実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本の資本主義におけるピラミッド構造の理解と通貨流通システムについて理解をすることで、日本は復活できる。

□日本の資本主義におけるピラミッド構造の理解と通貨流通システムについて理解をすることで、日本は復活できる。

 

資本主義の構造ということを理解することが大切です。資本主義の構造は、完全にピラミッド構造になっています。資本主義というのは、銀行券の流通モデルであるといえます。銀行券の流通モデルの頂点にあるのが、連邦準備制度です。連邦準備制度とつながる口座というのが、PPP口座となります。PPP口座ができる口座を通じて資金を運用することができ、その口座を通じて資金を送金することができます。

 

日本における資本主義の頂点、すなわち、それが、天皇家の金融システムを動かす管理口座ということになります。その口座を通じて、資金が市場に流通するということになります。

 

この仕組が理解できなければ、資本主義における通貨流通の仕組みがわからず、日本の発展は途絶えてしまいます。

 

当然、天皇家の金融システムといっても、基本的には、連邦準備制度のPPPの仕組みを用いて行っていますので、連邦準備制度の規定によって行われます。よって、この資金を運用する対象が誰でも良いというわけではありません。一定の基準があります、その基準というのが、企業育成資金の申請対象者ということになります。それが、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権者個人(日本国籍)と決めています。これは、金融における仕組みでありますので、この仕組みが理解できなければ、なぜそうなるのか?そんなことがあるのか?など疑問に思われる方がいますが、それは、主催者側の監督官庁、ここで言う連邦準備制度の規定によって行われています。そのことを理解してください。

 

日本国の通貨流通の仕組みであっても連邦準備制度の規定、米国連邦法により規制されています。すなわち、日本における資本主義市場におけるピラミッド構造の頂点に位置するのが、日本の天皇家の金融システムであるとおぼえてください。

 

天皇家の金融システムの資金を動かすには、基準があり、その基準は、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権者の口座を通して資金を動かすという規定です。この部分が、通貨の流通システムになります。

 

物事は、すべて仕組みによって社会構造が成り立っています。社会構造がどうなっているか?資本主義がどうなっているかを、知らなければ、闇雲に、みんなで、頑張ろうという意味不明な掛け声とキャッチフレーズでは、国難を救済することができません。

 

仕組みと通貨の流通フローを理解すべきです。

 

資本主義の仕組みを考えずに、日本の借金問題の解決ということを唱えていても、正直、解決する手段がありません。

 

筆者は、そのことを明確に訴えているわけです。

 

よって、資金の流通の仕組み、資本主義におけるピラミッド構造に於ける通貨の流通システムについて理解すれば、その口座名義人は、通貨の流通システムでボトルネックにならないように、国家のため、国民のために協力するのは、当たり前のことです。すなわち、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権のある方は、この仕組について理解をして、日本国の通貨流通システムに協力することを拒否するべきではありません。日本における頂点は、先程のいいましたが、天皇家の金融システムが頂点であり、そこから資金の流通系統は、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権の口座を経由して、日本全体の市場に通貨流通する仕組みを構築できて初めて、日本国の繁栄があるのです

 

難しい話ではありません。ちょっとした協力で、日本の国家における通貨流通システムが正常化して、日本の劇的な経済回復が可能になります。

 

 

MSA総合研究所より

 

 

企業育成資金についての無料相談随時開催中