【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

実は 償還金の世界というのは私が考えてきた 中国ビジネスの究極でした。

MSA 総合研究所です。

企業育成資金についての話には戻りますが 企業育成資金というものは これは本ブログでも最近は 説明しているように天皇に関係するところはありますが 本当の資金というものは基本的に 中国王朝のものです。

この話について深堀りしていることを説明しているのですが 結局は明治新政府になってからの財源というものはほとんどが 中国王朝のものということになるわけです。

 

そのような 噂は結構 日本国内でも流れていましたけども結局はそれは事実であり それらのことを結論として 全て 情報化されているわけです。

 

これは連邦制度における登録情報の中に この資産のオーナーに関する情報が登録されており 全てが特殊な 口座番号を持って その資産に関して登録されているというのが言えます。詳しく聞いていくと 第2次世界大戦が終わった後にこれらの情報というのは 国際決済銀行の担保 口座情報として登録されたのですがその資産というのは一体誰の資産ですか ということを調査して登録をしたということです。

 

つまり国際決済銀行に関する 略奪 金の問題ということが 結局は戦後 問題になりその問題に対してどのように解決するかということで個別に保証するということで全ての情報が登録されたというのが現状であります。

 

当然 日本におけるというのか 日本軍が大陸から持ち出した様々な資産がありますが そのことにも調査をされその元々の持ち主の情報が登録されたわけです。

 

日本における MSA に関する資金などとも言われていますが このような資産の多くは 中国王朝から日本が運んできたものが多く そのような資金というものを日本が借り受けているというような形になっているとも言えます。

 

つまり 日本の天皇というものには関係はするのですが ある意味 そういう点で 中国王朝と日本の天皇家というような関係の中で 日本の復興のために 財源を借りているということが言えます。

 

これが実際のことを言うと 償還金の裏付けとなる資産というわけになるわけですが このことは私自身も たまたま というのか色々 仕事 やっていくといろんな王族関係者とお付き合いが出てくるので情報を聞く わけです

 

筆者も始めは その話を聞いた時に 本当かなと思っていたのですが いろいろ 状況証拠を見ていくとこれは事実です。

 

最近はそのような方との接点が日本だけではなく外国の王族 グループの人とも付き合いがあるのでそういう人たちから色々情報を聞く わけです。

 

それで だんだん この世界が見えてくるわけです。

特に私自身は中国との関わりが非常にありますというのか 中国には 15年以上住んでいました 実は

そのために中国との関わりや中国と色々な人との繋がりはあるわけで 中国の国家を代表するようなファミリー とも 実は付き合いは結構あるんです。

そういう人たちも日本との関係の中にそういうものがあるようなことを 以前から聞かされていたのですが 本当かなと思っていたんです。

 

実は本当だったんですg,それを知って 私自身も長年 中国 研究を行っており 私自身も 東京の大学を出た後に上海の大学に留学をし そして 上海で会社を起業して長年 商売してきたわけですがその中で 中国研究ということで 中国の北京大学とかでも 教鞭を取ったことありますから ある意味 中国に対する関心と研究はずっとやっているわけです。

 

ただここ数年は特に この金融の世界というのに関心があってアメリカやヨーロッパ それぞれの地域の金融の歴史やこの歴史的資産と呼ばれている 金塊の話を相当 追いかけましたが 結論として分かったこと これほとんど 中国王朝のものということが分かり日本では天皇の金塊 などと言われていた話がありましたが 実は天皇家が中国王朝から借り受けてるものということで 日本の経済支援のために 償還金というものが継続されて行われたという事実が分かりやっぱりかというような感じになりました。

 

正直このことを言わないで生きること 自身が 私自身は問題だと思っています。

 

昔は日中国交回復が行われた 田中角栄日中国交正常化を行ったその目的やその裏側での話というのは色々ありますが このことが実は重要なポイントになると思うんです。

 

