実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

地方再生を行うための財源確保のために、

□地方再生を行うための財源確保のために、

 

地方再生を行う財源を確保するということで、財源不足を支援するモデルとして、企業育成資金(償還制度)を活用して、資金調達することができます。当ブログの読者は、日本全国におられますので、特に「地元に貢献できる財源が確保できればとおもって、本ブログを拝読しています。」という連絡をよくいただきます。

 

地方都市にとって、大きな財源を確保する手段というのは、非常に難しく、特に兆円を超える資金調達をすることは、非常に難しいといえます。特に少子高齢化、人口減少している消滅可能性都市と言われる地域では、普通に考えれば、採算ベースにのる都市開発への投資など、なかなか難しく、普通に金融機関から調達するという手段で資金を得るのは難しいといえます。

 

そのために、PPPをベースにした企業育成資金(償還制度)を利用して、資金調達するのがいいといえます。

特に、地方経済の底上げには、地方銀行とタイアップして事業をおこなうことで、企業育成資金(償還制度)から資金調達が可能になります。筆者は考えるモデルは、資金を貸し出すのは、銀行から貸出、銀行もプロパー融資をするのは、リスクが高いと思われるので、銀行の裏で資金を担保する財源を、企業育成資金から調達した資金をファンドとして現金担保があれば、大きな資金を貸し出すことができます。

 

そうすれば、ただ単に企業育成資金から調達した資金を直接投資をすれば、銀行にはメリットが無いのですが、銀行が中心となって、

地方都市の都市開発に資金を貸し出し、裏側で資金を現金担保するのが、企業育成資金からのファンドであるとすれば、金融機関もリスクを回避できます。

 

このような形で、企業育成資金によって調達した資金を現金担保にすることで、融資を促進できれば、ビジネスとして広がりがでます。

 

そうすることで、銀行の融資先は、第三セクターなどの事業モデルにも投資ができますので、地方自治体、民間ともに、資金調達を可能にできるといえます。

 

もともと、PPPという制度は、米国からスタートしていますが、米国の何もない大地に、大きなインフラ開発、都市開発をするための財源として、その開発財源を確保するために、FRBが行った資金提供の仕組みといえます。すなわち、PPPというのは、なんらかの都市開発、インフラ開発、基幹産業の開発をするということで、財源を確保するということで、資金を提供できるとなっています。

 

MSA総合研究所より