実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

特集金融の世界について概略が理解できれば、企業育成資金が政府財源を超える遥かに大きな資金が動かせる理由が理解できる。

□特集金融の世界について概略が理解できれば、企業育成資金が政府財源を超える遥かに大きな資金が動かせる理由が理解できる。

 

筆者は、日本の通貨発行権はどこにあるのか?どんな仕組みであるのか?と思って、長年仕組みについて研究して来ました。その結果、わかったことは、日本独自には通貨発行権はなく、世界的な通貨発行のプロセスは、PPPの仕組みのなかにあります。PPPに関しても、米国やロンドンで行なわれているPPPの中に、企業ではなく特集な政府が関係したPPPというものが存在しており、そのPPPの中には、政府関連の人道的支援団体などとのジョイントベンチャーにより行なうPPPというものが存在しています。

 

PPPというのは、割引の銀行券の売買トレードになります。連邦準備銀行と関係しているトレーダーデスクが行っている案件という事になります。しかし、このような案件のうらは、すべて、米軍との関係があるといえるでしょう。米軍の平和維持活動は世界に対して行っています。特に、ロンドン(英国)、米国(ニューヨーク)などで行われるPPPの中には、これは、平和維持活動(人道的支援)を目的に財源を確保を行なう米軍関係者のトレーダーが行っていることがあります。

 

つまり、特集金融は、銀行マンが行なう金融というよりも、米軍が人道支援を目的に行っているPPPがあるといえます。これは、国策で行っているPPPと言えます。つまり、連邦政府による管理下で行われているPPPということになります。

 

確かに、民間人からの申込みがあり、トレーダーデスクが動くのですが、人道的支援団体とのジョイントベンチャーは、米軍関連の平和維持活動の財源として活用していると思われます。

 

この取引については、極秘で非公開で取引をされているので、詳細について詳細の情報公開はされていませので、情報をインターネット上で探すことができませんが、今話している仕組みについては、だいたいそんな仕組みで世界は動いていると考えたほうが良いです。

 

つまり、日本における第三の財源、また、国家予算外資金などといわれる企業育成資金〔基幹産業育成資金〕のベースとなる財源は、米軍関連の平和維持活動の一貫で行われているPPPの仕組み得た収益から行われていると考えることが普通であるといえます。つまり、米軍も平和維持のための独自のファンドをもっていることは、知られています。

日本の企業育成資金は、運営組織は、天皇家に任命された資金本部によって行われています。財源に関しては、これは、日本の安全保障のため、平和維持活動を行なうための財源として米軍関連のトレーダーが行っているPPPより資金調達していると言えば、大体この仕組みが理解出来るかと思います。

 

つまり、この財源は、日本独自の財源ということではありませんが、米軍関係のPPPトレーダー、ファンドから提供される資金が、日本経済を支える財源として、国家予算外資金として存在しているという事になるかと思います。

 

特集金融の世界を説明すると、確かに銀行が関係しているのか?ということ言うのですが、これは、銀行の普通の社員が対応している話では有りません。

 

特権である金融システムは、ブレトンウッズ体制以降、米軍関係者のトレーダーと連邦準備銀行、欧州準備銀行が関係おこなってきた割引債によるトレードということになります。

 

それ以上の情報について、知る必要もないと思いますが、企業育成資金の話を追求していくと非常に奥の深い世界が存在していることに気づきます。

 

日本における企業育成資金の普及が、「失われた30年」を終了させる一番の方法といえます。つまり、国家予算外資金と言われる米軍が日本の安全保障、すなわち、平和維持活動における「経済支援・治安維持」を目的、大企業の経営者に資金を提供する仕組みが、日本における借金を伴わない資金として資金提供できる仕組みであるといえます。

 

この仕組みを深く理解するには、実際に欧米のトレーダーデスクなどと話をしなければ見えてこない話といえます。つまり、筆者は、ロンドン、米国などのトレーダーデスクとの関係を持ち、いろいろ会話した中で、PPPの仕組みが理解でき、また、日本の企業育成資金は、資金本部との関係を持つことで仕組みを理解しました。つまり、日本の通貨発行のプロセス、この国難を乗り切るには、国家予算外資金、第三の財源などと言われる企業育成資金、つまり、軍事目的である平和維持活動を行なう財源から資金を調達することで、日本の国家の経済発展、治安維持が可能であるといえます。昭和の時代「アジアの奇跡」と言われ、「JAPAN AS NO1」と言われた時代が有りました。なぜ、そんな時代が生み出すことができたのでしょうか?この影には、米国の支援があったということを言われましたが、米国は、1951年日本が独立してから、巨額資金を寄付したという政府見解を行っていません。しかし、なぜか昭和の復興期には大きな資金が日本に流れてきて、日本経済は急速に発展したことがいえます。つまり、表向きの政府支援でない財源が動いたことになります。

