【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

歴史的資産の過去の精算と新しい通貨システムについて

歴史的資産の過去の精算と新しい通貨システムについて

 

歴史的資産の償還プログラムということを説明しています。これは、国連規定によって行われている戦争によって接収された資産についての精算方法についてのルールが決まっています。

1,保有者(現在の保管をしている)への資金の支払い

2,元所有者への資金を償還

3,プロジェクト資金として活用

 

歴史的資産(ゴールド)の保有者、元所有者、そして、プロジェクトに対しての資金提供をすることで、資金分配を行い世界経済の発展に貢献する仕組みといえます。

 

つまり、日本でなぜ企業育成資金の名称で、日本の主要産業経営者に資金が贈与されているのか?その理由は、日本における皇室が持っていた資産を敗戦後すぐに放棄したことで、その資産については、産業の発展のために皇室が贈与するということで、日本経済の発展に貢献してきました。それが、昔から言うところの償還金や基幹産業育成資金、長期監理権委譲渡資金などという名称で提供されていたプロジェクトの本当の姿です。

 

これは、国連の指示書によって、資金の分配方法について決められており、この仕組みによって資金を分配することが決まっています。

 

さて、このことを歴史的資産の償還プログラムという名称で呼ぶということです。重要なことは、歴史的資産の償還プログラムで指定されているゴールド資産だけで、300万トンがあり、その価値は、65京ドルの価値で担保できるということになります。つまり、世界経済における通貨流通量の総量が、1600兆ドルと言われていますので、その400倍の規模の担保力を保有していることになります。つまり、この資産価値が、世界の通貨のすべてを担保しても、同じレベルの経済を約400箇所に作れることになります。

 

これだけの担保力を今までの通貨システムで、分配しようと思えば、正直無理があるので、今までの現地通貨はそのままにして、歴史的資産によって担保されている唯一のデジタル通貨であるMeteを使って、世界の現地通貨は、2020年12月29日の米ドルと現地通貨のレートでスワップできるようにMeteが担保するといことで、世界経済の拡大をすることを計画しています。

 

ここが重要なことです。通貨については価値をゴールドの担保力をもって保全しない限り、歴史上通貨価値は、保つことができなかったという歴史があります。ニクソンショック以降は、変動相場制を導入して、金ドル本位制度の崩壊をしましたが、ドルは、基軸通貨としての価値を保つために、ペトロダラー(石油売買専用通貨)としての貿易による通貨価値を保全してきました。ついに、世界も石油離れが始まり、複数のエネルギーが登場するようになり、ペトロダラーとしての基軸通貨であった米ドルも価値をどこまで保てるのかという時代になりました。

 

そこで、登場したのが、その上で、世界の通貨をもう一度、金ドル本位制度に近い仕組みで、唯一の歴史的資産によって担保されたデジタル通貨 つまり、金Mete本位制度を現実的には開始することを決めて、2020年12月29日からプロジェクトがスタートしました。ただ、そのデジタル通貨の発行媒体は、従来の中央銀行とは全く違う仕組みで完全に独立した中央銀行システムによって、Mete通貨の仕組みをつくっているので、長年、皆さんの知っている中央銀行とは全く違う仕組みで、また、今までの銀行とは関係なかった、歴史的資産を管理する組織が直接、新しい中央銀行システムを構築したことで、普通に考えたら信じられない仕組みということになりますが、今まで裏で表の中央銀行の担保を支えていた歴史的資産を管理していた組織が、ブレトンウッズ会議から80年の歳月を経過して、裏方で担保を貸していた組織が、今度は、表に出てきて、地球上にあるすべての通貨システムを変動相場から固定相場に戻し、国際貿易を安定的に行える仕組みを提供するために、加盟国を募集を始めたというのが、Mete通貨の仕組みということになります。

 

これは、世界最強のゴールドクレジットをつかったデジタル通貨であり、歴史的資産といわれる世界でダントツNO1の担保力を有するゴールドクレジットを提供できると言えます。

 

このイメージが理解できない人がまだまだ多いと思いますが、筆者は、現在、Mete財団の公式メンバーとして、国連加盟国に対して、Mete通貨システムの加盟について発展登場国からスタートして、新しい通貨システムについて説明していますが、まずは、殆どの人がついてこれないのです。

 

それは、当たり前です。日本は、1951年から歴史的資産といわれる戦争資産によるゴールドクレジットによる恩恵を受けて経済発展してきましたが、370件以上の活用例イルガがあるということが言われているが、この通貨システムについて、全く理解できて居ないと言えます。これは、今まで、ブレトンウッズ体制で、裏側に隠れた金融システムとしての歴史的資産を活用したゴールドクレジットの仕組みは、絶対にバレないように極秘で行われてきたということが言えます。

 

2022年以降は、逆に今まで隠れていた歴史的資産によるゴールドクレジットの資金が国際ブリッジ通貨として、世界共通通貨としての役目を果たし、世界の通貨流通量を増やす手段に用いるということで、隠れていた組織が表に出てきたと言えます。

 

これは、歴史的に言えば、通貨の世界において大変革があったと言えます。

 

ただ、この変革にだれもがついていけないといえます。ただ、ブレトンウッズ時代から隠れていた歴史的資産によるゴールドクレジットを生み出す組織が、突然世界を変えるための通貨改革を行うことを決めて動き出しているのは事実であり、これが、グレートリセットと言われる変革になります。ただ、これは、通貨システムの安定のためであり、社会を崩壊させる仕組みではありません。

 

この仕組みを使っていない人が多い世界では、通貨改革がすすみませんが、通貨というものがどういう仕組みで作られているかを知ることが新しい金融システムを導入するには、重要なことです。








***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。