【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

G7のメンバー国の優遇政策を最大限に利用する必要がある。

□G7のメンバー国の優遇政策を最大限に利用する必要がある。

 

企業育成資金というものは、割引債におけるトレードを行って収益を得るということを考えれば答えがわかります。

 

割引債というのは、債券を割り引いて販売するという金融商品です。2009年以降は、一般公募での割引債の売買は禁止されていますが、現在もなお、当事者同士におけるダイレクト販売として私募として割引債の売買を行っています。

 

つまり、中央銀行、準備銀行間(通貨発行銀行)のMTN(中期債)、米国、日本を含むG7LTN、米国債、日本債の割引債のトレードは、私募プログラムの中では行われています。つまり、当事者同士の取引(ダイレクトトレード)の場合、割引率を決めてクローズした環境化で取引を行っているということになります。

 

 

これは、PPP(プライベート・プレースメント・プログラム)の基本的な知識として知ってほしいと思います。

 

 

G7とは・・・・

G7(ジーセブン)は、英語: Group of Seven(グループ・オブ・セブン)の略で、日本、アメリカ、カナダ、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア及びEUで構成される政府間の政治フォーラムである。メンバーは世界最大のIMFの先進国であり、“最も裕福な自由民主主義国であり、グループは多元主義と代議制政府という共通の価値観に基づいて公式に組織されている”(IMF談)[5] [6]。2018年の時点で、G7は世界の純資産(317兆ドル)の60%近くを占め[7]、世界のGDPの32-46%を占める。また世界人口の10%に当たる約7億7000万人が参加している[8]。メンバーはいずれも世界的な大国であり、経済、軍事、外交面で緊密な関係を保っている

 

【世界主要国「政府総債務残高」】

1位「米国」280,313

2位「日本」131,697

3位「イギリス」46,503

4位「フランス」46,144

5位「イタリア」45,820

6位「ドイツ」35,978

7位「ブラジル」33,350*

8位「スペイン」26,378

9位「カナダ」22,481

10位「メキシコ」15,921

出所:OECD(2020年) ※単位は億米ドル、*は2019年数値

 

*************

 

この資料を見れば、わかりますが、G7の国の国債は突出して世界から見て多く、G7国は、国債を多く発行できる仕組みを持っていると理解できます。つまり、G7の国同士で、資金を調達して国債を購入できる仕組みがあることが理解できます。

 

MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。