ある意味 日本の経済を裏で支えたのは特にあの時代の高度成長期の時代というのはこのような資金がよく使われましたのでそのことを考えると田中角栄は中国王朝の資産を使って償還金が行われ そしてそのような財源が日本の高度成長期に非常に活用したということが理解できていたと思うんです。

 

それであのように なんとか日中国交回復を行わなければいけない またその当時は日中友好協会などを立ち上げ 全国で交流会などを行ったというのは 裏はそのような背景があったのでしょう なぜ最近は盛り上がらないのかというのはこういうことが 皆さんの記憶から消えていってるからだと思います。

 

それと まだこの償還金と呼ばれている資金があまり動いていないというところが 逆に言えば 日本と中国との関係の中にあまり良くない関係になる結果を生んでいるのかと思います。

 

もう私自身は上海の大学を留学してぐらいですから中国に対する理解はある方だと思いますので 人間同士を見たら 中国がどうだこうだというよりも確かに政治の世界というのを見ればそれぞれの考え方 特に中国の場合は共産党ですから 難しさはあるのかも知りませんけども 私自身は中国のトップクラスの家族の人とも付き合いがありますから それを考えると 人間同士 見たら話してることそんな大差はないです。

 

私自身は 中国語はペラペラに話すことはできますんで まあ それは15年間も中国で自分で商売してましたから語学はできます。

 

そのために言えることは 人間というのは言葉が深く理解できれば 日本人であろうと 中国人であろうと そんな大差はないわけですし ある意味 この日本の償還金と呼ばれている資金のバックアップしているのか 中国王朝のものであり 彼らによって日本経済が裏付けとして支えられたという事実は日本人としてはえそんな話なのと言いたくはなるかもしれませんが 現実 そうだったということがわかればもう少し 日中関係 考えた方がいいんじゃないですか と言いたくなります。

 

私自身は長年 中国で商売してましたんで 日本と中国との関係が悪化することは望んでいません。

これは私的な話なのかもしれませんが中国にも外資 法人を持っておりますし 香港にも法人を持っています まあ 当然 東京にも思っていますが そのような状況ですから 日本の今の政治 特に執行部 が言っていることは中国との関係は良くないのでどんどん 日本へ帰ってきて 日本で仕事をしてくださいということを伝えて企業に対して日本へ帰還命令を出しているところがありますが 確かに 中国も政策的にやりにくい部分は あるのは理解できています 私自身も 中国で長年商売やっているのでそのことはよく理解できています ただ 極端に嫌う必要がないのではないかということを今回のこの償還金のことを見て思いました それと同時に言いたいのは 育成資金の話で言うとこの王族の資金というのが 7月から始まりますが これも全て中国王朝のなんだかんだ言ってバックアップがあるんです。

 

ですから 確かに 制度的にはアメリカの監視下には ありますが この裏付け資産というものは誰のものですか といえば もともとは中国王朝に関係するものです そのようなものがあるから 成り立つわけで 日本は独自に何かを出してるわけではないのです。

 

ある意味 そういう点を考えれば日本はラッキーであって ありがたく 活用させていただきますということを言わなければいけないと思うのです。

 

ただ 教えないということだけで誤解を招いているのであれば これは日本としては非常に残念なことです。

 

対等な国家として国家同士の付き合いがして 友好的な関係を築くということが重要だと思うわけです。

またこの仕組みというのは本当 言うと理解しがたいところがあるのですが バックアップしている資産が中国王朝のものであり この仕組みを管理しているのがアメリカの連邦制度であり そしてそれで 恩恵を得ているのが 日本の企業の代表者であるということで この話はまとまっているのです。

 

そのことを理解しなければいけないというのは これは我々はこの業界に関わっているわけですから 非常に重要なポイントではありますし このポイントを外してこのことを行おうと思ってもまともな仕事ができるはず ありません 当たり前です 誰が何をしているのか 何も知らないわけですから 話の角度はずれるのは当たり前です。

 

