【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

歴史的資産についてのまとめて説明すると(これが理解でなければ、世界の経済を想像できない)

歴史的資産についてのまとめて説明すると(これが理解でなければ、世界の経済を想像できない)

 

歴史的資産と言われる第一次世界大戦第二次世界大戦で生じた戦争に関する資産について、この体後は、ベルサイユ条約(1919年)、ブレトンウッズ会議(1944年)、世界銀行IMF、国連に関する憲章や条約に関するすべての戦争で生じた資産⇒歴史的資産についての取り決めは、国連の関係独立組織によって決定されており、これは、世界の銀行システムを担保する財源として、今もなお、世界に大きく影響を与えている。

 

この定義は、絶対に覚えてください。

 

歴史的資産の活用方法は、旧来の中央銀行システム、連邦準備制度=米ドル、欧州中央銀行=ユーロについての裏付けは、歴史的資産によるゴールドクレジットによって担保されている。日本円に関しては、連邦準備制度との関係で、米ドルからスワップをすることで、日本円をゴールドクレジットから担保されていることになります。

 

歴史的資産からゴールドクレジットを生み出す仕組み これは、米国国務省(NY)においてUCC(統一商法)による歴史的資産(ゴールド)の担保設定をして資金を生み出す仕組みによって資金(ゴールドクレジット)が作られている。米国、欧州の国連銀行システムによって指定されている企業によって、ゴールドクレジットは、生み出されている。日本企業は、このゴールドクレジットを生み出す仕組みであるUCCの統一商法によるグループによって直接資金を作ることができる企業はありませんので、欧米の国連指定の金融会社を経由して、ゴールドクレジットを生み出しそれを日本に送金するということで、日本には、資金を投入している。よって、日本の金融機関のどこの金融機関に聞いてもこの制度について知らないのは、当然で日本国内の金融機関は、この業務に一社も直接関与していないためである。

 

これも、日本でこの歴史的資産についての説明をしても誰しもまともな回答がないのは、誰も直接仕事を行っていないといえる。ただ、日本は、国連の加盟国であり、同時に歴史的資産の多くの元所有者としての使用権がある。これは、第二次世界大戦後に皇室が資産放棄をしたゴールドであるが、そのゴールドについては、歴史的資産の償還プログラムということで、ここで言う償還とは、歴史的資産については、現物は保有者のところに現在も保管させておくが、旧来の持ち主である元所有者の家系に対しては、ゴールドクレジットを生み出す仕組みから資金を動かした場合には、その資金のうち資金を配当する仕組みがある。つまり、正式には、昔から償還金など問われていたが、そのほんとうの意味は、戦争時代に接収されたゴールドについて、それを米国国務省UCC担保設定をして、クレジットを発行して資金を生み出した財源を、現在の保有者と、元の所有者、そして、世界の事業プロジェクトに資金を分配すると言う規定のもとで資金を分配しています。

 

つまり、日本の企業育成資金の名称で、行われている歴史的資産による償還制度とは、なぜ、皇室の資金本部が案内しているかの理由は、皇室が元所有者としての歴史的資産(ゴールド)について、資金が動いた場合(米国国務省UCCによる担保設定をしてクレジットを生み出した場合)に限り、それに関係する歴史的資産から生み出した資金が分配される制度によって、本来皇室が受け取ることができる元所有者としての配当金を皇室が受け取ることなく、国民のために、資金を提供しているということになります。よって、この案件(企業育成資金は、日本国籍のみ)と決まっているというのは、当然のことであると言えます。簡単にいえば、皇室が本来ならば、受け取る権利のある資金について、皇室は資産放棄をしているために、元所有者としての配当金を受け取る権限を国民に委譲渡しているということになります。

 

本当の話がわかれば、かなり心に響く話です。街でいろいろなブローカーが説明しているのは聞いたことがありますが、全く真実を100%伝えていないのです。それでは、心に響かないでしょう。

 

逆にもし自分が配当金を受け取れる立場で、その配当金を歴史的な理由で、放棄するということで、すべて国民に差し出すということを決めるということは、これは、かなりの決断といえます。日本国民は、この歴史的資産を皇室が分配すると決めたので、戦後復興が実現し、日本が先進国といわれるところまで発展したということになります。

 

また、日米関係がなぜ重要なのかというのは、この歴史的資産に関しては、保有者と元所有者の両者に配当金があるからです。つまり保有者は、米国であり、元所有者は、皇室であります。

 

国連に登録された歴史的な憲章、条約に従って資金を出すという規定に決まっていますので。歴史的思案の使い方としては、日本の場合は、MSA(日米相互防衛援助協定)における基幹産業企業に対する資金の贈与という規定があります。つまり、現在における日本の基幹産業として指定される条件が、企業育成資金の申請条件である「東証プライム資本金100億円、銀行、預金高1500億円以上の信用金庫」の代表権のある社員(日本国籍)と決まっています。

