【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

真の日本を支える行動をしているのは、我々、企業育成機構の活動です。

日本全国にいる企業育成資金の友の会、企業育成機構ですが、この制度について深く理解することは、日本経済を奇跡の復興を遂げるための手段をもっています。企業育成資金というのは、FRBのPPP運用をベースに行われている資金提供モデルになります。すなわち、これは、借金を伴わない資金 CASH の提供をするモデルになります。

日本の政府の借金問題を考えたときに、なぜ、日本政府が火の車なのでしょうか?それは、政府の借金を国民の借金という表現をしていますが、銀行券は、民間銀行である中央銀行が発行しているために、政府の借金は、民間の借金とはならないといえます。ただ、政府は、税収の徴収する権限がありますので、政府の借金問題を解決するのは、最後の手段、増税以外方法がないことが言えます。

今、衆議院選挙をおこなっていますが、短期的な増税をしないという方針を打ち出していますが、長期的な増税は否定できないということになります。すなわち、このままの政策で政府が持ちこたえることができるかといえば、ある意味厳しい面があります。
確かに、デフォルトするという方法で借金帳消しということは、今の社会構造でできることはありません。

よって、この問題を是正するには、企業育成資金という制度、すなわち、FRBのPPPスキームを使って、借金を伴わない資金 CASHの資金を日本市場に入れる以外方法がありません。

そうすることで、借金でない資金が流通することで、そこから政府にも財源が確保することができます。資本主義経済は、誰が考えたか?それは、銀行家と資本家です。よって、銀行システムを理解して、資金を日本に導入する方法を考えない限り、日本の政府の財政の安定化はすることがありません。

よって、我々の活動の原点は、日本に借金を伴わない資金を日本に導入するための社会活動をおこなっているのです。
これを行うことで、日本の未来を作り上げることができます。すべては、銀行システムの仕組みの中で資本主義社会がなりなっています。すなわち
、そのルールの攻略法をしらなければ、経済大国としての勝ち組にならないということが言えます。

この話を馬鹿にしている人たちは、日本の国家を滅ぼす考えといえます。我々の活動は、水面下で日本を支える行動になります。


企業育成機構@MSA総合研究所より

Flag Counter