なぜこのようなことが実現しているのかというとこれは 裏付けにいるのは日本の天皇家が中国王朝との関係があるので中国工場が日本を応援するということで資産をバックアップしているという現状があり この金融政策に対してアメリカの連邦制度が資金に運用などを支援しているというのが その結果 日本が財源を得る仕組みを持っている しかもこれは日本政府ではなく 民間です。

 

このことを理解しなければ 正直 この話は全く意味が分からないですし 逆に言うと きちんと教えていないところに問題があったのではないかと思うのです。

 

極秘に隠してきなければいけないという理由はあるのは理解はできますが我々の世代は正直言って チャンスがないと思ってる人たちが多いわけです そういう中で じゃあ どこにチャンスがあるんですかと言った時にこの仕組みをきちんと理解できていないところが正直な話一番残念なところでなぜ私はこの情報を公開しているか これは私たちは団塊ジュニア世代として チャンスが少ない世代だからです だからチャンスはここにあるんだということを多くの人に伝えているんです。

 

チャンスが多い世代に対しては別にこんな話しなくていいんです。

 

我々としては団塊ジュニア世代 つまり 我々の世代というのは基本的には失われた世代など言われているぐらいゴミのような扱いを受けているわけです。

 

つまり その問題をどのようにすれば解決ができるかということがずっと課題で研究してきたわけです では ここに問題が解決する手段があるというのが分かったのですがその本当の意味は何ですか というのが 誰もきちんと教えてくれないわけです。

 

私も長年研究してきて 考えてきたことは チャンスはどう考えても 日本国民だけ見ていてもないというのが分かっていますので 早く海外に行かなければと思い 海外で起業をして海外で事業を起こし 海外で色々見てきたわけです。

 

たまたま 2012年に衆議院選挙に出してもらい それで 日本に帰ってくる きっかけになったのですがこれは落選したので 衆議院選挙に受かったわけじゃないのですか その時に帰る機会を作ってくれたわけです。

 

 

逆に言うと 選挙に出るという話がなければ 上海から帰ってくることはなかったと思います。

 

それで 日本に帰ってきてからじゃあ 日本はどういう問題があるのか どのようにすれば日本にとって 我々の団塊世代はチャンスがあるのかというのを一生懸命 調べた結果 何か変わった制度があるぞ というのを見つけたわけです。

 

そのことを話を聞いていても はじめは何の話か全くわからないわけですただ 私の場合は 日本国内だけではなく 情報ネットワークは海外生活が人生のうちに 半分以上はありますから 海外のネットワーク 結構 持ってるわけです。

 

もし 日本国内だけで調べていれば この話は何もわからなかったでしょう。

たまたま 中国に15年ぐらい住んでいて外国でずっと放浪していましたので 色々な情報を聞く チャンスがあり 色々な人間関係を作りました。

 

日本に帰ってきてもこのことはよくわからないのでインターネットで毎日 こういうこと 書いているとみんなが情報を投げてくるわけです。

 

つまり私自身も 情報を集めるために情報を書いていますが 皆さんに情報を教えるためにも書いています そういう風にすると実は 情報というものは キャッチボールになり 情報が集まるのです。

 

それを集約してまとめて研究してそれを このブログで書いているのです。

お前はこんな情報公開していいのか などと言いたい人はいるようですが 関係ないです。

日本の国の法律には言論の自由というものがあり このことに関してはかなり アメリカでは公開されています。

つまり 日本だけが 閉鎖的な社会 で情報がクローズされているというだけであり 完全に違法なことを私もしません。

ただ知らないからということで 我々の世代が全てが終わりだというような雰囲気は作りたくないというのが これが自分自身の考えです。

 

つまり 周りが多少 何を言おうと関係ないと思っています なぜならば 私自身はもう15年以上海外で生活しており 感覚的には日本人ではないところがありますから多少日本で文句言われても関係なくなったら出て行ったらいいよと思ってますからそういうところで追い出されるという恐怖感はゼロです。

