【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

帝王学として知るべきこと 日本の通貨発行権の仕組みは、天皇家任命組織、裏天皇資金者組織が行い日本を守っています。

帝王学として知るべきこと 日本の通貨発行権の仕組みは、天皇家任命組織、裏天皇資金者組織が行い日本を守っています。



最近は、一部の有識者の中で、通貨発行権について、理解されてきたのか、政治経済の真実を語る系のYouTubeで、通貨発行権は、政府にはないという話をしているのを見るようになりました。

 

通貨は、中央銀行によって発行されていますが、厳密にいえば、中央銀行単独でも通貨発行権は、ないといえます。

 

これは、無限大のドル定期預金という概念のファンド(ブロックファンド)があり、その資金を担保として資金を動かし、資金の50%は、使わず、残りの50%のみの資金を使う。使わない50%の資金については年利4%で30年間運用すれば、自動的に資金は、償還されるという仕組みが存在します。これは、ゴールドをベースにしたグローバルファンドということになり、その資金を民間プロジェクト資金として活用するというのが、通貨発行権ということになります。

 

つまり、この仕組みを管理しているのが、米国政府(米軍)の金融セクター(FRB,IMF<WB)によって管理されているといえます。

 

ここからの資金調達された資金を、「国家予算外資金」「第三の財源」などと日本では呼ばれていますが、国債の割引債を発行することで、この資金を動かす事が決まっており、その割引債の購入する際の名義人が日本の代表する企業経営者(東証プライムの資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の代表権者)の名義で割引債のブリッジ取引を行い、その際に収益を政府側と民間側で分けて資金を使うというのが、この仕組みということになります。

 

この制度を、天皇家に任命された裏天皇(資金者)によって行われていることにより、これが、日本国における「通貨発行権」の仕組みとなりますので、通貨発行権を行使した日本経済のことを

 

天皇制資本主義社会」として、この制度を活用して、令和の所得倍増計画、新しい資本主義の実現ができると説明しています。

 

つまり、天皇制資本主義社会というのは、天皇組織(裏天皇=資金者)が持っている通貨発行権の仕組みを活用して、日本国の経済を発展させ、借金ない国造りをすることを、推進しています。

 

日本人の多くは、象徴天皇として天皇家を見ていますが、それは、表側であり、天皇家は、天皇家に任命された裏天皇(資金者)組織によって、国家の平和維持活動、経済支援(通貨コントロール)が行われていることを、日本の経済人のリーダーは知らなければなりません。これが、国家を牽引するリーダーして、帝王学の重要なポイントとなります。

 

つまり、今の日本の大企業経営者【経済界のリーダー】には、国家の根幹となる通貨発行権についての帝王学について、理解していないことが国家の衰退を招いています。

 

通貨発行権は、国際金融資本のユダヤ金融によって支配されているという話をインターネットなどで話している人は居ますが、米国が管理していますが、連邦法と国際条約によって管理されており、日本は、天皇家の任命する裏天皇(資金者)組織によって、行われておりこの手続きに関しては、天皇家の任命組織(裏天皇=資金者)によって日本の通貨発行権(国家予算外資金)が動かされています。



つまり、筆者が説明していることは、通貨発行権を使って資金を動かすのは日本政府の仕事でなく、日米同盟においける天皇任命組織(裏天皇資金者組織)によって行われている制度であると理解をすれば、国家の究極の救済の仕組みは、天皇家が持っていることになります。



天皇制資本主義社会を円滑に動かすことで、国家の繁栄は間違いないと言えます。

 

今、世間では、いろいろな金融制度について語られていますが、日本で唯一、通貨発行権を行使して資金を動かすことができるのは、天皇任命組織(裏天皇資金者組織)の仕事であるということは、国家のリーダー、経済界のリーダーは、帝王学の重要な知識として知ってください。このことが理解できなければ、日本国は、借金大国になります。

 

お金がないなら、通貨発行権を使いなさい。

 

通貨発行権は、天皇任命組織(温羅天皇資金者組織)と相談すれば、日米同盟の通貨発行権の仕組みにより、日本を代表する経済人(東証プライム、銀行、信用金庫)の代表者の口座に資金を導入します。

 

この資金を、民間プロジェクトや官民パートナーシップとしての共同体事業(JV)として事業展開することで、日本国は、借金のない国家運営ができます。

 

つまり、財政法第4条における借金をしない国家運営が可能になるわけです。

 

それを実現するには、帝王学を学ぶ民間の経済人リーダーの育成が重要になります。

 

天皇家任命組織(裏天皇資金者組織)によって、行われる通貨発行権に関する制度を理解することが重要です。それを説明をして案内をするのが筆者の仕事ということになります。まさに、裏天皇に案内する八咫烏としての仕事をしていると感じます。つまり、全国にいる本ブログの読者で筆者の協力者は、八咫烏メンバーということになります。

 

このことが理解できますか?

 

頂点は、日本国の経済を支えているのは、裏天皇資金者組織ということになります。

 

日本政府ではありません。あくまでも天皇家によって任命された政府外、天皇家任命組織であることを知ることは重要です。



************************

「日本政策戦略フォーラム会場」 参加者募集中!

テーマ「天皇制資本主義社会と2つのPPP,共同事業体によりローンのない世界へ」

企業育成資金と2つのPPPの活用方法について

定員 32名

〒101-0032 東京都千代田区岩本町3丁目11−7 滝上ビル3F西側

https://goo.gl/maps/hDeNCaSUZh95bMpt8 案内地図

日時 2022年11月21日(月曜日) 

午後2時から午後4時(2時間)(開場 午後1時50分)時間厳守でお越しください。

参加費用 無料

筆記用具、名刺・持参

主催 日本政策戦略フォーラム  日本私募プログラム研究会 

企業育成機構@MSA総合研究所

講師 代表(本ブログ筆者)

◎PPP(民間財源)を活用してPPP(官民パートナーシップ)事業を行い地方創生、公共事業投資、海外支援を行うスキームについてのフォーラム 2つのPPPを活用する日本の政策戦略フォーラムを開催します。

 

※【アクセス】秋葉原駅4番出口から徒歩2分!秋葉原駅からすぐの神田川沿い、分かりやすく便利な立地!

申込フォーム ↓↓↓↓

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

感染対策のためにマスク着用でお願いします。

 

日本私募プログラム研究会|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。