【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

天皇制資本主義社会と二つの PPP ローンのない世界へ 繰り返しになりますが重要なポイントについて説明します。

天皇制資本主義社会と二つの PPP ローンのない世界へ 繰り返しになりますが重要なポイントについて説明します。

 

このことをテーマにこれからはブログを書いていきます。天皇制資本主義社会というものをしっかり理解していただくことが重要だと考えています。

 

このことは天皇家が関係する裏天皇である資金者が企業育成資金を提供しているということを基本として理解してください。

 

表の天皇は象徴天皇として経済や政治に対して関与しないという風に決まっておりますが実際には天皇家の任命された裏天皇すなわち資金者によって 企業育成資金が提供されています。これは免税免責、免訴、返還不要という特権である程度で行われています。

すなわち裏天皇によって日本の平和維持活動及び経済の安定政策すなわち通貨発行権に関わる仕組みが行われているということになります。これは日本の経済人としてトップクラスの方は帝王学の基礎として知っていただくことが重要だと考えています。

 

この日本の本当の仕組みを知らなければ正直日本の経済の復興は無理ということになります。世間では色々と日本の裏側についての情報が出回っていますが真実はほとんどわかっていないと言えます。つまり日本政府自身には通貨発行をする権限を持っていませんのでその業務に関しては天皇家が任命した裏天皇すなわち資金者によって企業育成資金の名称で資金を日本を代表する企業経営者個人に対して資金を導入しています。

 

この基本概念を理解することが重要です。

 

これをきちんと理解していただくことが日本の国づくりにとって非常に重要なことになります。日本の天皇家における組織は表裏一体、表と裏が存在しますが天皇家が日本の国を支えているということには違いはありません。

 

どんな世界でもそうですがすべてが表側で行われているということはありません表があれば必ず裏側も存在し表でできないことは裏側でサポートするというのは世の中の常識となります。

 

そのことを理解していただいて日本の国造りを考えて頂くことが重要になります。すなわち天皇家の任命組織である裏天皇資金者組織と相談することで日本の経済人は資金を上限なく日本市場に投入することができる仕組みを持っていると言えます。

 

この制度を用いて官民パートナーシップである PPP を行うことで今行政や政府そして地方自治体の財源不足によってできていない社会サービスやまたインフラ整備を行うことが可能になります。

 

つまり共同事業体としてのジョイントベンチャーを行って財源を確保するということが重要になります。

 

企業育成資金というのはアメリカ合衆国の米国証券法においてインサイダー取引とならないように非公開で行うというのと同時に政府が直接の関与しないというふうに決まっています。よって資金を動かす際には民間の名義を使いますが資金が出てしまってから官民パートナーシップで共同事業体として社会貢献事業やインフラ整備その他国民サービスを行なうための事業を展開することはこれはルール違反にはなりません。

 

つまり企業育成資金というアメリカでいうところの Private placement program による資金の提供方法のルールに従えばこれは上場企業であれば証券法上では上場株式に関係する企業は基本的には Private placement program には直接参加できないと決まっています。

 

そのために日本の場合はその法律に問題がないようにするためにすべてが個人の名義で Private placement program すなわち企業育成資金の資金提供は企業の代表権のある個人を対象にしています。

 

このこともきちんと理解すればなぜ個人であるかということは、これは米国連邦法における1933年米国証券法でインサイダーとならないためのルールということになります。

 

この話に関しても過去のブログで随分と説明させて頂いていますので何度も申し上げていますがきちんと覚えといてください。

 

さてここで重要になることは日本においてどのような共同事業体を行って日本の国を発展させるかまたどのような部分が困っているかなどを探し共同事業体をたくさん作っていくことによって借金のない国家の建設をすることが可能になります。

 

現在の国家運営を見ていれば資金が足らなければ国債を発行すれば良いという風な政治判断のみになっています。このことは財政法第4条に書かれている借金をしての国の運営は禁止するという基本的原則に反していると言えます。

 

