後も、寄付や政府国債を購入しながら軽税援助する仕組みを提供することいなり、現在、SRPの資産を使うメテ財団がその業務を起こっています。

実は、本来は、このプログラムは、1963年にグリーンヒルトン協定が締結をして、JFK大統領が行う予定のプロジェクトでしたが、残念ながらそれが実現できていませんので、あれから60年の歳月が過ぎて、現在になり。そのプロジェクトをベースに業務を行っているのは、メテ財団の各国国家政府に対する100億ユーロの寄付。その後の政府国債を購入支援などの世界給付金システムの構築ということになります。

 

つまり、1955年のバンドン会議非同盟運動)による115カ国の国家政府に対する支援業務もグリーンヒルトン協定以降、実現しないままになっています。現在は、非同盟運動(NAM)は、グローバルサウスと言われ、世界経済にも大きな影響を与えるようになってきました。つまり、JFKが行おうとしていたことをSRPは、直接自らメテ財団を設立をして、2020年から業務をスタートさせています。資金の提供も、2022年からスタートしており各国政府支援をスタートさせています。

 

まずは、非同盟運動(NAM)の加盟国(グローバルサウス)への支援を優先的に行うということで、現在メテ財団は活動しています。

これ、すごいドラマがあります。

このことが世界に広まれば、業務がスムーズに遂行できます。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。