【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

この内容を理解すれば、すべてがイメージできる。



この内容を理解すれば、すべてがイメージできる。

 

 

国連規定(指示書)によると「歴史的資産の償還プログラム」というのが、正式名称ということです。日本では、企業育成資金や償還金、基幹産業育成資金と言われる制度になります。長期管理権委譲渡資金という意味は、歴史的資産の償還プログラムの中身を知らなければ、全く意味がわかりません。

 

歴史的資産というのは、定義は、ベルサイユ条約(1919年)、ブレトンウッズ会議(1944年)、世界銀行国際復興開発銀行IMF、国連に関する条約、憲章についてのすべての戦争に関する資産について呼ぶ名称であり、簡単に言えば、第一次世界大戦第二次世界大戦で、凍結、接収された金融資産になります。

 

その金融資産とは、ゴールド、プラチナ、ダイヤ、ウラン、各国の債券や証券、そして現金ということです。

 

そのうち、現在歴史的資産として指定されているものは、ゴールドのみで、300万トンのゴールドを歴史的資産から作る担保として、世界の銀行システムをうらで担保しています。これを監査している人たちが、300人委員会と言われる個人委員会になります。これは、歴史的資産についての監査をする際に集まった世界の重要人物のメンバーによる個人委員会ということになります。

 

これは、国連における歴史的資産に対する定義で明確に説明されています。歴史的資産に関しての取り扱いに関しては、「指示書」が存在して、国連憲章などに従い、資金を活用するというルールになっています。

 

これは、国連登録条約に従い、資金を動かすというルールになっているために、日本は、日米相互防衛援助協定(1954年)に締結された歴史的資産を使って資金提供する方法で、日本の資本主義の発展のために、日本の基幹産業への資金の贈与ということが決められています。その規定は、国連に登録された条約ですので、そのルールに従い、資金を提供しているのです。

 

ただ、表にされていない事実としては、歴史的資産についての取り扱い つまり、国連規定されている償還プログラムの存在を説明せずに、なぜ資金が贈与されるのか?疑問に思うのですが、これも明確に回答が書いてあり、

 

歴史的資産の元の所有者と現在管理している保有者に対して歴史的資産からつくった資金については、分配するということになっており、それ以外にも資金を動かした際には、プロジェクトに対して資金を活用するとなっている。

 

つまり、この仕組は、日本の昔から言われる基幹産業育成資金の基幹産業への資金の贈与分の資金に関しては、これは、元所有者である皇室の資産(ゴールド)に割り当てられた配当分の資金を、全額贈与して、日本の基幹産業企業の経営者に返還不要資金として提供していることになる。つまり、贈与である。

 

実は、日米協定における贈与ということは、書いているが、これは、皇室が自らのことを一切言わずに、米国からの贈与としたのは、これは、米国で(UCC)統一商法の仕組みで資金を作っているので、米国からの贈与としたのですが、本来、皇室への配当金を全額、国民に託すということで、「長期管理権委譲渡資金」という名称をつけたということを理解すればよくわかります。この長期間管理を委託したのは、皇室が民間に対して委託したという意味です。

 

これは、国連の歴史的資産に対する指示書というのを知らない限り、意味が理解できない仕組みです。つまり、なぜ、皇室の資金本部が資金提供をしているのか?その理由は、国連にある歴史的資産の使用方法に関する指示書に従って、資金を動かす場合、旧所有者の皇室への配当金があるが、その配当金を皇室が受け取らずに、国民のために(日本の資本主義発展のために)全額、贈与するというのが、本当の回答になります。

 

筆者も、歴史的資産における仕事、つまりMete財団で、新しいデジタル通貨の仕事をしない限り、この事実を明確に知ることがなかったでしょう。つまり、歴史的資産というのは、各国の復興を支援する財源であり、同時に世界の中央銀行システムも支援する仕組みでもあります。また、今、筆者が所属するMete財団は、歴史的資産を管理する組織によって、作られた国際ブリッジ通貨としてのデジタル通貨を提供するサービスを行っています。Mete財団は、米国政府財務省国債を購入することを専門に行っており、米国債を使ったデジタル通貨を発行しています。つまり、これは、ゴールドクレジットにより、米国債を購入して、その米国債を通貨として、Meteデジタル通貨を発行して、この通貨を世界共通通貨の概念である国際ブリッジ通貨を発行するというプロジェクトです。

 

世界のほぼすべての既存の中央銀行を支えている歴史的資産による管理組織によって生み出された仕組みといえます。

 

この仕組については、なかなか理解できる人は少ないのですが、世界の通貨システムは、歴史的資産といいう世界最大のゴールドファンドによって支えられているといえます。これは、歴史的にいえば、ブレトンウッズ会議によって作り出された仕組みということです。



さて、この事実を知らないと経済を語れないと言えます。

 

また、この歴史的資産を管理する組織というのは、民間であります。この究極の答えは、これは、米国のUCCで資金を生み出す仕組みに加盟している企業 10数社ありますが、その企業にメンバーであることが直接的な仕事できる人であり、その企業に属しているメンバーが中心になって仲間を集めてグループ(団体)を作り活動しているのが、それぞれの活動組織ということになります。筆者は、Mete財団の公式メンバーですから、Mete財団の仕事をする上で、各国にアプローチする際に、人の紹介が必要ですから、今、筆者が自分で立ち上げた団体であるMSA総合研究所が仲間を集めて、国連規定に従ったアプローチをかけています。それが、答えです。

 

皇室の資金本部は、登録された資金者が、指示書に従って、本部を作り、国連ルールの指示所に従って、資金を出す作業を行っています。これが本当のはなしであり、街でブローカーが、フリーメイソンや海外の秘密機関だ・・などと言って、この手の話をしていますが、正直全く関係ないです。つまり、国連の指示性に従って、歴史的資産を管理している企業が、米国ニューヨーク国務省UCCの規定に従い、クレジットを発行して、そのクレジットを世界に送金しているのです。これが、答えになります。

 

よって、これは、特殊機関という公的機関とは全く関係なく、民間の企業によって行われている作業になります。ただ、この保有者がもともと軍が管理していたということもあり、この企業経営者は、軍部のOBが行うのが一般的です。Mete財団も大佐が代表をしています。それが事実になります。

 

UCCの登録フォーマット👇

https://dos.ny.gov/system/files/documents/2019/01/ucc3.pdf

 

最後に付け加えると、日本企業は、一社もこのUCCの仕組みに加盟していません。よって、日本での資金提供に関しては、欧米のUCCに登録している企業で、資金を作り、その資金を送金することで、資金提供していることになります。これは、国連金融システムによって行われていることであります。よって、日本の金融機関でいくら確認しても見つからないのは、日本企業が一社も直接この作業に関与していないからです。よって、送金されてくる資金は、レシーブすることはあっても、日本で歴史的資産による資金を直接生み出していません。これが、答えになります。街のブローカーの説明は、すべて間違いということになります。

 

これは、国連に登録されている歴史的資産に対する指示書に従って資金を動かす企業(組織)によって行われている案件となり、その企業の登録メンバーによって、それぞれが活動している個人的組織といえます。

 

筆者もMete財団に公式登録されているメンバーですから、新しいデジタル通貨を世界に配当する際に、サインをする一人としてのサイナーになります。これが、答えです。筆者が案内した国に対しては・・・

 

当然、皇室の資金を動かすには、皇室の資金を動かすサイナーはいます。これは、筆者ではありませんが、常に協力しています。






***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。