実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

真の日本を支える行動をしているのは、我々、企業育成機構の活動です。

日本全国にいる企業育成資金の友の会、企業育成機構ですが、この制度について深く理解することは、日本経済を奇跡の復興を遂げるための手段をもっています。企業育成資金というのは、FRBのPPP運用をベースに行われている資金提供モデルになります。すなわち、これは、借金を伴わない資金 CASH の提供をするモデルになります。

日本の政府の借金問題を考えたときに、なぜ、日本政府が火の車なのでしょうか?それは、政府の借金を国民の借金という表現をしていますが、銀行券は、民間銀行である中央銀行が発行しているために、政府の借金は、民間の借金とはならないといえます。ただ、政府は、税収の徴収する権限がありますので、政府の借金問題を解決するのは、最後の手段、増税以外方法がないことが言えます。

今、衆議院選挙をおこなっていますが、短期的な増税をしないという方針を打ち出していますが、長期的な増税は否定できないということになります。すなわち、このままの政策で政府が持ちこたえることができるかといえば、ある意味厳しい面があります。
確かに、デフォルトするという方法で借金帳消しということは、今の社会構造でできることはありません。

よって、この問題を是正するには、企業育成資金という制度、すなわち、FRBのPPPスキームを使って、借金を伴わない資金 CASHの資金を日本市場に入れる以外方法がありません。

そうすることで、借金でない資金が流通することで、そこから政府にも財源が確保することができます。資本主義経済は、誰が考えたか?それは、銀行家と資本家です。よって、銀行システムを理解して、資金を日本に導入する方法を考えない限り、日本の政府の財政の安定化はすることがありません。

よって、我々の活動の原点は、日本に借金を伴わない資金を日本に導入するための社会活動をおこなっているのです。
これを行うことで、日本の未来を作り上げることができます。すべては、銀行システムの仕組みの中で資本主義社会がなりなっています。すなわち
、そのルールの攻略法をしらなければ、経済大国としての勝ち組にならないということが言えます。

この話を馬鹿にしている人たちは、日本の国家を滅ぼす考えといえます。我々の活動は、水面下で日本を支える行動になります。


企業育成機構@MSA総合研究所より