実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

企業育成機構及び MSA 総合研究所の行っている活動の価値についてご説明します。

企業育成資金の話について書いています。

 

私どもが行なっている企業育成機構及び MSA 総合研究所については現在はこの企業育成資金を取り扱う資金本部の広報活動部として仕事を行っております。

 

企業育成資金と言う大企業経営者に提供される案件については我々が随分詳しく説明してきました。

 

その甲斐もあって企業育成資金とはどういうものかということがこのことに興味を持っている人に随分伝わったと思います。

 

現在は企業育成資金の方は完全に一本化され企業育成資金の主催者である資金本部が一括で募集しております。

 

企業育成機構及び MSA 総合研究所は資金本部からの情報を受け取りそれを関係者に告知するという立場での作業を行っております。

 

インターネット上では一応の内容についてはご説明はしていますが案件ごとの詳細のことについてはこれは直接ミーティングを行って対応しております。

 

令和の所得倍増計画及び新しい資本主義社会ということを現政権ではテーマにしておりますがまさにそのことを支援するのが我々企業育成機構の活動ということになります。

 

結局日本の金融というものを考えた時に日本独自で解決できる問題はほぼないと言えます。

 

すなわち連邦準備制度を行っているアメリカとの協力関係を得てこの企業育成資金すなわち FRB のライセンスを持った PPP 運用から資金調達をするということをしなければ令和の所得倍増計画も、新しい資本主義社会も実現できないと言えます。

 

よって、私どもが行うことは政府としては中央銀行から借金をすることで資金を調達してそれを国民に分け与えることはできますが、その借金を支払うための税収を増やすという作業は、これは企業育成資金という通貨を発行する権限を使って民間が使う一般市場で資金を流通させることが一番大切な作業となります。

 

この支援事業を行っているのが、企業育成機構及び MSA 総合研究所だとご理解いただければ我々の仕事の価値を理解してもらえると思います。

 

企業育成機構 MSA 総合研究所より