【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

天皇制資本主義を最大限に理解することが、日本の再構築にとって重要なことである。

天皇制資本主義を最大限に理解することが、日本の再構築にとって重要なことである。

 

日本国を本当に支える財源を提供しているのは、「天皇制資本主義」を理解する必要があります。言葉は色々言い方はあります。たしかに、PPPの世界は英米第二次世界大戦後、ブレトンウッズ体制で、世界のロイヤル、王族の資産を平和維持活動の財源としたということがスタートですが、ロイヤルファンド=軍隊ファンド=平和維持活動用財源ということになり、日本に提供される企業育成資金は、ロイヤルファンド⇒天皇家の財源ということになり、天皇家の財源から企業の代表者に資金が提供されるということになります。

 

その資金は、通常では動かせない資金になっていますので、その場合は、東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権者個人が名義になった場合に限り、資金を動かすことができ、この財源は、政府と民間で分けて使うことができる仕組みがあります。

 

短期割引の国債を使ったブリッジ取引などと言われていますが、資金の動かし方にはルールが有り、そのルールに則り資金が動かされます。

 

その財源の根拠はどこにあるのか?ということを追求すると、世界のロイヤルファンドということになりますが、無限大に存在する財源と言っても、そんなモノあるのか?ということになりますが、お金の世界はすべてルールや人が決めた決め事で行っていますので、ルールに従って資金を動かしているだけです。ロイヤルファンドについては、日本だけでなく、他国でも同様の仕組みは、極秘裏で存在しているのは事実です。

 

このロイヤルファンドにアクセスするには、資金者(ファウンダー)をサイナーとして、名義人と資金者がサインすることで、資金を動かすことができる仕組みになっています。

 

つまり、名義人になれる方のサインと、資金者のサインと2つのサインがあることで、契約が成立して資金が動かせる仕組みというのが、存在しています。

 

よく、この世界の話では、サイナーが重要であるということが言われていますが。確かに、サイナーのサインと、名義人のサインの両方のサインがなければ、資金を動かすことができません。それがポイントになります。

 

これは、国際的なルートといえるのです。

いずれにしろ、日本には、ロイヤルファンドにアクセスできる組織(資金本部)が存在していますので、いつでも資金調達できる仕組みが存在していると言えます。

つまり、このような仕組みによって、経済を作っていることを、筆者は、「天皇制資本主義」と呼んでいます。つまり、日本は天皇家があるから大丈夫という認識があれば、日本の産業は常に、天皇家の資金(ロイヤルファンド)から資金調達をして、経済を発展させる財源を確保させる事が可能と言えます。

 

これは、国家にとって重要なことです。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。