申請は無料です。

前回のブログは、本案件に申請する場合には、土曜日、日曜日の面談スタートが、申請作業をスムーズにできるという話を書きました。

 

今回は、本案件(企業育成資金)に申請するときに何らかの費用が発生するのか?という回答です。申請者は、申請料は無料です。申請者の口座に送金を行いますが、その際に、送金完了後に、資金の会計処理、振り分けがありますが、なにか金銭の要求を先にされることがありません。全くの無料で申請可能な資金です。

 

主催者側から見れば、申請条件を満たした企業経営者(東証一部、銀行、信用金庫の代表権者個人)が指定銀行に口座を作って頂き、送金を実行できれば、主催者側も動かせなかった資金が動かせるわけですから、主催者側から見てもメリットがあります。

 

この送金案件は、運用者は、直接、自らの銀行口座にいくらでも送金できる案件であるなら、第三者を募集することはありません。この送金は、条件を満たした第三者の口座を経由して送金する(WIRE CASH Transfer)と言われる運用益の送金、転送案件です。

 

今回の強調すべきことは、 申請料「無料!」 なにか、本案件を行うにあたり、主催者から先に金銭の要求さることは、一切ないです。 

 

目的は、主催者が運用している資金を送金したいので、送金先になる方(Receiver)を募集している案件であること。

 

MSA総合研究所では、本案件についての無料コンサルティングを行っています。詳しくは、電話、メールでお問い合わせください。