【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

2023年から5年間で産業構造が一気に転換するカーボンニュートラル時代に、日本は、弱体化するか、ピンチをチャンスに変えられるか、それは、天皇制資本主義からの分配金である企業育成資金を活用できるかにかかっている。

2023年から5年間で産業構造が一気に転換するカーボンニュートラル時代に、日本は、弱体化するか、ピンチをチャンスに変えられるか、それは、天皇制資本主義からの分配金である企業育成資金を活用できるかにかかっている。

 

2023年は、自動車業界の100年に一度の大転換期が本格的に日本でもスタートすることが確定しました。世界的に内燃機の化石燃料エンジン搭載の自動車は、販売禁止する動きが活発になっており、カーボンニュートラル時代に対応する動きが本格的になり、これから消える業態、生き残る業態と、大きな転換期を迎えることになります。

 

つまり、このような大転換期にこそ、重要なことは、企業育成資金の仕組みを活用して産業構造を大きく転換する投資資金を調達することが重要になります。

 

筆者は、この資金の制度、金融的仕組みなどを説明していますが、実際に、資金を受け取る人にとっては、そんな金融的理由など関係ありません。

 

ただ、天皇制資本主義について理解をして、資金本部が提供する国家予算外資金といわれる「日本の主要産業経営者」を支援する資金を受け取り、その資金を活用して、カーボンニュートラル時代に転換期に対応できる産業構造への投資をする時期です。

 

つまり、今この資金を大きく動かさないで、いつ動かすかということになります。また、デジタル通貨が普及する時代に慣れば、従来型の中央銀行システム及び、商用銀行が乱立している世界は、必要なくなるといえます。つまり、従来型商用銀行の消滅という問題、そして、カーボンニュートラルによって、化石燃料によるエネルギー生産の終了となり、大きい意味での産業構造の大転換をする必要が数年後に迫っています。

 

このことは、5年後に存在する産業と消える産業は明確であると言えます、

 

企業育成資金の仕組みについて勉強している読者の皆様は、是非、この産業の変革期は、ピンチがチャンスに転換する時期ですから、この時期にこそ、本ブログのテーマである企業育成資金をしっかりと動かせる案内していきましょう。



この仕組を知らなかった、理解が間違っていたということで、多くの人が仕事がなくし、また、国力の低下に繋がっては意味がありません、まさに、今こそ、天皇制資本主義による企業育成資金の名称で分配される巨額資金を活用するべき時代の到来です。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。