欧州における特殊運用の活用があるので実現できるMSAの案件

欧州における特殊運用、PPPについて前回のブログで記載しましたが、PPPという運用は、現在では非常に世界的に活用しやすい条件になってきています。

本来は、欧州の資本家の資本強化をおこなうために欧州の大手銀行と資格を得たトレーダーが行う資本家向けの金融投資案件でしたが、現在では、欧州以外の地域の資本家にもサービスを提供されているということです。

PPP運用の話を聞いたときにノーリスクで運用できる特殊投資案件であるということが言われていますが、その理由としては、国際的に信用が高い銀行(A+以上)は、銀行の残高証明(SWIFT MT799)の提示をすることで、運用案件に参加できる仕組みになっているとのことです。

1億ドル以上の資産証明を日本の信用度が高い銀行を使って証明することで、その残高にトレーダーが直接アクセスすることなく、運用できることで、安全運用になります。また、一定の収益は保証されていることで、安全に且つ、資金運用により資金調達することができることで、MSA資金の資金提供者側も安全にPPP運用より資金の回収ができます。

すなわち、世界経済が継続的に発展している理由は、世界の銀行家が特殊運用により資本家に資金をノーリスクで提供できる仕組みが欧州にあることで、資本主義経済の発展に寄与しています。

日本では、その制度について馴染みが薄いために、「汗水たらして働かないとお金もらえれない。」という概念が日本の資本主義経済の根本の発展を阻害しています。

世界の資本家は、特殊金融により大きく財源を常に安定的に獲得できる体制をもっています。

以前有る方が、欧州人はとくに必死に長時間働いている気配を感じないが、年間5%以上の経済発展を行っていることを不思議がる話をしていました。

すなわち、金融システムにより労働による実経済以外に金融による資金調達が相当なされていることが、欧州的資本主義社会を作り上げているのではないでしょうか?

MSAの活用ということは、欧州的な金融投資による資金調達をする資本主義経済を実現できる案件であるということが理解できれば、この案件の魅力が理解できるかと思います。

しかも、資金提供に関しては、通常1年半、16ヶ月のプログラムが終了すれば、再度、延長プログラムに参加することができます。最低1年半の期間をあければ再度申請できるという理由には、運用プログラムの期間も関係しています。

MSA資金の活用回数には、制限がありません。1年半以上の期間をあければ再度参加できます。