【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

 日本の昭和の高度成長期の経済成長のモデルが、今、世界中で活用する動きが活発化している。ゴールドラッシュの世界 ゴールドによるクレジットの世界を理解せよ。

日本の昭和の高度成長期の経済成長のモデルが、今、世界中で活用する動きが活発化している。ゴールドラッシュの世界 ゴールドによるクレジットの世界を理解せよ。

 

筆者は、日本の経済復興の手法は、天皇家(皇室)がもつゴールを担保にして銀行で大量のクレジット(通貨)を発行して、民間人の名義人にクレジット(資金)を渡し、それを日本市場で流通させることで、日本は劇的な景気回復をすると断言できます。

 

つまり、この手法は、ある意味、通貨流通量を増やす一つの手法ということになります。実によくできた制度であると言えます。

 

1952年に制定された米国における銀行担保に対する法律を理解することが、通貨流通量を増やすための手法として知るべきことだと言えます。(UCC1)

 

PPPとは、割引の金融商品の取引を行うのですが、最終的に買取保証をするのが、ロイヤルや軍部のファンド(財団)ということになり、その財団は、大量の金による担保力を有して、いつでも銀行で大量のクレジットを発行できる枠を持っています。

 

つまり、これが、資本主義経済のおける仕組みといえます。

 

筆者は、日本の経済の仕組みを「天皇制資本主義」という基本的概念で物事を考えない限り、日本の復興は不可能というのが答えです。

 

天皇家がもつゴールドの担保力を利用して、銀行で大量のクレジット(通貨)を発行して、それを日本の大企業経営者に資金(クレジット)を渡し、市場に流通させるクレジットの循環システムを構築することができれば、日本経済は、国民負担なく、いつでも大量の通貨を天皇家のゴールドの担保力によって、発行できます。

 

この仕組は、日本の経済学者は、昭和の時代の発展をした基本的な仕組みということになりますが、そのことは語らず、とんちんかんな経済政策をメディアを通じて報道しているので、正直、日本の明日はなくなっています。

 

米国でも筆者が所属するMete財団が大量の米国債を購入しています。その裏付けはなにか?それは、まったく天皇制資本主義の仕組みと同じといえます。つまり、本来の経済発展に貢献した手法が今は、米国債を大量に買い上げることで、支援していることになります。

 

※日本でも米国の危機について言われていましたが、持ち直しています。その理由は、ゴールドクレジットによって支えられているといえます。

 

日本には、皇室のゴールドクレジットを発行することができる資金本部が存在しますが、確かに、非公開で行われていることですが、日本経済を支える仕組みがあると、日本の経済人は理解することです。

 

世界経済は、これからどうなっていくか?すべてゴールドを担保に、大量にクレジットを発行して、その資金を時刻の発展にバラマキ、所得を増やしているのです。

 

日本の戦後復興期の成功事例があるのですが、今の日本は、とんちんかんmな経済政策をしようとしていますが、他の国では、日本が成功した天皇制資本主義と同じ方法で経済を豊かにしようとクレジットを発行しています。

 

つまり、クレジット発行は、民間人にのみ与えられた権利です。

わかりますか?

政府は、銀行でクレジットを発行して資金を調達することができません。政府は、債権を発行して売却することはできますが、担保におけるクレジットの発行はできないのです、

 

だから、民間人の大きなクレジット・ラインをもった人物の協力を得て、クレジットを発行するのですが、それを担保するのが、ゴールドの担保力ということになります。

 

日本人の経済人は目を覚まさなければいけません。世界の経済を裏で支えているのは、すべて、ゴールドファンドによる担保力によって発行されたクレジットです。これが理解できなければ、絶対に経済の浮上などありえません。

 

日本の経済人にどんどん告知してください。ゴールドファンドが日本を救済することを知ることが重要です。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。