実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金が新制度になり、一本化されて資金提供されています。この制度を行っている場所は、日本で一箇所だけです。

□企業育成資金が新制度になり、一本化されて資金提供されています。この制度を行っている場所は、日本で一箇所だけです。


企業育成資金は、今年の四月から完全に一本化され、新体制で始まっています。よって、企業育成資金といえば、戦後復興資金ということで、かつては話題になりましたが、今は完全に世界的に行われているPPP運用をベースに資金調達をする企業育成資金ということになっています。PPP運用については、何度も述べていますが、1930年台から存在しているものですから、歴史的には古くからある中央銀行に関係する運用システムになります。大企業の経営者に巨額な資金提供がなされるという話をすると、復興財源の話になりますので、その部分の話は、制度がかわったということで、終了ということを理解してください。

簡単に言えば、資金者という仮払いで資金を巨額に預かっていた資金の管理人制度が終了したということになります。これは、日本独自の制度でしたが、その制度ではなく、資金本部が直接行う特殊金融案件ということを理解してください。これは、価値をベースに生み出す信用創造による資金の生み出し方を用いた運用によって資金提供される案件になります。

そのことを理解すれば、この資金は、どこの資金か?といえば、これは、連邦準備制度に関係する連邦準備銀行が生み出している資金ということになります。
簡単に言えば、銀行のお金ですから、だれか、どこかの人がもっているお金ではありません。

この資金の属性については、なにも問題のない、銀行から出てきた資金ということになります。

そのことを知っていただくことが重要です。

東証一部 資本金100億円以上
■銀行
■信用金庫の預金高3000億円以上
■病院 350床以上、直近の決算書 資産の部合計700億円以上

上記の法人代表者様個人に企業育成資金を提供します。

 

企業育成機構 MSA総合研究所より