実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

PPPプラットフォームの現場の声

□PPPプラットフォームの現場の声


さて、このブログは、世界一詳しくPPPについて説明しているブログになるかと思います。当然です。現場の声が聞こえる立場にいるからです。ということで、今年は、ドルの需要がかなりあるということです。世界的にコロナが長引き資金不足が起こっており、基軸通貨であるドルの調達をしようとする傾向が強くなり、ドル建てのPPPについては、非常にニーズが生まれているということです。

世界市場が厳しくなれば、PPPのクレジット・ラインのニーズが高まるわけです。特に基軸通貨ドルが必要になっているということです。やはり、世界情勢が悪いということは、通貨不安が増します。世界で最も安定的に貿易取引ができる通貨は、米ドルとなりますので、米ドルを調達して、貿易取引を行いたいという基軸通貨国以外の国は、そう考えるわけです。そうなれば、ドルのニーズが高まり、ドル建てでのクレジット・ラインが必要性が増します。そうなれば、プラットフォーム側でもクレジット・ライン(与信枠)を広げたいと考えるので、是非、PPPに参加してくださいということになります。これは、不景気なったり、世界情勢が悪化したとくに、特にニーズが増すのが、PPPということになります。
なぜ、日本市場に対して、MSA総合研究所と業務提携することになったか?理由は、世界情勢の悪化で、日本の資金は、ブロックファンドとしてSwift MT799が打てないとしても、こちら側で立て替えてでも、与信枠を増やしたいというクリーンマネーの残高のニーズがあるので、日本向けのサービスを考案しようということになったのです。すなわち、世界はクレジット・ラインの必要性、お金を生み出す必要性が増えています。



MSA総合研究所より