【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

メテ財団が国連加盟国を支援する理由について解説しています。

SRP の資産を活用する メテ財団 グループがなぜ国連加盟国を支援しているのかということについて説明をしています。

 

国連加盟国を支援している一番の理由は SRP つまり 世界の王族 グループが1928年に計画した世界 計画が 基本となっているからです。

SRP が1928年に計画したことは これは SRP の資産を管理する M 1 つまり キングオブキングと言われている資産管理者を中心とした世界を作るという仕組みによって国連の仕組みが考え出されました。

 

前回のブログでも述べたように SRP の資産というものは ゴールドの資産であり 世界最大のゴールド 資産ということで世界128の王族 グループから寄付された財源とし 資産が保管されておりますが これはバチカン銀行 システムによって管理されています。

 

つまり 世界の中央銀行の全ての裏付けとなるゴールド 資産というものは バチカン銀行 システムにより 担保されており その資産を提供しているのが SRP ということになります。

 

世間一般的にはロスチャイルドなどが非常に有名ですが彼らも SRP の財源をサブリースする形で 世界の中央銀行に貸し付けるということで大きな収益を得て成功した一族ということになります。

 

つまり SRP というものが バチカン銀行 システムとしての 世界最大のゴールド 資産を管理しているということが世界の銀行 システムを作り上げており、 その管理者をM -1 とし世界システムを構築すると考えたのが これが 国連 および新世界秩序と言われている世界と言えます。

 

国連 IMF 世界銀行 国際司法裁判所 FRBBiS などの国際金融組織とその資金の流れる流通形態というものを形成したということが言えます。

 

つまり 国連加盟国をなぜ SRP の資産を用いて支援するのかというのは 国連 システム及び世界連邦システム つまり 世界経済を作るための給付金システムを SRP が考案しそれを実現するために活動していると言えます。

 

前のブログでも説明しましたが SRP の M 1 であったインドネシアスカルノ大統領にタクシー アメリカ合衆国大統領 JFK とともに世界の開発援助 プログラムを実施しようと 1963年のグリーンヒルトン 協定で協議され契約は結びましたが 例の残念な事件が起こりその後 そのことが実現できずに世界の開発援助 プログラムが思うように進まなかったという現実が SRP にあります。

 

その問題に対して 約60年の歳月が過ぎた 現在もう一度非同盟 運動諸国である国々に対して経済援助プログラムを実施するために 現在 新しくメテ 財団を設立をしめて 財団を中心とした経済援助プログラムを実施するということで新しく加盟国を募集しているというのが現在における SRP の業務となっております。

 

1963年当時は 非同盟 運動 諸国の115カ国を対象としておりましたが、 現在は 国連のルールを一部改正し 国連加盟国であるならば全ての国家 政府に対して経済的支援を行うというプログラムを実施しております。

 

なぜ国連加盟国を支援するのかということでよく質問をされますのでそのことについて回答はいたしておりますが SRP つまり 世界の王族 グループが1928年に世界 プログラムとして 新世界秩序を考え それを実現するために国連 世界銀行 IMF BiS FRB国際司法裁判所などの仕組みを考え それを 世界の経済開発プログラムに取り入れるということを行った過去の歴史があり、それを継続的に実現させるということを行っているのが SRP が行っている業務ということになります。

 

ただ SRP に関しても全てが計画通り行っているのかというと そうでもないこともありましたので、もう一度新しい組織として経済支援プログラムを実施するために 2020年にメテ財団を設立をし SRP 自らが国連加盟国を支援する仕組みを構築したというのが現在に至る 仕組みと言えます。

 

よって現在は国連加盟国に対してメテ財団は加盟国に対し 100億ユーロの寄付及び継続的な経済援助を行うプログラムを実施しています 。

 

それを行うために加盟国を募集しているというのが現在行っているプログラムということになります。

 

 

 

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。