積極的政府対応になる本資金の動きー国民全員に資金補償をするには、この制度以外方法がない日本政府

流石に、今回のコロナショックにおける経済危機に対する対策費用の捻出に国も財源不足で困った状況になっています。

国債の発行をして、財源の確保にしていますが、ただ単にバラマキをしても帰ってくる見込みのない財源ですので、数年後、償還時期になったときに、増税をする以外方法がないでしょう。

アフターコロナは、完全に増税増税の苦しい状況になる可能性があります。そこで、借金を伴わない資金調達といえば、米国が日本に対して行っている経済支援政策(償還制度)を活用する以外ありません。

なぜ、日本の官僚が積極的にこの制度を活用しようとしないかと言えば、結論から言えば、この制度は、米国の提案で米国の最終決定権で行われている制度であるから、日本で使える財源ではあるが、日本の官僚のみで決定できる制度ではないというのが、どちらかと言えば、距離を置かれている案件になっています。

この資金を管理運営している組織も米国から委託された日本にある組織になりますので、償還制度を動かる場合に限り、税務、法務、通貨流通に関する手続きで、関係省庁、日銀などが動くだけで、普段は、その制度はあるが、積極的には、日本の関係省庁内でも積極的には、話されないというのが現実です。

しかし、今回のコロナショックで国民全員の生活保証、また、中小企業、大企業、また、学生の困窮対策など、際限なく資金が必要な状況になっているので、普段は、官僚も積極的に活用しようとしなかった、日米協定における償還制度、アメリカ主体で行っている日本向けの支援策を活用する以外、方法がなくなっているということで、官僚の上層部、日本政府の内部では、こちらの制度を動かし、財源確保をするという動になっています。

 

しかし、長年この制度について活用について否定的な動きがつよかったことで、民間側がついて来ていないというのが現状で、政府財源確保の対策に償還制度を活用したく考えているが、過去のつけというのか、民間がこの案件に近づかないという思想があり、政府側の意向と民間側の対応にギャップがでているのが、今の現状です。

さすがに、政府もこれでは困るということで、民間側がこの資金を使いやすくするために、民間側からの申し出があれば、政府としての説明を行う対応になっています。これは、異例のことです。

 

いずれにしろ、この制度がかつてないほど政府のバックアップをやる動きになっています。昭和の都市伝説の資金ですが、令和には、時代を超えて大きく動く時期なりました。このブログも結構できる限り、日々更新しておりますので、10万アクセスに近づいています。それだけ多くの方が関心を持っているのでしょう。

日々、新しい情報を提供していきます。