借金をなくしても国家運営をするにはどうすれば良いかというのは結論を言えば筆者が説明している天皇制資本主義社会を徹底的に行うということが重要です。

このことは通貨発行権を行使をして市場に資金を投入するということで社会に必要な事業を行うために結果借金を伴わない社会を作ることができます。

 

日本経済の衰退というものは借金における国家運営をしていることにより常に未来への負担が精神的負担となり経済はブレーキをかけていることになります。

 

やはり借金がなく常に収益が上がるという心理的安全性を国民が持つことが国家の繁栄にとって非常に重要なことになります。

 

そのことを実現するのは唯一徹底的に天王制資本主義社会を実践することです。

 

2025年は大阪で関西万博が開かれます現在ニュースを見ていると関西万博に出展する企業が足踏みをして資金不足であるということがいわれています。この問題に関しても簡単に言えば天皇の任命をした裏天皇が行っている企業育成資金を活用すれば資金は十分に獲得できますので資金に関する悩みなど一切発生しないことになります。

 

つまり今日本で問題になっていることはこの天皇家が行なっている企業育成資金の仕組みすなわち天皇家任命をした裏天皇組織によって行われる資金提供の案件について日本の起業家のリーダー及び経済人のトップクラスの人材が本制度について理解をしていないということが国家の繁栄にとって足を引っ張っていると言えます。

 

つまりこのような原因を作っているのは日本国における帝王学が徹底されておらずリーダーの育成において日本の真の姿を理解をしていない人々が日本の国を牽引していることで結果借金漬けの国づくりになったと言えます。

日本は2700年以上天皇家が存在しており天皇家によって日本の国づくりが行われているという基本的概念に関しては現在もなお何も変わっていません。

 

確かに日本の国は第2次世界対戦で敗戦は致しましたが表の天皇は象徴天皇とし政治や経済に関与することはなくなりましたが天皇家によって任命される裏天皇はしっかりと日本の平和維持活動及び経済政策つまり通貨コントロールにおける通貨発行権を行使し日本の経済を支えていると言えます。

 

ただこの仕組みは天皇家の組織が行なっていても受け取りに来る経済人がなければ資金は流通しないという問題がありますので、資金を流通させるために名義を出す日本の経済人の協力が必要でありその経済人の協力を得て官民パートナーシップなどの共同事業体をたくさん作ることが可能になれば日本は借金に頼らない国作りができ理想的な国家を建設できるといえます。

 

そのことを徹底的に理解をしその仕組みを関係者に理解をして頂きこの制度によって日本の国づくりをする重要な方法であると認識していただくことによって日本は繁栄するといえます。

 

11月21日月曜日に午後2時から午後4時まで東京フォーラムとして本制度についての勉強会を開催いたします。

お時間のある読者の方はご参加ください。筆者がこの内容についてご説明致しますのでよろしくお願いいたします。





************************

「日本政策戦略フォーラム会場」 参加者募集中!

テーマ「天皇制資本主義社会と2つのPPP,共同事業体によりローンのない世界へ」

企業育成資金と2つのPPPの活用方法について

定員 32名

〒101-0032 東京都千代田区岩本町3丁目11−7 滝上ビル3F西側

https://goo.gl/maps/hDeNCaSUZh95bMpt8 案内地図

日時 2022年11月21日(月曜日) 

午後2時から午後4時(2時間)(開場 午後1時50分)時間厳守でお越しください。

参加費用 無料

筆記用具、名刺・持参

主催 日本政策戦略フォーラム  日本私募プログラム研究会 

企業育成機構@MSA総合研究所

講師 代表(本ブログ筆者)

◎PPP(民間財源)を活用してPPP(官民パートナーシップ)事業を行い地方創生、公共事業投資、海外支援を行うスキームについてのフォーラム 2つのPPPを活用する日本の政策戦略フォーラムを開催します。

 

※【アクセス】秋葉原駅4番出口から徒歩2分!秋葉原駅からすぐの神田川沿い、分かりやすく便利な立地!

申込フォーム ↓↓↓↓

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

感染対策のためにマスク着用でお願いします。

 

日本私募プログラム研究会|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。