実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2021-05-26から1日間の記事一覧

日本の根幹にある問題を解決するのは、プロの育成資金コンサルタントの使命である。

日本の赤字国債の歴史を研究すれば、米国援助の育成資金との関係性が理解できます。 ***************** 日本では、財政法第4条「国の歳出は、公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない。」と、国債発行を原則禁止して…

プロの育成資金コンサルタントは、金融知識も必要であり、国家にとってのプライマリーバランスを健全化する使命がある。

企業育成資金は、米国から贈与金として、日本の基幹産業企業(東証一部の資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高5000億円企業の代表権者)に対して大型の資金提供をする案件になります。 さてこの案件は、表向きには、日本の工業の発展のためとい…

プロの育成資金コンサルタントを育成することで、正確な情報を伝えることで成約件数を増やすことができる。

プロの企業育成コンサルタント養成プログラムとして、本ブログ中心に情報を発信しています。 これは、結論としては、名刺7枚、会社便箋、会社案内2部、パスポートと通帳コピー、社用封筒があれば、申請できる非常に簡単な申請で東証一部の資本金100億円…

最高峰の案件には、高いレベルの知識量が企業育成コンサルタントとして、要求される

企業育成資金にける企業育成コンサルタントのビジネスは、日本で最も規模感のあるビジネスモデルであり、日米共同事業であるということは、国家レベルで最高峰のビジネスモデルであります。 最高峰のビジネスモデルが完成しているのですが、間違った一部の報…

面白い仕事は、必ず発展する。

企業育成資金についての「300人限定 プロ育成資金コンサルタントの養成プロジェクト」について、説明をすると、なぜ300人ということを言っているのかと言えば、このサイトの平均アクセス数が毎日300ビュー程度ありますので、このブログを積極的に読…