実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

特殊国際金融の制度を理解する。

□特殊国際金融の制度を理解する。

 

 

企業育成資金の仕組みについて、長い間いろいろ研究しましたが、結論から言いまして、なぜ天皇家が関係しているのか?そして、米国との関係といわれていますが、これは、PPPトレーダーデスクから話を聞かなければ永遠と答えが出ませんでした。

 

結論を言えば、世界のロイヤルに対して、PPPができる特権を与えて、PPPをするための特別な口座(RMA:Relationship Management Application)を開設して、トレーダーバンクと直接トレードできる仕組みを構築しているからということになります。

 

 

PPPというのは、トレーダーバンクとPPPを行いたいクライアントの間をダイレクトに銀行間でつなぎ、トレードを行います。その取引は、FRBのライセンスをもったPPPトレーダーの名義がなければ、取引をすることが禁止されているために、PPPというのは、ライセンス制で行われている制度になります。

 

日本の償還制度では、償還制度によって資金調達として、ロイヤル特権により開設している口座を通じて、PPPのトレードを行い資金を生み出しているといえます。これは、完全に特殊国際金融の仕組みであります。筆者も、この資金についての説明を、いろんな方から伺いましたが、誰一人、確実な回答を言う人がいませんでした。よって、不思議な話でいまだ、巷で噂されている都市伝説としての話になっていますが、これは、Swift RMAの仕組みによって行われている制度です。ロイヤル特権におけるPPPトレードになりますので、これは、日本だけでなく、他の国のロイヤルでも同様なルールで運用できる口座をもっています。これは、世界の銀行システムの頂点であり、ブレトンウッズ体制以降、米国を中心に国際金融の仕組みを作ってきました。また、各国のロイヤル、王室、領主の出資を得て、WB、IMF FED連邦準備制度)が生まれたことも関係しており、連邦準備制度に対する出資者になるロイヤルに対して、PPPにおける特殊口座を与えて、そこで資金を運用して、その資金を、社会の発展のために資金提供できる仕組みを提供したといえます。これを監視監督しているのが、米国連邦法によって行われていいます。よって、取引に関する監視は、米国のFED連邦準備制度)によって行われているといえます。

 

すなわち、日本の天皇家に与えられた権限である特権金融システムを活用して、企業育成資金という名称で、東証プライムの代表権者、銀行の代表権者に対して資金提供しますという案件は、非常にありがたい制度です。

 

 

まさに、天皇家が日本の発展のために、支援している特殊国際金融制度ということがいえます。

 

ある意味、この制度を活用して資金調達ができる日本の経済界は幸運であるといえます。