 

ですから そういう点で この話 タブー じゃないの と呼ばれそうですけども タブーでも何でもいいんです。

 

つまりはっきりしたことを言います これは我々の世代にとってめちゃくちゃ重要なチャンスになる話でありますが この資産っていうのは 中国王朝のものであり 日本の天皇家と中国王朝との関係があるので この資産は日本のために使われているというだけの話です。

つまり 天皇陛下との中国王朝との付き合い というものが実は 中国工場が日本のために この資産をバックアップしているということが 日本人が知らなければいけません これ知らないで この資金がどうだこうだと文句言うやつはダメです。

 

逆に言うと私自身はこのことがよくわかって それじゃあ私自身も 中国に長年貢献してきたことはあると思うのでしっかり使わせてもらいましょう と言いたいわけです。

 

中国王朝との関わりがあったわけではないのですが 王族 グループとは 最近なぜかわからないですけどもいくつかの国の方から連絡をいただくことがあり 面白い話を聞かされます。

 

いずれにしろ 彼らもそういう風なことを言いたいところがあるのでしょう。

確かに自分たちが この情報を握っていたからと言って喋らなかった悲しいものがあると思います。

 

ある意味 これの話がしっかり 分かってくると そんな話だったのかと言いたくなるわけです。

 

ですから私自身は中国で長年いたこともありますし 中国研究をして中国の北京大学のエグゼクティブ MBA でも 教鞭を取ったことあります。

つまり 結構気合入れてるわけです 中国に対する研究は。

個人的に言うとこのことわかったので これ 実は中国に対する研究の究極じゃないかと思ってるんです。

日本と中国との架け橋になるような仕事をしようかなと思って中国に渡ったわけ なのですがこんな話に最後なると思っていませんでしたが結論がこれは日本の天皇家と中国王朝との関係によってアメリカ合衆国の連邦制度が資金運用したものを日本の企業の代表者に対して資金を提供するという これ何とも言えない世界 ですよね 日本 の 王朝 日本の天皇家 そして アメリカ大統領の予算管理局ですからこの関係 すごいですよ 考えてみてください。

 

 

その関係の中で 日本の企業の代表者の方に助成金 もらえるわけですから これすごくないですか。

 

その仕事に関わっているということはこれ めちゃくちゃいい仕事じゃないですか。

 

私自身は日本と中国との間で 何か ためになることをしようと思って 中国研究を行ってそういうことを 中国 ビジネスの研究ということでいろいろ話をしていると 北京大学のエグゼクティブ MBA に召喚をされて 教鞭をとることになったわけです。

そういう経緯があったりしますので 私自身は中国 ビジネスに対してはかなり興味を持って一生懸命 研究してきた方だと思いますので 今 このことがよくわかったので これ 究極です。

 

実は死ぬほどワクワクしています。

ということで 人生というものは全く思ってもいないところでこんな関係が出てくるとは思っていませんでした やはり 所詮人間の世界というのはどこかの世界で 全て繋がっているんですよね。

 

そのように思いますですから このことは私 気合い入れてやりたいと思います なぜかこの世界というのか 日本と中国との関係になる仕事というのが 私にとってのこれ 長年のテーマですから 日本の天皇家と 中国王朝との関係で行い しかもアメリカ大統領 予算管理局の管理によって 連邦制度によって送られてくる資金によって日本の企業の代表者を支援している この制度 すごい これ完璧です

 

単純に言えばそんな話です これ私にとって最高のビジネスモデルです なぜ死ぬ気で このことを調べたのかというのは 今になって分かりました ですから 自信を持っています これは私のライフワークとして行ってきたこの究極がここだったということを気づいて 自分でも驚きました。

 

ということで個人的には暑くなっていますが 周りはお前何言ってるんだ と言いたくなると思いますが そんなことは気にしないのでどんどん話していきたいと思います。

 

引き続き 言いたい放題言ってますがよろしくお願いします。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。