MSA資金を活用を望む声

MSA資金の話に興味を持ち、普及のために活動する方には色んな理由をもっている。

とある中小企業の経営者は、経営を立て直すための資金を調達したい。また、研究開発費が捻出できないので、資金を得るために仲介の仕事を始めた。また、企業以外でも、大学にとっても資金不足は、ひどいものということである。

筆者のしっている国立大学の研究室では、学校から1年間に支給される研究費は、3万円とか5万円とかというレベルであると教授が嘆いている。

資金調達をしたいとおもっても、研究内容が企業から見たらメリットのある応用分野での研究の場合、共同研究費などで資金を得ることができるが、そうでない分野では、研究室の維持のままならない現実が有るという。

 

MSA資金は、企業の代取に捻出される資金であるが、代取が、個人的に大学等に寄付をしたいという気持ちがあれば、寄付ができる。大学の研究費、教育現場は、経済的にかなり疲弊しているという現実が有る。

 

将来を担う若者の教育費がないことが、日本の科学技術の進歩を遅らせている。

MSA資金を経営者が必要だということで、この資金を活用し、教育機関に寄付することおすすめする。ある意味、MSA資金を活用できる立場である日本の重要企業の代取個人は、義務だとおもって、国民を代表してMSAの産業支援制度を活用し、資金を企業のため、国家のためにばらまいてほしいと願っている。しかし、この思いを理解できる経営者少ないことは非常に残念である。

個人でこんな資金を調達すれば、背任行為になるなどという人もいるが、個人の責任で行うことは背任行為にならない。この案件は、法的に整備もされている案件で、表彰される案件であることを知ってほしい。

老後の年金問題企業年金を管理している年金組合に大きく寄付をすれば、財源は十分確保もできる。社会福祉に関しても同様に言える。

すなわち、ある財源を活用しないで、個人では何もしたくないという経営者があまりにも増えたことが、結論、MSA資金の産業育成の案件が停滞してしまっている。まさに、これは、社会運動をおこさなければならいレベルに達しっていると筆者は思っている。

強制的とはいえないが、当番制でこの制度を活用するという国民の義務を与えるくらいの考えを持たなければ、この状況を打破できないと思っている。

 

今後も積極的にこの制度についての説明を継続していく強い意思を持っている。

MSA資金は、ある意味、金融制度をうまく活用した制度であるが、国家運営にとって重要な財源であることは今の変わっていない。