実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2022-02-20から1日間の記事一覧

日本のクライアント向けのプライベート プレイスメント プログラムについて

□日本のクライアント向けのプライベート プレイスメント プログラムについて PPPに参加するには、まずは、本人のパスポートのコピー(写真のあるページ)と日本のメガバンクの外貨預金の残高証明、その情報を提出いただければ、その後、英国のPPPプラットフ…

日本経済を底上げする社団「企業育成機構」と組織構成を考える

□日本経済を底上げする社団「企業育成機構」と組織構成を考える 日本経済の底上げをするために、国際金融からの資金調達方法について当ブログでは説明を続けています。もともとは、企業育成資金についての研究をして、企業育成資金を説明する人材育成とおも…

日本市場向けのソリューション

□日本市場向けのソリューション 日本向けのPPPに関して、第一段階では、MSA総研の欧州のファンドとしては、500M(ミリオン)ドル以上の資金を準備して、日本のクライアント様に対してPPPに参加できるためのクレジット・ラインの担保となる資金を用意する…

国際金融の世界を日本人が経験できる仕組みづくり

□国際金融の世界を日本人が経験できる仕組みづくり 都市伝説的に言われているPPPについてですが、MSA総研では、実際にこの仕組が存在するのか?ということを英国PPPプラットフォームの事業企画で行っています。 ブログで書くだけで、そんなものあるのか?と…