【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

グレートリセットの仕組みが理解するには、ゴールドクレジットという国際決済できる通貨システムを理解する必要がある。これが理解できれば、通貨システムの頂点で行われている仕事ということが理解できる。

グレートリセットの仕組みが理解するには、ゴールドクレジットという国際決済できる通貨システムを理解する必要がある。これが理解できれば、通貨システムの頂点で行われている仕事ということが理解できる。



最近のブログの内容は、筆者が公式メンバーのMeteについてと企業育成資金についての内容を混ぜて書くので、新しい制度ができたいのかと聞かれることがありますが、新しい制度ではなく、それぞれ違う制度でありますが、根本的な部分は、同じと言えます。

 

これは、歴史的資産といわれる300万トンのゴールド 65京ドルの資産を有する金準備銀行(非公開)のゴールドの担保力から生まれるゴールドクレジットを世界に分配するということは、一緒ですが、やり方とルールが少し違うだけです。

 

ハードカレンシーと、ソフトカレンシーについてここ数回のブログで説明しましたが、ハードカレンシーと言われる通貨は、ゴールドを担保にしたクレジットによって生まれた通貨ということになり、ソフトカレンシーは、ゴールドの裏付けのない通貨です。

 

ゴールドの裏付けのあるハードカレンシーは、流動性の高い資産(M1)ゴールドに担保された資金であるので、国際決済通貨として世界で流通する事ができるということになります。

 

ゴールドを担保設定した通貨は、米ドルという数字でゴールドクレジットは生まれますが、ゴールドクレジットをスワップすることで、別の通貨として交換することができます。それが、G7やユーロ圏の通貨で行われています。

 

新しい通貨の概念は、ゴールドを担保にした米ドルクレジットを使い、米国財務省国債を買い上げ、その米国財務省国債による通貨をMeteカレンシー(通貨)という名称で呼びますが、これは、これからの世界の基軸通貨となるデジタル通貨です。それは、基軸通貨の基本的条件は、ゴールドの裏付けのあるハードカレンシーであること。そして、巨大な国力と強大な軍事力を有しているということが基軸通貨に必要な条件ですから、米国債を通貨にしているMeteカレンシーは、米国政府通貨という言い方ができます。

 

これからの時代は、ハードカレンシーである米国債通貨であるMeteカレンシーが世界の現地通貨と固定レートでスワップ可能にすることにして、固定レートで自由にスワップすることで、世界の現地通貨がハードカレンシーと自由に交換ができ、そのことによって、自由で開かれた貿易決算のできる通貨が生まれるということになります。

 

この仕組で、第三世界発展途上国)への加盟国の手続きをするのが筆者の仕事であり、これは、世界規模でゴールドクレジットを有した新しいデジタル通貨としてのハードカレンシーを世界へ配布するということが今重要な仕事として行なっています。

 

この仕組は、唯一無二のデジタル通貨になります。これが、金準備銀行(非公開)のフロント企業であるMeteが行なっていることであります。

 

つまり、ブレトンウッズ体制から、最近までは、連邦準備制度などの中央銀行システムに対して、金準備銀行のゴールドクレジットを積極的に投入する仕組み(PPP)が行わてきましたが、ゴールドクレジットの使い方のルールが変わり、従来の中央銀行システムにおけるハードカレンシーを発行する通貨に対してのPPPの仕組みを構築によりゴールドクレジット(国際決済できる通貨)の配布をするより、今後は、このゴールドクレジットは、政府支援のために使われるという仕組みになり、米ドルのゴールドクレジットは、米国政府の国債を購入されて、米国国債が、ハードカレンシーの役目を果たすということになります。

 

この時代の変化が理解できますか?

 

つまり、これがグレートリセットということになります。






***************

□ MSA総合研究所 https://msa.tokyo/ □

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

※ 企業育成資金 正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある方)日本国籍のみ

5000億円先送り制度 申請受付中

※ 割引ゴールドローリング取引 PPP案件

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

※ 国連加盟国限定 国家政府の支援プログラム 加盟国募集 Meteプログラム 加盟国特典 100億ドル人道的支援ー返還不要資金のプログラムあり 国家政府のみ支援します。

**************

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。