 

なぜ、日本国籍でなければならないのか?という理由がこの歴史的流れを理解できれば、よく分かるはずです。日本国民に対して、皇室は、自らの歴史的資産の配当金を放棄して、贈与するのですから、日本国民に限定して資金を提供するのは理解できます。つまり、これは、国際規定でもありますが、これは、歴史的な重要な決断であったとも言えます。

 

実際に、筆者は、国連決定によって世界共通通貨システムを作るゴールドクレジットを生み出す企業であるMete財団の公式メンバーになって、本当の事実をすべて知ることができました。部分部分では調べることができますが、実際にどうやってゴールドクレジットを作っているのかというのは、まったく現場で仕事をしなければ見えてきません。また、世界各国の政府のリーダーにこの制度について説明する担当として、Mete財団での業務として行っていますので、なぜこのような制度があるのかを知らなければ、Mete財団に加盟して、世界共通通貨(国際ブリッジ通貨)の仕組みについて説明できませんので、この仕事を行うようになってからもいろいろ調べた結果、完全によく理解できました。

 

ゴールドクレジットを生み出す企業は、欧米企業であり、米ドル、ユーロをゴールドクレジットで支援していると言えます。Mete財団は、国連の規定でもありますが、旧来の中央銀行における担保(米ドル、ユーロ)を行う仕組みと、それ以外に、一つの新しいデジタル通貨について、ゴールドクレジットによって資金を担保します。というルールになっています。その新しい一つのゴールドクレジット(歴史的資産に担保された)リアルデジタルマネーが、筆者が公式メンバーとして案内しているMeteというデジタル通貨になります。

 

つまり、Mete以外のすべてのデジタルマネーは、暗号資産と同じで、ゴールドクレジットによって裏付けされていない資金となります。Meteが世界最強の通貨である理由は、世界の中央銀行システムを担保している国連に関係した歴史的資産(ゴールド)に担保されているかどうかというのが、一番のポイントになります。

 

今、各国の中央銀行が、ゴールドを集めているというニュースが流れていますが、その背景には、歴史的資産であるゴールドクレジットの使い方について世界的変化があるからです。つまり、旧来の中央銀行システムだけでは、あまりに多くの通貨が変動相場で経済に影響を及ぼすために、今後、唯一の歴史的資産に担保されたゴールドクレジットによって生み出されたデジタル通貨であるMeteを使って、通貨を増やすことで、世界経済の底上げ、貧困の撲滅をしようとしています。これは、非常に重要なことです。

 

つまり、Mete財団は、2020年にできた新しい財団でありますが、唯一の歴史的資産によって、旧来からある中央銀行の資金をブリッジする仕組みによって固定レートによって取引できる仕組みを構築します。それができる理由は、これは世界で最も圧倒的に巨大な富である「歴史的資産」によって担保されているゴールドクレジットであり、同時に、その資産を管理している組織が自ら作ったデジタル通貨であるというのが、最大のポイントということになります。

 

この意味が分かるでしょうか?旧来の中央銀行システムというのは、旧来からある金融マンによって作られましたが、歴史的資産の仕組みを作ったのは、米英の連合軍が中心になって作りました。これは、米国ケンタッキー州にあるフォートノックスの金塊とも関係しており、これを監査してるのは、米国財務省です。つまり、米国財務省を支援するのが、歴史的資産を管理するグループであり、それを支援しているのは、Mete財団ということになります。Mete財団は、米国財務省国債を専門的に買い上げる歴史的資産を動かす財団になります。なぜ、そんなことができるのか?というのは、すべて歴史的資産を管理している組織によって行われているプロジェクトであるので、筆者が説明している話が、一般的にみればぶっ飛んだ話に見えますが、それが世界を動かす事実と言えます。

 

筆者は、歴史的資産に関係する業界人になります。そんな仕事があるのか?と思う人もいるかと思いますが、そんな世界の仕事は存在しているのです。筆者も思うのですが、歴史的資産については、歴史的には相当極秘なことでありましたが、Meteのホームページを見ても、結構公開していますので、その業界のトップがある程度公開してもいいということで、公式ホームページで書いているのでそのことについて、詳細を説明しています。

 

結論から言って、歴史的資産についての活用方法によって世界の金融システムが変化していきます。つまり、この財源が世界で不動の地位のゴールドによる担保力を持っているからです。

 

これは、事実であり、歴史を作っていきます。

 

https://appext20.dos.ny.gov/pls/ucc_public/web_searches.file_num_search?p_filenum=202210148476611&p_year=2022

 

↑ 米国NY国務省 UCC 公式ページ になります。 (営業時間内のみ公開)

 

 



***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。