実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金についての個人管理委員会の存在とその役割について

□企業育成資金についての個人管理委員会の存在とその役割について

 

日本経済を支えている存在について、理解する必要があります。これは、日本は金本位制度の時代からゴールドファンド個人委員会が存在するということになります。

 

世界的には、個人の300人委員会というものが存在していると言われていますが、同様に日本にもゴールドファンド個人委員会が存在しています。

 

ゴールドの個人名義のファンドが存在することになります。

企業育成資金の話と金塊の話がよくミックスされて話されていますが、確かに関係はあります。企業育成資金は、償還制度といわれますので、償還制度を行なうには、銀行から資金調達をして、それを運用して返済するという仕組みで資金を自由に使えるようにするのが、償還制度の基本的考え方になります。

 

企業育成資金の財源は、銀行融資によって調達された資金になりますので、当然、銀行の担保の設定を行わなければ、銀行が資金を貸し出すことがありません。つまり、その担保、クレジットラインの裏付けが、個人委員会の名義のゴールドファンドということになります。

 

普通に考えれば、当たり前の話です。銀行も、現金・収入、不動産、金融資産などを担保として抑えなければ当然・資金を貸し出すことがありません。

 

日本経済を裏で支えるために個人管理されたゴールドファンドが存在しているだけの話です。ゴールドのインゴットをいくら保管していても金(現金)になりませんが、ゴールドを担保として銀行に提供すれば、銀行はゴールドを裏付けとしてクレジット(銀行券)を発行できます。

 

というだけの話です。

 

銀行は、当然、返済期間を設定しますので、返済期間まで資金を償還しなければなりません。

そんなときに、確実に利益確保ができる仕組み(PPP)による資金調達をします。PPPというのは、国債や銀行の割引債のトレードによる収益です。

つまり、運用名義人にクレジットラインを設定すれば、クレジットラインは、1年間で99倍になり、最大5年間で495倍まで増やすことができます。

 

この意味が理解できるでしょうか?

 

たとえば、ゴールドファンドの担保によって、2兆円調達します。そのうち1兆円を企業代表者に返還不要の資金として提供して、残りの1兆円の現金をつかってクレジットラインを設定します。そうすれば、1兆円は、信託しておくだけで銀行は、年間1兆円の99回の売買の資金を出してくれることになります。当然、つまり、99兆円の商売が1年間で出来ることになります。それが、最大5年間継続できるわけですから、99兆円✕5年間=495兆円の商売が出来ることになります。これは、最大値です。

つまり、一つのクレジットラインを設定することができれば、国債や銀行の割引債のトレードが大量にできることになります。

 

これが、この金融の仕組みといえば、仕組みになります。

 

この仕組を提示できるのは、FRBのライセンスをもつPPPトレーダー以外、この特殊な運用ができませんので、個人委員会のゴールドファンドや現金ファンドについては、これは、銀行への担保力のリースをする話になりますが、銀行から資金調達をしてからの先のPPP運用に関しては、PPPトレーダーの割引債トレードになります。つまり企業育成資金におけるPPP世界というのは、個人ファンドとPPPトレーダーがセットになって行っている仕組みということになります。

 

これが理解できれば、この仕組みが実にうまく考えているか理解ができます。

 

つまり、何故この案件で新規の案件をどんどん取りたいかは、これは、資金者側の貸し出すことができるクレジットライン(ゴールドファンドや現金ファンド、国債ファンド)などがありますが、それを最大限に利用するには、新規でPPPに参加できる名義人が必要になります。そうすれば、多額にクレジットラインを貸し出し、銀行から資金調達を行って、PPPトレーダーにより、国債、銀行の割引債によるトレードによって収益を得て、償還できるので市場に資金を投入[巻くこと]することが出来るという話です。

 

この仕組が理解できれば、正直、だれも痛い話ではありません。

 

割引債のトレードに参加するには、その名義人になれる規準が、東証プライムの資本金100億円、2022年9月からは、資本金300億円になります。銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の代表権者個人を対象としているということになります。

 

お金をいただけるということで、不思議がる人がいますが、これは、ゴールドや現金ファンドを管理している個人委員会によってクレジットラインが提供されえいる案件であり、同時に、国債、銀行の割引債のトレードは、FRBライセンスをもつPPPトレーダーによって資金を生み出すことで、成立する案件といえます。これは、安全投資による資金調達であり、同時に申請者に負担なく資金調達を実現しているモデルと言えます。

 

 

MSA総合研究所より