 

その財源は、これは、軍事的目的である平和維持活動資金というのは簿外扱いであり、非公開で資金を動かす事ができるからです。つまり、日本を影で支えた経済は、米軍関連のPPPトレーダーが連邦準備銀行FRB)を通してトレードした財源を、日本の企業育成資金として非公開時に送金をして、その財源を使って、日本経済が成長したといえます。

 

日米相互防衛援助協定における第5条資金というのは、これはまさに、非公開資金の存在を意味しており、現在は、民間人の個人口座を経由するので、政府を経由しないので政府には直接的には関係ないということになっていますが、通貨流通量が大きく影響する案件ですから、調整はしているといえます。PPPにおける資金は、米国証券法及び米国愛国者法の規定で政府口座や政府財源に直接的に使うことが禁止されていますので、これは、「民間財源」として密かに個人口座に送金されて処理されている案件という事になるといえます。

 

筆者は、「失われた30年」を終局させるということを目的に、企業育成資金について研究して来ました。日本人が知ってはいけないタブーのような話かもしれませんが、それは、逆でそんな制度があることを知らなければ、日本は失われた40年、50年と継続して、国家衰退が著しく、立ち直れなくなります。

 

今、政治の世界では各政党、日本の国難を起こしたことについて、責任問題を追求する答弁が多くありますが、だからといって、具体的どうすれば、日本の今の国難を解決することができるのか?という具体案を出すことができていません。

 

まさに、各政党、理想の標語を並べているに過ぎません。つまり、戦後日本は、独自の通貨発行の権利が存在しなく、独自で借金問題を解決する手段を持っていません。つまり、米軍が用意している日本の平和維持活動のために使える財源「国家予算外資金」と言われる「経済安定・治安維持」のための民間財源を動かす以外方法がありません。

つまり、企業育成資金を活用することが国難を救済する仕組みということになります。財源があっても、民間の条件を満たした人物から申請がなければ、米軍が持っている平和維持活動のための財源を民間転用することができません。

 

日本にとって必要なものは、日本国民が使うことができる「平和維持活動」の財源を活用することです。それが、天皇家が任命した資金本部が行っている企業育成資金という事になります。

 

その事を案内するのは、我々、本ブログの読者の仕事であり、これは、日本の国家を本当に救済することになります。それを理解することが重要です。

 

日本人として生まれたら、母国が弱くなれば、悲しいものです。筆者は、20年近く海外にいましたので特にそこのことを感じます。経済力が負けるということは、国民のレベルの評価にも繋がります。経済力だけが全てではないのですが、筆者とっての国家への貢献事業は、日本の経済人が、企業育成資金の仕組みを理解して、、国家が発展できる仕組みが存在することを教えることです。あとは、天皇家に任命された影の組織「資金本部」に依頼をして、国家予算外資金と言われる米軍が持っている日本に平和維持活動財源(経済安定・治安維持)の資金を動かすことです。

 

これができるのが、東証プライム企業代表者、銀行の代表権者ということになります。この概略が理解できれば、この仕組は十分説明できます。

 

 

筆者は、不定期ですが、「だれも教えないお金の大学校」セミナーを開催しています。これは、失われた30年を終わらせる資本主義発展のための運動をしているのです。資本主義社会の発展は、政府財源を借金で増やすことではありません。これは、資本主義の大原則から外れています。つまり、資本主義社会の発展というのは、民間が豊かになることで、国民が支払う税金で政府雇うことです。この構図が壊れている日本は、このまま行けば資本主義の原理では、崩壊していく方向に向かいます。

 

資本主義社会の発展は、民間財源を大きくすることです。この財源はどこから引っ張ってくるか?これは、企業育成資金となり、安全保障を行なうための平和維持活動資金からの調達をすることです。これが、国家予算外資金からの資金調達方法ということになります。この流れを組むことが、結論、日本の資本主義の正しい発展をもたらすことになります。

 

MSA総合研究所より